WORKS

iPhone・iPad・iPodtouch・MacBook・iMac・Macmini・Samusung・SONY・京セラ・シャープ・富士通・日立・東芝・VAIO・ASUS・Huawei・LG・HTC・OPPO・IQOS・DJIドローンなど様々なメーカー機種のデバイスの買取と修理をさせていただいております。

DJI Mavic Air 水没修理&アーム折れESCエラー修理店

ドローンの故障修理は三年目になります。当初は誰も修理を取り扱いしておりませんでしたが、今ではドローンのアーム折れ故障修理やPhantom 4 Proの故障修理もチラホラ修理屋さんや個人のお方なども修理を取り扱いされているようにも見えますが、実態はまだ掴めず修理の提供を一般商店で提供するのはまだ当店のみ。

ドローンは分解したりするだけで多くの労力がかかりますから修理するための事前点検の見積もりだけでも10,000円から料金を取る場合もあるんですね。

修理点検で『これは直すのに150,000円かかり買った方が安いですがどうしますか?』こんな診断をするだけで10,000円貰って良いのでしょうか?

まだ当店では修理で回復させられる可能性も高くお客様も沢山のお方が世界的にインドネシアなどアメリカからも修理をご注文いただけ、

点検見積もりでは無料とさせていただけおります状況です。ドローンの修理注文は減ることは無く増える一方で時期的に年末年始や夏季シーズンでは驚くほど修理のご注文をいただいてしまったので、

納期が遅くなることもしばしばございましたが、

来年はもっと安定させていきますのでまた機会がございましたら修理注文もお待ちしております。あまりに納期が遅いのでお返しだけしたお方様など100名様などいらっしゃいましたのでお互いに残念な結果とさせてしまいました。

お問い合わせください

アップルマック買取・修理ご注文の流れ1
アップルマック買取・修理ご注文の流れ2
 
地図アクセス
 
LINEトーク
 
修理注文

ドローンもパソコンもスマートフォンもほとんど仕組みは同じ。人間が食事をし体内で血液が流れて運動している様に、電子機器はバッテリー電池をエネルギーとして駆動しています。

この原理から個人的に推測しイメージを確立しています。

これは誰に教わったことでも資格があったり学んだことではありません。

100%独学で私がイメージし全店で講習し実技が習得できたと見極めお客様に提供していることです。

10年前も iPhone 3G を修理し始めた頃は周囲に不思議に思われましたが今はもう慣れました。

ドローンは水平装置やセンサーなど位置を特定して勝手にどこかに飛んでしまわないようにGPSなどが取り付けられた飛行ラジコンです。

水没させたり、衝撃を与えたり、これら機能がマヒしていたり壊れているとフライトさせることができず本体を浮上すらできなくさせてしまいます。

専門用語のキャリブレーションやESCボードなどという言葉を理解することは当然で、さらにジンバルカメラの水平についてや各部のセンサーについても動作す機能の大切さを理解していることも当然必要ですので駅前iPhone画面修理屋さんにもぜひ取り扱いをして欲しいのですが、コンパスという機能やジンバルカメラを制御するカメラボードなど一つの装置に対して安定制御するロジックボードがありますので少しのご参考とされてください。

このドローンはお金持ちやクリエイターなど芸術に関わるプロ制作業界に関わることにもなりますので、安易に思いつきで修理を提供することができないというハードルの高さをどうにか克服していただきたいと思い動画で参考をいつもあげております。

ドローンの修理料金は料金表で詳しく紹介しております。

分からないことや聞きたいことなどお気軽にお問い合わせをお待ちいたしております。

CATEGORIES

ドローン