NEWS

知って得する♪今月の新機種情報やデジタルガジェット新情報など、日々の修理や買取に関わることをご紹介!今流行りのニュースをいち早くキャッチして電子機器関連事業や携帯電話関連の知識を増やすことができる様々なニュースを配信しています。

4,000円で簡単できちゃう!HDDからSSD交換が流行中!

海外サイトでSSDの安いものが無いか?ひたすら調べて1年が経過しましたが、調べていた時間がほぼ無駄でした。Amazonで買ってもどこで買っても500円ほどの違いしかありませんでしたので4,000円の240GBのSSDを3,000円以下で少数ロットで買うなんて難し事でした・・・。Amazonで買った方がいいです。Amazonさんでは間違って買ってしまったり、返品もとても親切ですのでその点も踏まえて嬉しいサービス!

去年から今年もさらにSSDの販売価格の全体相場が値下がり、半年ペースで1,000円ずつ値下がりしていますね!

Windows 7 から Windows 10 にアップしてほしい!など、パソコンの運用は今後どうしたら良いかな?と新しいパソコンを買うまでこだわっていないお方から、良く相談をお受けさせていただいております10,000円いただければSSDにして全部やりますよ(*^ω^*)がかなり人気です。SSD入れたらインストールなどバックアップして復元するのも、ほぼ待っているだけですので多くお金を頂戴いたしません、謎のお友達感覚フレンドリーショップ!

当店はiPhoneの画面を修理するお店、パソコンを直すお店と限定した機種・内容・用途・販売・改造など、思い込みや常識などにとらわれない、困った時のオタスケマン!なんでもショップを目指し続け研究調査し続けております。

万が一購入時に開封したらSSDの接続端子が折れていたりエラーで起動しなかったり、認識すらしなかったり・・・。SSDは最初買ったらまずはフォーマット(初期化)してから利用の開始をスタートさせるのですが、その初期化ができないエラーがあるときが今まで2回ほどありましたが100台のうち2-3台ほどの不具合に遭遇したことがある程度ですので3%〜5%ほどであればまったく機器としては当たり前のこと不良品です。個人で買ったりして不良品に当たる方が珍しくて喜んで良い( ^ω^ )ほどかもしれません例えです。

Windowsの起動がモサモサして遅い!なので起動させて点検チェックしながらでもある程度HDDを抜き出すための分解作業して(非推薦の作業方法)作業して基本的に30分あれば新規Windows OSインストールも簡単!MacではTime MachineバックアップがあればSSDを接続させたら復元するだけ。

HDDからSSDに変えるとクリエイティブな作業や写真編集や動画作成などもスムーズにできるようになりますので、パソコン作業が大好きなお方やタイピングが上手だったり経理や経費管理ソフトなどもサクサク動く事も多いのでお手持ちのパソコンをメモリ増設してSSDに変更すれば?とても速くなるのか?事前にちゃんと調べてから詳しい人に対応しているメモリの種類など容量が240GBで事足りるのか?足りないなら10,000円ちょっとで1TBのSSDを買うべきか?

仕事で使われている場合にはあまりにもケチり過ぎないように、予備デバイスや携帯しての軽作業で使うだけなら240GBもあれば容量的には足りると思いますので、4,000円ほどですから良く分からない場合でも『とりあえずAPPLEMAC神戸店のねもっちゃんがSSD良いよ!って言ってたからとりあえず買ったよー\(^o^)/』という事で勉強がてらでも良いですし、メルカリでもすぐに売れますから、あまり悩まなくても基本的に作業はなされていただいて良いと思っています。

予備参考知識としてお伝えしたい事も様々なことがございますが、一部。

SSD・HDDともにSATAディスクを接続させるUSBケーブルが売られていますので外部接続も可能です、SSDは板チョコみたいな軽量で基板みたいな物があり、2つのSSD規格「SATA」と「PCIe」と全然違うものですが自分のパソコンに取り付けるべきSSDが何であるのかちゃんと確認してください。

400円や900円を節約するために変な絵柄や信頼できなさそうなメーカーの聞いた事ないSSDを買わない様にされてください。1200円ほどの価格しか変わりが無いならSAMUSUNG / Transcendなどを選択するべきだと思います。寿命の差が1年以上あったりデータ転送速度もありますからWDなど有名どころでよく見たことあるから大丈夫!という物をご選択されてください。

MacBook Airの様な超小型に設計されている物にはほとんど「PCIe」の基板みたいなSSDでM2とも言われていますから「PCIe」はSSD/M2としての金額が凄い高いので30,000円以上はかかるとお考えいただいた方が賢明です。HDDからSSDに変更するという今回は説明になりますので、もともとSSDが付いている場合にはソフトウェアの起動が遅いやメモリも十分に容量がある場合などデバイスの限界にほぼ到達している可能性もありますので、脳みそで心臓部のCPUが取り替え交換が可能であるのか?事前に調べたり聞いたりして今するべき一番正しいと思われる解答をお見つけください(*^ω^*)

ちなみに私が使っているパソコンは MacBook 2010 / 500GBHDD / 16GBmemory / Core i5 です。基本的な映像制作など写真編集に十分です、お金持ちのお客様が500GBのSSDから1TBに変更して!という注文があった際には3,000円値下げするから前のSSD500GB下取りということで売ってください!とドケチ営業をしたいと思いますw

iPhone/iPad買取査定見積もりフォーム DJIドローン故障修理説明ページ

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。