営業日報

スマホ・タブレット・パソコン・Windows・ガラケー携帯電話・ゲーム機など様々な電子機器の修理や買取!なんでも買取や修理はお気軽にご相談ください!

ドローンの故障修理で知らないといけない事は、各機能や装置やパーツに対して、どこから電気が流れてどの部分に制御コントロールICチップ・コンデンサーが配置されているか理解する事です。見ただけでは分かる場合もありますし故障修理用のパーツ販売屋さんを見たり少しでもメインコアボードであるロジックボード・マザーボードについて修理をしているお店や説明しているドローイングやハックのGitHubなどで紹介している情報を調べる事と分解作業をするだけでは無く自分でパーツを輸入したり購入しようとしたりコアボードの分解やICチップを外したりして電源を投入してどの部分にエラーが発生するか?研究したり学ぶ必要があります。
DJI Mavic Pro / Mavic 2 Pro ジンバルカメラぼやけるピント修理1
ジンバルカメラがぼやけている原因はカメラレンズであると簡単には印象付けられますが取り替え交換したレンズでも同じ症状が発生する可能性もあります。ぼやけて曇っているガスっている故障はジンバルカメラの接続ケーブルをたどるコントロール制御ボードに故障原因がありました。取り替え交換したレンズが同じ故障をしているか?ぼやけている不良品パーツであったのかとも実際に取り替え交換をしてみたり作業をする前に疑います。川の流れのようなドローンの電気の流れを基本的にイメージして物理や原理から素直な考え方を忘れず、それと合わせて自分や他人を疑い信頼してはいけない事と信頼できる部分とをさらに細分化して直感や経験上から答えを導き出し確かな証拠と真実を見つける作業になりますので故障箇所が分からない場合には迷い過ぎていると感じたら修理を停止してお風呂に入ってテレビを見て寝るやあまりにも固執して執着しすぎると場合によっては大きなトラブルや損害を発生させますので事前にだれかに相談したり苦しい時には支え合える気持ちのパートナーを前もって交友関係を結んでおく事が重要なポイントです。
DJI Mavic Pro / Mavic 2 Pro ジンバルカメラぼやけるピント修理2
ドローンの取り替え交換可能な DJI Spark/Mavic/Phantom/Inspire 修理用パーツ部品の修理作業をしているとパーツを取り替え交換を単純にしただけでは故障を回復させる事ができない問題点にすぐに到達することになります。故障原因を理解するために様々なパーツを取り替え交換している中で付けたり外したり着脱を繰り返す事で取り替え交換用のパーツが破損したり問題を解決する事が出来ない、自分の情報・知識・経験が少ないという大きな障壁となる問題点にぶつかります。

その時にパーツを取り替え交換するのでは無く、壊れている折れている破損しているパーツそのものを修理したり回復させる行動を取るはずです。折れているや割れている場合には修復してい再度すぐに折れてしまう事や修理作業の痕跡が目立ち外観の見た目が損なわれお客様からお金をいただき納品する事が出来ない結果にも辿り着く場合と自力で丁寧に美しく回復させる事ができる場所と素材の性質も分かってきます。
DJI Mavic Pro / Mavic 2 Pro ジンバルカメラぼやけるピント修理3
壊れているパーツそのものを修理していると、コアボードやWi-Fiモジュールなどビジョンセンサーが燃え焦げているや腐食してカビが生えたように白や緑などにプラスチックやパーツ素材にエラーの熱が加わり燃焼して焼失している箇所を見つけたりダメージが加わったや汚れている折れている、テスターで計測して導通が取れない通電していない箇所を発見する事ができます。それら損傷を直していると修理注文時には表示されていないエラー内容が1つを改善できた場合に、エラーを改善した事で閉ざされていた回路が通電して新たな別の3つのエラーを発生させ故障内容を増加させる事があります。

ドローン修理を理解する3つの段階


ICチップを取り外ししたり特殊なナノサイズの溶接リボール作業をステンシルで実行する場合もありますので修理注文前に依頼者側であるお客様に故障箇所を広げる可能性があると十分に説明していないといつまでたっても故障を回復させる事ができず精密な修理をする事ができないので、パーツの取り替え交換で修理ができる第1段階、手作業や回路図面が確認できるのであれば破損している箇所を修復する作業をするのが第2段階、コアボードやモジュールやカメラレンズパーツをそれぞれ精密分解するナノサイズの修理になる第3段階ではちょっとした手先のブレや体調などで故障を増大させる可能性があるため、この場合にはお客様に見積もり診断費用で11,000円が確定するが壊れてしまう可能性も大きい専門担当者の修理に移行しても良いか?電話だけでお客様の許可を貰うのでは無くメールやLINEトークなど証拠として残る文面で承諾・同意・許諾を明らかに残す事。

