営業日報

スマホ・タブレット・パソコン・Windows・ガラケー携帯電話・ゲーム機など様々な電子機器の修理や買取!なんでも買取や修理はお気軽にご相談ください!

Apple Watchの分解修理で重要な機能であるForce Touch=フォースタッチ「感圧タッチ」(画面を強く押す)は画面の内側にセンサーケーブルが配置されています。断線してしまう破損していると、画面を軽くや強めにタップする具合に合わせて操作ボタンやオプションが表示されます。起動させるアプリによって表示される選択できるオプションや操作機能がすべてことなりますので「画面や押しボタンが非常に少ない端末」では操作性能に関係していますので、断線しているなどでは非常に使い勝手が悪くなります。

例えで言えば、パソコンのキーボードのショートカットキーが使えずコピペなどキーボードでCoamnd+Cでコピーなど選択する事ができ無い状態に近い事になります。

実はApple Watchを修理している修理屋さんでも「このケーブルちぎって断線しても別に普通に納品していますよ!!」という場合があるほど「そのケーブルがいったい何が大切なの?どうでも良くない?」と聞いているほどです。

声rはお客様が修理に出した事で破損したや調子が悪くなったと諦めてしまっている事も理由の一つですがパーツの破損になりますので「修理前には正常にフォースタッチが利用できていたから、直して欲しいと」伝えると修理作業中で破損しているから無料で対応してくれる事が多くあります。

フォースタッチケーブルを修理で固定する場合には上や下側に防水テープなど両面テープ素材を置いて問題ありません。薄型の物にしてください。厚みのある太すぎる社外品の防水テープを装着するとタップすると常に強く押されてしまいます。瞬間接着剤を大量に塗布して画面を液剤硬化させて固定してしまうとForce Touch機能は作動しない事も考えられます。

Apple Watchの画面を取り替え交換しようとしたりバッテリー交換をしようとすると必ずフォースタッチケーブルの断線を気にしなかった事で壊してしまいフォースタッチケーブルの購入が必要になる事がありますので、正常に修理をしようとするお方などフォースタッチケーブルの注文が意外と多くご連絡いただきます。フォースタッチケーブルの断線をしてしまう理由は動画や説明サイトなどで重点を置いて説明がされていない点です。画面を起こしあげたら防水テープがある接着されているだけだと思い込んでいる修理作業手順を思い描いている事でしょう。

OLFAのカッターナイフ・クラフトナイフの刃を挿入した段階でフォースタッチケーブルを断線させてしまわないか注意して分解作業を進行させる事が重要なポイントとなります。

Apple Watchの修理動画映像は美しく表現するために細部は除かれています。映像の魔力や魅力に惑わされ解説を単純に理解しうのみにしてしまい、冷静で時間をかける修理作業をする事ができない事でフォースタッチケーブルを断線させてしまい、急を要する事であったのフォースタッチケーブルが断線している状態で納品をしてしまう修理を担当するお方も多く、修理を注文したユーザーはフォースタッチケーブルの感圧操作ができない問題を解決するためにしかたなく、、当店に再度料金を支払いして修理のご注文をいただく事情も多いほどです。

当店のスタッフみんなが最初にこのApple Watchの問題にぶつかり技術向上しました。強くなったのは技術だけでは無くお客様の大切な腕時計を元通り以上により低価格に修理し良いものに仕上げるための気持ちや思いが作る、本物の組み立て技術をご提供する事ができる点です。

Apple Watchのバッテリーやフォースタッチケーブルなど修理とパーツ部品の販売について取り扱いをさせていただいておりますので動画と合わせて当店の販売についてもぜひお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ地図

修理料金表の一覧

買取査定フォーム

APPLEMAC通販

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。