営業日報

スマホ・タブレット・パソコン・Windows・ガラケー携帯電話・ゲーム機など様々な電子機器の修理や買取!なんでも買取や修理はお気軽にご相談ください!

GPUカードチップを取り外してキレイに付け直すと正常に直る場合も多く古い機種は当店には取り替え交換用のジャンク端末からパーツを取り外すことも可能な場合も多いので、iMac/MacBookの分解を開始して取り外し可能なスピーカーやバッテリーなど内部パーツが取り替え交換可能な場合には分解修理に慣れているお方はすぐに交換の挑戦することができますので比較的に簡単な修理作業です。基板コンピューターチップの取り替え交換は修理する機材と合わせて取り替え交換するパーツ部品も必要ですしさらに機材を扱う技術も必要になるため数年ほどは技術をきたえないとすぐに作業に取りかかり修理完了させるお客様にご提供するサービスとしてお店店舗で提供する事は比較的に難しいとされているオンボード修理という作業になります。

MacBook Pro 2011 GPUのBGAリワークのためには、215-0719090 0.5mm F007 Stencil を利用してボール剤をキレイに置いていきますが均等に加熱させリボールBGAリワークの作業を丁寧にしなければ取り付けた際に周囲のコンデンサーやICチップを痛めてしまったり二度と回復しないまで破損させてしまう可能性もありますので慎重に作業をします。

リボールする際のIRやレーザーでの加熱作業は温度の上がり下がりのタイミングが特殊で熱くすればなんでも簡単に取れる訳ではなく、適切な温度変化と取り外しするタイミングの時にのみ200度程の温度に達し正確にグラフィックチップのリフローとリボールの作業を完了させます。動作確認をする場合には全部を組み立てる必要もまずはありません。失敗により際分解をする可能性もありますので、GPUが正常に直せた事が分かる範囲の組み立てをするかテストボードに接続して直流電流を送り動作を確認します。症状が改善しないやどうしても直らないことも考えられますので作業は何度も同じ事を繰り返すのでは無くて最初から最後までキレイに美しく作業を続けてどこでミスをしたのか?または直らないのか?原因が判断できるようにフラックスでプリント基板・ロジックボードをグチャグチャにしてしまったり焦ってチップを破損させてしまったりミスが無いようにゆっくりと作業を進めております。

4月29日13:00リボール・ライブ配信


CPU/GPU以外にもオンボードメモリの交換やICチップの剥がれやプリント基板がほじくれてしまい接続端子をちぎってしまったボンディングパッドの補修修理などジャンプワイヤー修理も当店ではご提供しております。20,000円ほどの修理なる事が多い場合もありますので値段については上下ありますので機種により変化する事がでハッキリとはお伝えできませんが低価格ですぐに納品ができるように常にお客様に信頼される修理サービスを目指し続けています!!

お問い合わせ地図

修理料金表の一覧

買取査定フォーム

APPLEMAC通販

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA