営業日報

スマホ・タブレット・パソコン・Windows・ガラケー携帯電話・ゲーム機などなんでも買取や修理はお気軽にご相談ください!

今日からなるべく毎日ご紹介できたらしたいとはじめました。スマホの義務教育で正しい電子機器な教育をお伝えさせていただきます。パソコンやスマホの契約や使い方の基本適切な考え方や生活での使用法を解説します。

iPhone iOS 13 以降に「バッテリー充電の最適化」機能がありますが、完全に停止させる事は無く端末の内部に組み込みされている半導体やICチップに電流が流れていますので充電状態によるや機種により変わりますが40℃など多少なり発熱させていてストレス負荷が与えられています。ノートパソコンやタブレットは特に無理矢理に最小/小型化されていますので夜はコンセントから給電されている状態にしない方が本体の寿命が2年〜3年以上長く使える可能性が高い場合が多いです。スマホもノートパソコンも1日に8時間以上使う場合には10分以上の2回以上の休憩をさせてあげるとより端末が長持ちしますので12時間などノートパソコンで連続作業をする人は何度か電源をシャットダウンさせて休ませる必要があります。

iPhoneの場合には毎日何度かシャットダウンさせて電源を切ってしまうと、誰かから連絡が来た際に連絡に応答する事ができません。電源をシャットダウンさせるタイミングはお昼ご飯の休憩の時間などは実は「仕事の休憩の時にスマホを見るのは良くない」理由があり、近くの物を見て作業をする人は遠くの物を見るのは目の筋肉に力が入っていないのですが近くの物を見る時はギュッと目の筋肉に力が入ります。手元で作業をしている人やパソコンの操作をしている仕事をしている人などiPhone修理の作業をしている人は休憩時間にスマホを使うと仕事中にも目を酷使しており、休憩中にも目を酷使していると目が悪くなるや頭痛など体調不良になる可能性が高まる事が医学で報告されています。可能であればお昼の休憩はある程度30分などの時間はスマホの電源を切って風景や景色などの遠くを見るや目をつぶって寝るなどが仕事の休憩としてはとても効果的です。ビル街で働いている人や大きな建物であればそういう風景を見る場所はより沢山あると思いますし田舎でへんぴな場所でこそ見える畑や広い駐車場もあるはずです。

いつもスマホを見て楽しいニュースなどを確認する習慣化がされている人が多いと思いますが、5分でも10分でも遠くを見て未来の自分が何をすべきか考え事をしたり仕事について遠くを見て考え事をする時間にお昼の休憩の時間を割り当ててスマホの電源を切ってみませんか?私は必ず月曜か火曜日はスマホの電源をほとんど切ってバックに入れているだけにしています。

スマホへの過集中など悪そうな習慣化に依存して身体を悪くしない様に健康第一だと考えています。

お問い合わせ地図

修理料金表の一覧

買取査定フォーム

APPLEMAC通販

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA