営業日報

iPhone・iPad・iPodtouch・Xiaomi・ASUS・Windows・iMac・MascBook・ガラケー携帯電話・ゲーム機など様々な電子機器の修理や買取をご提供させていただいております。安く便利に高い技術修理を目指し続け、いつでもご期待通りの信頼される買取査定価格をご提供させていただきます!

Androidスマートフォンの修理を取り扱う上で一番注意する箇所と、お客様がAndroidの修理を提供しているお店を選ぶ際に注意する事をいくつかご紹介させていただきます。

Androidスマートフォンは水没故障していたりボロボロでまったく動作していない、すでに一切起動しない状態のスマートフォン端末であればお客様のご同意をへてから「直らなければ一切無料」ということで修理をさせてもらえる場合などがあります。ハッキリ言って練習台にすることも実際できることがあります。

お客様で練習しろ、という事を言っているのではありません。Androidの機種・種類は100種類を超えています。iPhoneであれば10種類機種ほどで済みますが実際製品それぞれに同じ様な仕組み内部構造・設計がされていますので完全にすべてを熟知把握する事は分解してから出ないと分からないなりの修理技法を自分自身に身につける必要があります。

「どこのお店もこの機種の修理してくれないから、あとは貴方に任せます。」

この様にご信頼と最終的に8,000円や12,000円で修理して直らないんだったら、バックアップもちゃんとあるから25,000円でHUAWEIのスマホなど新品で買おうとは思っているお客様もいるので取り扱い開始させる場合には、有効であることも覚えておくと良いかもしれません。

修理をご利用されるお客様へお伝えしたいことの方が多いでしょうか。

まずSHARP製品やFUJITSU製品の「日本国産メーカーのみ」Androidスマートフォンの修理を取り扱いしているお店が少なく修理店があったとしても液晶画面の交換修理が世界的に普及していないこともあり32,000円など40,000円などで画面交換修理をしていることが少し調べたら分かります。

ネット通販などで同様の機種がいくらで中古販売・新品販売されているか調べて中古の同じものを買ったほうが安く済ませることができるのか?またはSIMフリーの中華スマホなどASUSやXiaomiなどの最新機種が30,000円で購入することができる場合も多くなってきていますので、これから利用する端末を選択される場合でもそちらの検討もオススメしています。

同じ機種がどうしても良く、価格も修理した方が安い、そしてデータ以降やバックアップの手間もかけたくない場合には「データが無くならない事を確認」してから修理注文に出しても良いかもしれません。

費用対効果(メリットと費用を明確にして未来予測とリスク回避)

スマートフォンは何を買ったら良いのか?特に1-2週間など手元に故障してしまっているスマートフォンは回復させなくても問題がない、時間にも余裕がある場合にはお店に直接ご来店いただければ簡単な無料ご相談もさせていただいております。

しかし今すぐ欲しいし良く分からない、色々複雑に考えたくない場合には、docomo/Softbank/Y!mobile/ヤマダ電機さんなどK’s電気さんなどお近くの新品・機種変更にて本体の代金も分割支払いで翌月からの請求をしてくれてまとまったお金を今すぐに支払いさせずに済む方法を用意してくれている携帯電話ショップ、家電製品店さんがありますのでそちらも視野に入れることもできます。

当店は修理会社さんや修理する立場側とお客様側と様々な観点から物事を経験し理解を深めて学習を続けています。
Androidスマートフォン以外にも様々なOSソフトウェアシステムがあります、Androidのプラットフォーム「Android Wear」を搭載したスマートウォッチについても故障修理なども取り扱いさせていただいております( ^ω^ )

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。