営業日報

スマホ・タブレット・パソコン・Windows・ガラケー携帯電話・ゲーム機などなんでも買取や修理はお気軽にご相談ください!

iPhone/iPad/iPod touchが起動せずリンゴマークの起動フリーズ故障をしてしまった場合には問題を改善させるための方法は初期化リセットをするためにパソコンで復元操作をするか分解修理をして故障を改善させる必要があります。

iPhoneを分解して故障を直す前にもう一つ故障を改善させるための手立てとして、しなければいけないトラブルシューティングはメモリの解放や不要なキャッシュを消去して起動プロセスを正常になたらかせていないシステムの不具合を改善させる事ができるかソフトウェアで起動させる事ができるか試す必要があります。

初手としてこの作業をまず実行する事でストレージ残量が0.1GBから3GBを下回っている際に発生するアプリケーションが自動的にストレージを占有してしまう事で発生する「自動アップデートまたは手動アップデートによるストレージが許容範囲を超える」障害が発生している可能性が高い状況とは、朝起きたらリンゴマークがブートして故障してしまう可能性はありますが、利用者ユーザーが故障を引き出した状況や使い方の根拠により診断するiPhone修理の受付スタッフとお客様との会話は重要な修理を完遂するための材料になりますのでカウンセリングはとても集中力を持ちながら精確な判断をするための材料としてしっかりとカルテの様の書き記しておかなければ修理成功の確率を減退させてしまいす。

iPhone 13 Pro リンゴマークフリーズ点滅データ復旧修理

炎の様な情熱やただ言われた分解と組み立て作業を毎日しているだけの無策では複雑なコンピューターの問題を改善させる事ができない場合が多くなってしまいます。

スマホの修理で起動しないシステム破損やデータ復旧をするために必要な情報や学習方法は、起動するためにまずバッテリーから電力が伝わりセキュリティーチップやベースバンドチップを通過した後にストレージからOSシステムを呼び出しブートローダーが起動する仕組みを理解するため電気回路図の基礎知識である回路図を読む場合には、電圧は上から下に向かって表記されており、左から右に電気が流れている表記をしているなどの初歩から学習をする必要があります。

回路図記号の意味やコンパレータ回路を図面で見た際にすぐに意味を理解できる様に勉強する必要があります。

お客様が高いお金を支払ってでも修理をしたいという願いがあり、スマホ屋さんではあるが無知な自分にどうやってか直せる可能性がある方法を尋ねてきているのであれば、リンゴマークフリーズ修理をして実際に直している同業者を知っているのであれば紹介する方がお店の利益になり紹介先にも喜んでもらい、まさに一番喜ぶのはお客様です。

お客様に対してスマホ修理スタッフとして最善の行いとは?

お客様に対して最低最悪の言葉の発し方や誤魔化しの言い方を頑張って研究する人が多いです。

スマホ修理の作業をしてはみたが良く分からないから「基板が原因ですね!」など口癖になってしまっているスマホ屋さんは危険かどうかというと、詐欺や嘘をついているとまでは言えませんが、知識や情報不足なだけでハッキリ言えば勉強するつもりが無く、仕事はなんとなくで問題無くあまり自分の人生に波風を立てたく無いから何も考えずに働いているだけです。

一流を目指して働いていたり、死にものぐるいで必死に努力して働いている人はかえって珍しいはずですから「変わり者だね!」と呼ばれるくらいで、仕事はなんとなくで早く終われば良いなと考えているくらいでサボりたいと常に考えているくらいの働き方が、実際の所は残念ですが社会で良く言われる一般的な事情だと思います。

「他人の利益になるなんてまっぴらごめんだね!」と協調性の無いワガママや持つ必要の無いゴミやチリの様な子供の様なプライドが邪魔をして、何も発展しない社会の循環の輪を乱す様な言動や行動を選んでしてしまっている過去の私の様なスマホ修理スタッフは必ず利益や集客の循環の川の流れが止まりお金が無くなり幸せが無くなり人生が好転せずミジメに孤独に生きるか、後ろ指を刺されて負け組と呼ばれたり、満員電車で老人に席を譲らず日頃の行いの悪さがストレスを生み出して大人なのに嘘をついたり、しつこくSNSを確認する習慣化が身についてしまいライブ配信チャットに連投コメントして他人の人生の時間に自分の人生の時間を使ってしまう。

人間は習慣化する習性がある動物の一種であるという事を意識して忘れない様にしないと、スマホが無いとイライラして不安になる依存症から抜け出せなくなります。

普段から3日くらい無くても心が乱れない訓練を定期的にしています。

スマホでゲームしたり漫画読んだりネットニュースを確認したりする習慣を無くした方が良いと、悪い事だよなと感じるなら、スマホやパソコンは業務効率をアップさせる軽作業する補助ツールとして扱う様に、仕事の一つの一環である道具とする認識にまで落とし込めたらスマホが数日無くてもランニングしたり料理したり部屋の掃除をしたりと別のやらなければいけない意識に思考を向ける事ができる様になります。

冷静に考えたりどの様に言葉運びを進めて行くのかを常識的な範囲で進めるのでは無くて、考えてやった方が良いと理解している事から諦め切り捨ててしまい、頭の中から消し去り逃げ切ってしまうと凡人のままで生き自分の人生を諦めて心を落ち着かせて生き続けて行く道を選択する事になります。

焦って偉そうな事を口走ってしまうのでは無く、かつ思いついたその場しのぎの事をスマホ屋さんの受付として列挙してお客様に伝えるのは、例えば病院の先生で「うわー、この人は診察してくれる先生なのに早く終わらせたくて適当な事をつらつらと言ってるな・・・。」と感じさせてしまう事と同じになりますので、患者の問題点は親身に説明しなければいけませんから、親身にという意味は病名を理解して患者固有の持っている問題点を早期に察知する洞察力と改善案が提出する事ができる診断結果と経験値が無ければ親身に説明する事ができませんので、親身な対応と思ってもらえる解釈にまでは至りません。

スマホ屋さんも病院の先生も適当な事を言っていれば仕事として成立しますが、本当に私たちが行くべきスマホ屋さんと病院とは一体どこなのでしょうか?

お問い合わせ地図

修理料金表の一覧

買取査定フォーム

APPLEMAC通販

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA