営業日報

スマホ・タブレット・パソコン・Windows・ガラケー携帯電話・ゲーム機など様々な電子機器の修理や買取!なんでも買取や修理はお気軽にご相談ください!

顔認証機能で輪郭や顔の形やおうとつなど正確に読み取る事ができる 3D読み取り距離センサー Face IDセンサーは、ドットプロジェクター、True Depthカメラシステムを構成するセンサーです。日本語で言えば「投光イルミネーター」英語では基本的にフラッドイルミネーター (Flood illuminator)、iPhoneを正面から見て一番左側に設置されている赤外線カメラの3つの特殊なセンサーパーツで組み立てられています。フラッドイルミネーターは赤外線を正面からまっすぐに照射して顔を認識するように照らし、カメラはその光を使用して顔や輪郭など目の位置、口の位置や鼻の高さや形状を記憶し認識します。ドットプロジェクターが顔に30,000ドット以上の数の点滅を認識させ、照射し跳ね返った光を使用して、顔の形状パターンがすでに登録されている顔の形状と承合しているか認識しiPhoneのパスワードを解除するかどうか?セキュリティーロックをかけています。

iPhone 12 Pro Max Face IDセンサー動作しない故障修理

iPhoneの落下の衝撃やゲームを長時間しているやバッテリーの発熱や膨張の異常など過剰に発熱するや常に数ヶ月など充電ケーブルに接続し続けている場合など、通常的な利用であっても急に故障するなど、Face IDが機能しなくなり故障してしまう問題を引き起こしているのは、Face IDの第3段階にあるこのドットプロジェクターとフラッドイルミネーターです。それを製造するLGやSharpなどSTマイクロエレクトロニクスは、ドットプロジェクターのICチップと制御コンデンサーとその上のガラスレンズの間に高い精度が必要であり、Face IDの機能を正常に駆動させるためには、か弱く破損しやすい部品商品となっています。光センサーを照射するセンサーが少しズレたりわずかなパーツの素材の劣化や違いでも不正確な認証であると結果を返す事がありますので「持ち運び型のパソコンであるスマートフォンにFace IDを装備するのは壊れやすい状況」と思われます。

喧嘩をしてスマートフォンを投げたり落下させたり海水に水没させたりするとより破損しやすい、iPhoneは非常にもろいスマートフォンになりますので利用する持ち主の日頃の扱い方とFace IDセンサーは簡単に破損してしまうという事を修理や分解をする担当者はパーツ製造について多少の調査と理解をしておく事が必要になります。

iPhone 12 Pro Max Face IDセンサー動作しない故障修理

iPhone X 〜 iPhone 12 Pro Max まで現状発売されているiPhone端末のFace IDセンサーはほとんど同じものが使われています。ドットプロジェクター・フラッドイルミネーターもほとんど同じものが使われていますので2021年10月に発売される予定の iPhone 13 Pro Max にも全く同じFace ID機能のセンサーが取り付けられると言われています。

Face ID機能を修理するためにはイヤースピーカー側部品と一体型になるフラッドイルミネーター・ALSの取り替え交換修理と、インカメラ部品と一体型になるドットプロジェクターの部品製造番号・シリアル番号を読み取り保存し新しい取り替え交換用のイヤースピーカー・ドットプロジェクターに読み取り保存したシリアル番号を書き込みする作業が必要になります。

ALSは「環境光センサー」のパーツ部品名称です。iPhoneが夜や朝など太陽光や蛍光灯などを含めた周囲の色調や光のレベルを検出し、人間がより自然で見やすくするためにディスプレイ画面の色調や明るさを自動・手動で調整するために使用される装置です。

JC J-BOX Jailbreak をするための機材になりますが Jailbreak をする事で 今現在では checkra1n 0.12.4 beta が動作する iOS 14.7.1 までの A11デバイス までの端末においてのみ、本体に保存されているシリアル番号を J-BOX にて読み取り事が可能になりますので イヤースピーカー部品側に Face ID 機能を駆動させるために必要な条件である フラッドイルミネーター/ALS のシリアル番号を破損している破壊されてしまっている場合であっても入手することは回復させる事ができる可能性がありますので Jailbreak/root化 についてお客様からご依頼いただく修理をご提供するためには必要になる修理技術となりますので Jailbreak が可能な端末を理解する事と データを維持したまま Face IDセンサー の故障を回復させた後に root化 されセキュリティーが侵され脆弱な状態になる状況を正常に解除して iPhoneに備わるセキュリティーレベル が低下していない状態でお客様に納品しお返しするまたは修理後には初期化してお返しするなど iPhoneの修理は分解と組み立てと購入したパーツの取り付けができるだけでは無く、丁寧に美しい修理仕上がりと信頼される知識技術を身につけてお客様の問題点を解決させる事ができる調査と訓練を続けて努力し続ける事が大切だと iPhone 7 指紋認証機能 Touch ID 機能が安定的に提供されはじめた頃からiPhone X Face ID 機能が搭載されてなおソフトウェア・システム・シリアル番号について修理用のパーツ部品に読み込みと書き込みをする事が増えてきましたので IBoxMini などでアクティベーションロックの解除について実際に解除してみたりシリアル番号を変更するやモデル番号を任意に変更するなど実際に修理用の機材では可能だという事は十分に理解する事ができましたので、周囲をご利用いただくお客様のためにも自社のためにももっと円滑で丁寧で納期が早い提供をするためにAPPLEMAC神戸店は可能な限り努力をしてお客様と共にできましたら仲良く楽しく成長していきたいと思います\(^o^)/💛

iPhone 12 Pro Max / iPhone 11 Pro Max などイヤースピーカーパーツ部品とドットプロジェクターの修理取り替え交換用のパーツはお店に在庫ができましたのでお気軽にご注文いただけます15,000円以下ほど?で修理をご提供していると思いますので、100%必ず直るという事も無いかもしれませんし、あらためて正確には20,000円する場合などもあると思いますのでお問い合わせの段階で必ずご確認をお願いいたします。

修理作業をするための注意点を簡単ながら説明します。

イヤースピーカー/ディスプレイを取り替え交換する際にFPCコネクタやケーブルを破損させる可能性があります。それはどの修理屋さん分解をする人でも壊す可能性が0%であるという事は絶対にありません。断線しない様に壊さない様に十分に注意と細部の仕組みをなるべく前もって調査しながらイヤースピーカーを分離しますがデイスプレイとフラッドイルミネーターは接着され粘着取り付けされていますので丁寧に取り外しをして破損させない様に分解を進めないとディスプレイから取り外しをする際に破損させてしまう可能性があります。フラッドイルミネーター・ALSは300度以上になる金属のICチップ加熱プレートや平形のハンダゴテのこて先などロジックボードとシグナルボードをセパレート分離するための機材が必要になります。ALSは取り外した向きなど分からなくなる事がありますので顕微鏡を必ず用意しておく必要がある事とフラッドイルミネーターは加熱しすぎると3層など組み立てられいますのですべてバラバラになりフラッドイルミネーターの層が一度すべてがズレると取り返しが付かなくなりますのでその場合にはJ-BOXを利用するなどを検討しなくてはならず修理失敗となるケースが発生しやすいです。溶接作業で分解ができてもAmazonで売られている様なHAKKO社のハンダゴテなど太すぎるので接点を慎重に痛めずに作業する事ができる専用のナノサイズハンダゴテを必ず用意しておく必要があります。

インカメラ/ドットプロジェクターのドットマトリックスをインカメラから取り外すために金属のヘラで分離作業をする事と専用の高回転するリューター研磨機材が必要になりますので十分に慎重で丁寧な作業の技術が求められます。ドットプロジェクターに揮発性が高く粘度が低いや逆に硬質で熱で溶解しにくいフラックスオイルを使うとICチップを破損させ燃え焦がしてしまいますので基本的に大切で微細なICチップの場合にはスクリュー式で質の高い温熱風を吹かせる事ができる専用の220Vヒートガンを用意して300度から試して壊さない様に丁寧に作業を進める必要があります。ハンダ材の除去はするどいメタル金属のスクレーパーやOLFAの刃を使ったりする事が多いでしょうからケーブルやICチップを常に断線させない様に最初から最後まで職人の様な手つき作法が必要になりますので注意します。ドットマトリックスの中心が少しでもズレると機能が正常に働きません。ドットマトリックスを固定するために透明で薄く白い接着ゴム材であるレンズゴムガスケットを砕いて分離をしますので、組み立て時にもゴムガスケットを装着させるまたはシリコン剤で硬化させ固定しなければいけませんの忘れない様に作業前に準備します。それでもズレてしまう、断線させてしまったり焦がしてしまったり修理作業に手馴れていないといくつか壊すことになるや作業ができない達成する事ができない場合もあると思います。前もって目をつぶってても電車に乗っている時でも修理の流れ工程が順序良くイメージトレーニングする事ができるまでになれば修理作業を進行させると急なトラブルや失敗ミスをした場合の応用を追加したり新しい発見をする事を追加していく様な作業イメージになりますので2〜3台ほど修理して成功するか?失敗したらまたイメージトレーニングをし直して修理が完璧に可能である想像・妄想の頭の中で完成したら、また実践したら良い結果になる事があります。

動画を見て簡単そうだから実際にしてみた!説明があったから出来ると思った!などでは人の実力や心構えなど人生の経験など自分の性格も含めて修理技術を手に入れるためにはお金も必要ですし協力してくれるお店の仲間も必要ですしロジックボード修理ばかりに目を向けていないでもっと大切なお客様の笑顔や会社で今すぐしなければいけないことを進めていきたいとも思います!

お問い合わせ地図

修理料金表の一覧

買取査定フォーム

APPLEMAC通販

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。