ドローンの分解を学習するためや店舗としてお店としてお客様に修理を提供する場合には、初めて修理を学ぶために工程を飛ばして難しそうな第3段階から修理工程を進めてはいけない場合がほとんどだと思います。お客様のお悩み事に対してお問い合わせ受付をして対面してお互いのドローン故障に対しての熱意を理解し合い、安く直したい気持ちと安く直してあげたい気持ちが結果に結びつきます。受付対応から修理作業を提供して最後に納品をして納品後のトラブルに対応する。そして肝心な作業を理解したりご対応をする上ではまず素材の柔軟性を理解したり取り付けられているパーツの性能や駆動する回転数などドローンの制御距離や基本的な設備について販売されている機種の情報やドローン販売や教習所など建設会社ではどのようにドローンが使われていてドローンはどのような法律が国土交通省から出されて検討されているのか?DJIドローンのエアエントリー/DJI Care Refreshの違いとは?情報を理解する事から、第2段階へ向けて進んでいく方が順当な流れになると思いますのでご参考ください。第3段階に対しては理解するのをやめるか?早期に決着させる必要があります。時間をお金を多く消費するからです。第4段階、第5段階とさらにもっと先があると思いますがまた詳しく解説できたり個人的な解釈ですが説明できればしてまいりたいと思います。

お金が追加される説明をする事でお客様の意識も変化しそれだけ精密な作業を実行している印象が郵送のご注文であってもお伝えする事ができます、注意してください!!この場合にはお店側が本当は実際には修理作業は何もしておらず単純に追加料金が欲しくて適当な事を言っている場合が大きく考えられます。当店の場合にはBLOG記事にしたり動画でアップしておいたり自由な透明性の高い社風ですので完全に残すことも可能で、できるだけ公が見る場所を有効活用しウェブ上に公開するようにしている事もありますが、あまりにも撮影している量が多すぎて、どのような場面でライブ配信をアップしたら良いのか?まだよく分かっておらず困っていますが、動画を撮影しているので映像という証拠で保存し修理作業の工程は全テーブルで撮影するようにしています。お客様には一部の写真で報告したりする事もできますし修理工程を自分で見返す事もでき他人が修理作業を確認する事もできます。

修理作業スタッフとしては動画や写真で作業手順を保存するや疑わせないように必ず出来ることはしておく必要があるという事です。うたがわれてもかまわないやめんどくさいし考えたく無いなど、会社の売り上げやお店の信頼がどうでも良い場合など適当であればその通り何もせず考えずしていれば良いと思います、何をどうするかも自分の人生で基本的には自由です。

drone icchip LCMX02 LC1860

ドローンのWi-Fiモジュールとして使われている LC1160 というICチップがあります。ワイヤレスのエラーや送信機とペアリングする事ができない場合など取り替え交換をせずともコアボードから取り外してリボールをし直す事でWi-Fiに関する故障を改善させたりCPUに対してICチップ電源管理を制御していますのでまったく動作しない通電しない故障を改善させる可能性もありますのでメインロジックボードの故障を特定したり判別するためにドローンの専門の修理屋さんは自社で研究開発チームや部署を設けて独自の修理スキームを社外秘にして保存しています。

スマートフォンやタブレットについても同様で LC1160 というICチップ、LCMX02/LC1860CというICチップは Xiaomi Redmi / Huawei スマホに取り付けられているICチップ装置でWi-Fiグレーアウトや通信できない場合などアクティベーションできないやブートロロゴマーク・起動しないフリーズを故障修理している際にも改善させるために修理作業をするため、よく見受けられるICチップになります。中国製のICチップやCPU装置など半導体であるBGAは色々な電子機器の製品に使われている事が分かります。

修理をご注文いただくお客様は修理の工程を理解する必要はありませんが、水没修理の場合には時に修理で直らなくても3,300円がかかるや5,500円がかかるなど追加料金で見積もり査定をする治らない全く結果が出ない場合でも11,000円になると言われる場合がありますので修理作業を注文するお店の選択や任せる側が負担しなくてはいけない実際の料金リスクに対して事前に考えてから無駄に支払わないように必ず注意する必要があります。当店もお客様にご不快なお気持ちを与えないようになるべく結果を出すや目的以上の低価格で完璧な修理を目指しますが利用するお客様がどこのお店に依頼するか?任せるかというのは自己判断する事になりますので、どんな場面であれ修理はお金がかかり直らない場合もあるという事にご注意ください。

絶対に低価格で完璧に3ヶ月の保険もあって100%直る、という事はもともとは無い。都合の良い部分だけ切り取って自分で自分に暗示をかけて「なんでも絶対に自分の都合がいいふうに社会は回っているんだ!」と思う事無く、冷静で適切な判断ができるとドローンの修理をご利用いただく上でどこのお店を利用したら良いかな?修理した方が良いかな?やっぱり新しいのを買おうかな?という選択をする事も自由ですので、自分だけの素敵な明日を見つけるためにぜひご参考ください\(^o^)/❤️

お問い合わせ地図

修理料金表の一覧

買取査定フォーム

APPLEMAC通販

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。