NEWS

知って得する♪今月の新機種情報やデジタルガジェット新情報など、日々の修理や買取に関わることをご紹介!今流行りのニュースをいち早くキャッチして電子機器関連事業や携帯電話関連の知識を増やすことができる様々なニュースを配信しています。

PC修理屋さんが教える!MacBook/iMac空きデータファイル容量を増やす

ハードディスクHDD/SSDの空き容量が無くなってしまった!!映像制作でAdobe Premiere Proを使っていたりApple Final Cut Pro Xを使ってキャッシュデータが勝手に増殖し続けてたり自動バックアップであったり、その点に関してGoogleでご自分でお調べいただければ自動バックアップの格納先など出てきますがシステムに関する隠しフォルダなどについて大きな空き容量を確保するためのやり方ではありません小さな5GBや10GB程度かと思いますが無駄であると思われるデータファイルについてご紹介させていただきます。

/private/var/vm/sleepimage
/swapfile0
/swapfile1
/swapfile2

一番上のスリープイメージファイルは、スリープ状態のまま電源が切れた場合のバックアップとして取られているものですので消去して構わない部類のものかと思います。再起動すればスリープイメージファイルはおよそ削除されます。次に続くスワップファイルは使われていないメモリ領域を一時的に保存しておくためにハードディスク上に用意されたファイルです。再起動すればスワップファイルは削除されます。ですのでこの上記で説明したファイルは今すぐ消さずに再起動して見て、消えている確認してください。

DaisyDisk – Analyze disk usage and free up disk space on Mac

PC修理屋さんが教える!MacBook/iMac空きデータファイル容量を増やす
DaisyDisk(デイジーディスク)はMac専用の1,200円の有料ソフトです。デイジーディスクを推奨しているのではありません。デイジーディスクはシステムファイルやプログラムまで消去してしまう可能性のあるプロ向けのソフトウェアでファイルやフォルダ階層について理解していないお方は利用するとパソコンを壊すきっかけになりますので十分に注意されてください。しかし注意を払って理解できていないファイルは絶対に消さないなど自分にルールを化して利用すればすごい見やすいですよ( ^ω^ )そして間違ってシステムファイルなど起動プログラムを削除してしまうと、思わぬ初期化復元などの作業をしなくてはいけなくなり5時間や10時間など復旧作業に追われることも多いので、無理にお掃除しないということが大切です。なんでもやり過ぎはダメ!腹八分目で終わらせてください。

PC修理屋さんが教える!MacBook/iMac空きデータファイル容量を増やす1
動画編集などされているお方は以下のファイルも見ていただきたい。当店ではiPhone/Mac/Windowsのデータ復元やお客様バックアップを仕事作業しておりますのでお客様のバックアップファイルなどで90GBを使っていた・・・。ライブラリには他にも社外品アプリのキャッシュデータが30GBありましたのでこちらも消去しスッキリさせることができました。お店でこのようにデータ消去を毎月や3ヶ月に一度などしているととてもめんどくさいのでHDDやSSDやメインのCドライブとしては1TBは装備しておくべきである。

/Users/nemoto/Library
/Users/nemoto/Library/Application Support

iPhone/iPad買取査定見積もりフォーム DJIドローン故障修理説明ページ

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。