営業日報

iPhone・iPad・iPodtouch・Xiaomi・ASUS・Windows・iMac・MascBook・ガラケー携帯電話・ゲーム機など様々な電子機器の修理や買取をご提供させていただいております。安く便利に高い技術修理を目指し続け、いつでもご期待通りの信頼される買取査定価格をご提供させていただきます!

Panasonic CR2032 iMac / Mac mini / Mac Book Pro などボタン電池が内蔵されており、ボタン電池の寿命は7年〜10年ほどと言われていますので、例えば iMac 2011 21.5インチ デスクトップ型パソコンの修理を当店にご注文いただいたりすると勝手に新品のボタン電池に変えてくれます。気がついたらもっとしていることや清掃掃除のオーバーホールクリーニングから電源の押しボタンの押しごたえの調子が悪いなどがあればお客様の断りを得ずとも正常な状態に回復がすぐに可能であれば無料でメンテナンスさせていただいております。

中古の古いiMacを生き返らせる!!よみがえらせるをコンセプトに長期間再利用が可能になるような故障修理を目指し提供させていただいております。利用するパーツ部品に対しても100円均一ですべてまかなおうとしないで業務提供するパーツで利用する製品についてはある程度知名度がある動作保証も高い物をなるべく選択します。

一度当店で修理して数年お客様からなんの音沙汰も無いのが一番。ふと又ご来店いただけご紹介なども頂けるようにこの様に努めます。

数ヶ月後や数週間後に又別の箇所が壊れ初めた・・・。時刻設定がくるったりしてて、ボタン電池が劣化していたのが原因であった・・・。修理料金は今回は15,000円をまたちょうだいします・・・。

こんな提供の内容ばかりではその時にお店の売り上げが多少向上しますが、リピーター確保の上昇率が低下、固定客の集客がままならずお客様が逃げていく一方になり売り上げが年々低下していきます。

もちろん修理しても5ヶ月後など中途半端な時期に故障が再発するなどの可能性も考えられます。一度修理をご利用いただきましたお客様から再修理のお申し出を極力確率を低下させ「なんかまた壊れた・・・。」、「またお金かかるんですかね??」という悩みを限りなく無くする事つねに考えていると、一発屋芸人さんの様なその場しのぎ一時期の目の前の利益だけというよりも「常連固定客を離さない工夫」についても導入して検討したり考えているとやはり多少は営業している中で売り上げも変化してまいります。

ボタン電池は150円-220円あたりで買える!!

リチウムコインのボタン電池のBR、CRの英字表記の違いでは正極の物質が違う BR の正極は、フッ化黒鉛 CR の正極は、二酸化マンガンを 使用温度の範囲 BR がマイナス30度から80度 CR がマイナス30度から60度 BR は比較的高温での性能に優れ、 CR に比べ放電電圧の変化が少なく安定した性能を示し、 熱がこもりやすいタイプで使う場合と大型のiMacなど内部構造が広く風通しの良い空間スペースで使うべきボタン電池など違いがあります。長期信頼性に優れメモリーバックアップをするためにBR/CRと型番の違いがありますので使えないという訳ではありません。

お客様に「修理後からそれ以来、なんだか絶好調で全然壊れる気配が無い!!」そんな風に全部が全部言っていただけるわけではありませんが、なるべく多くのお方に細かな点検整備ができる様に一台一台焦らず修理はスピードを重視するよりも綺麗に一部一部を見て修正できる箇所があればする様に心がけています。

その中で実際の修理作業の中で本当に一部一部、ネジの一本から取り付け忘れなく美しく全部を本当に修理できているのか?という「分解しないと見えないし分からない・・・。」修理ご注文いただくお方様に対して「マジで手抜き無しを提供する」方法について一番大切な事をご説明させていただき自分に対しての教訓にもしていきたいと思います。

ボタン電池についても、SATAケーブルや、2又シリアルATA電源ケーブル、SSD240GB、HDD3TB、そしてiPhoneの保護ガラスにしかり、Lightning – USBケーブル(1m)であってもこれらの基本的にiPhone/パソコン修理屋さんのお店で使う常に事前用意が必要で安いから誰でも簡単に用意ができるアクセサリーパーツ部品商品になります。

お客様から15,000円〜25,000円あたりの平均修理料金をちょうだいさせていただいておりますが、修理料金の中にはある程度無料で数百円ならもちろん使ってあげられる諸経費が含まれていますので「多めにもしくは大量に単三電池やボタン電池を買っておく」と、大量にお店に在庫があるのでケチらずに気軽に使ってあげることができます。

ボタン電池交換単品の修理注文をいただける場合には5,000円ほどから10,000円以内にてご対応しまっとうな良い修理料金をいただけることもありますのでボタン電池200円が5,000円になることもありますし保護ガラス一枚販売したりお取り付けして100円が500円になることもあります。

コンビニさんでも一つあたりの売上高、客数、客単価はまったくことなり一個売って大きく利益が儲かる物と一個あたり3円など10円しか儲からないこともありますので2ヶ月などの期間で全体的な統計で見ると「利用者・集客数が増加し修理依頼件数も日々増加する」方法としてきめの細かいできる限り工夫した無料など雑費経費をかけることが、常連客の確保など実際に提供ができた!!それが当店の技術と信頼にとなるのだと信じて、本当にできる限りですが頑張っています^ ^

ドローンのジンバルカメラや様々な高価なパーツ部品がありますので全部が全部と用意することはできませんがお店に店舗販売すると同時にお店の在庫ストックとして陳列させてホコリがかぶらないように保存させておくためも含めて簡単な物はなるべく在庫保存して無料でプレゼントしてあげられる気配りができる(もし修理時間が遅くなったり不手際があった場合には無料プレゼントも可能)状態を作っておくと自動的に良いサービスへと移り変え対応ができる場合もあります。

在庫数の管理やお店で勝手に使われてしまったりなどリスクもありますのでむやみにやたらと用意するのでは無くて限られ管理計算がされている状態を作っておくことも必要かと思いますのでご参考ください( ^ω^ )

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。