営業日報

スマホ・タブレット・パソコン・Windows・ガラケー携帯電話・ゲーム機など様々な電子機器の修理や買取!なんでも買取や修理はお気軽にご相談ください!

当ホームページをご覧になっている皆様、いつもありがとうございます。今回の投稿は私の知人からの相談に答えさせていただきました。
その方は、関西でDJの活動もされている方で自身がプロデュースする楽曲も制作されておられます。ビートメイクで楽曲制作専用のアプリケーションを使用されています。
去年Macbook Proを新品として購入されたばかりで、使用中に固まったりといった不具合は特に無いとのことですが、
最近になってソフト利用中に、背面パネルがとても熱を持つということで改善する点が無いかというご相談内容でした。

その原因となっている理由がいくつか考えられるので、お応えさせていただきます。
①CPU・GPUチップの部分のグリスが乾いている。
本来、半液体の液体のりのようなねっとりしたグリスが接着面に塗布してあり、そこにファンの風を当てて排熱を行います。
このグリスが2〜3年利用していると乾いてきてチップからの熱を受け取らない状態になり、ファンからの送風での排熱が十分ではなくなると、パソコン自体が熱くなってしまうということがあります。
今回の方は、購入して1年以内であるということからその可能性は低いですが、初めについているグリスの量が少ない方も修理をする上で見かけることがあります。
そのため中を開けて確認しないと実際はわかりません。

②中に埃が溜まっている。
持ち運びを頻繁にされる方であったり、ご自宅でペットを飼われている方、おタバコをお吸いになる方などはMacBookの中に埃が溜まっていることが多々見受けられます。
先程のグリスの件のように、ファン自身に埃が付着している、排熱の風が出て行く部分に埃が溜まっている状態になると、十分な冷却が行われなくて熱が溜まっていきます。
よくご自身でYouTubeをご覧になってクリーニングしようとしたら、別の線を切ってしまったとのお問い合わせもいただきます。その場合、安くすむはずの作業がそれ以上に料金がかかってしまうのでご注意ください。
一旦全てのケーブルを取り外し、部分によって長さ・大きさが違うネジを位置を忘れないように管理しながらのクリーニングになるのでご自身でされる場合は、最新の注意を払って作業をしていただければと思います。

③CPU、メモリ使用率の高いソフトを使っている。
相談された方は、ビートメイクのソフトをご利用されているということです。具体的にはLogicやCubase等がよく使われるソフトかと思われます。音源制作、映像編集ソフトは
かなりパソコンの頭を使うソフトになるので、購入した時のメモリやCPU見合っていない作業をされるとその分、処理作業が多くなるので自然と熱くなります。
以前はなっていなかったのに急になりだすという場合もあるのですが、編集ソフト以外のソフトを立ち上げながら作業をしている。もしくは音のトラック数やかけるプラグインが多くなっていっていくと
処理作業が多くなって熱くなってしまいます。これはパソコンの調子が悪いというわけではなくて、作業をしているとパソコンは熱くなっていくものなので自然な反応ではあります。

ご相談いただいた方も、話を伺った時点では③が該当するのでは無いかと思います。
では、どうすれば熱がこもりにくくなり排熱しやすくなるかという部分ですが、パソコンの傷防止のカバーは下の部分は熱がこもるので付けない方がいいです。
後は、窓際等陽の当たるところでの作業も控えた方がいいかと思われます。Macbookを開いた後ろ側が排熱部分になるのですが、その後ろの部分にも風が逃げるように物を置かず
スペースを確保していただければと思います。後は、Amazon等で背面の四隅を1センチ程浮かすボタンのようなものも販売しています。それを付けることで風通しが良くなり、排熱をスムーズに行うことができるかと思います。

さらに根本的な解決方法は、メモリの増設になるんですが、2015年以降のMacbookはマザーボードにメモリが溶接されているものになるので増設は購入される際のオプションで行なっていただくしかありません。
最初は8GBか16GBが初期の搭載になります。古いタイプのMacbookは16GBがメモリの上限でした。自分もそうですが、このメモリ数だと編集ソフトはよく固まります。
今のMacbookは最大64GB(オプション料金88000円Appleにて)まで増設することが可能になってます。メモリの幅に余裕が出ると、その分Macbookの頭脳の部分にも余裕ができるので熱くなるパソコンにも効果があると思います。

ご自身の持っているパソコンの使い方によってはネットを見るだけの方や、DJプレイをするだけの方など8GBで十分サクサク動くので、ご自身が何をしたいかによってメモリ数は変わります。
使用用途によってご相談に乗りますので、一度ご相談いただければと思います。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。