営業日報

スマホ・タブレット・パソコン・Windows・ガラケー携帯電話・ゲーム機など様々な電子機器の修理や買取!なんでも買取や修理はお気軽にご相談ください!

Apple iPad 10.2インチ 第8世代 Wi-Fi 128GB 2020年秋モデル ガラス画面交換をする場合には丁寧に0.1mmの狂いを無くすために精密な修理と仕上がりを目指して修理で利用するガラス画面であるデジタイザーガラス・タッチセンサーが内蔵された表面のガラスのセル数と品質を理解して湾曲させても割れにくいプラスチックとガラスの融合体の様な透明な半プラスチック素材のガラス画面を仕入れする様に必ずします。割れやすい厚みのないデジタイザーガラスか?判別するためには仕入して失敗したり成功したり経験をふまえて高品質で低価格なガラスパーツの仕入れを目指してお客様に低価格な修理用のパーツ部品を仕入れして丁寧に時間をかけて修理作業をご提供しています。

iPad のガラス画面交換修理を注文するお店を選ぶ場合には、ガラスを分離するについて取り付けするについて適切な作業内容を理解しているお店に注文する必要があります。なんとなく分解して、なんとなく取り付けする事ができますが、よく言われているのはまずはガラス画面を暖めて接着を弱くした後にミネシマヘラを挿入したり専用の薄型のヘラを挿入しますがケーブルを断線させない様に取り付ける際には美しくテーピングのマスキング加工を施した後に液体硬化剤を接着の補助剤として丁寧に取り付け仕上げるタブレット端末に対して仕組みを理解して、修学旅行の来た時よりももっと綺麗にして帰る!と同じ様に愛情と優しさを込めて元通り以上を目指す様にして綺麗に修理をする事がiPad修理の作業では求められます。

取り替え交換するiPadのバッテリーについては特に理解しておかなければいけないのはバッテリーが完全放電しない様に常に専用の直接宮殿・充電をするための直流安定化電源で品質管理をしてバッテリーパーツを充電しておくという事がお客様に修理をご提供する上でとても大切な整備作業となります。この点はめんどくさいから知らなかったからなどでは済まないお客様に壊れたバッテリーを装着する原因になりますのでiPadの修理やバッテリー販売をプロ専門でしているお店はご存知であると思います。当店のスタッフはみんなで協力してバッテリーがどこからどこまで?充電して確認してあるのか?分かるように保管していきたいと思い最近は頑張って管理していますのでお客様に修理をご提供する段階で充電されていて初期不良が少ない状態にて納品する事ができていますので管理と整備をしている事で早く面倒が無くiPadバッテリー交換修理を納品する事が多少できていると感じています。

ホームボタンが効かないや指紋認証Touch IDが機能しない場合など専用の機材と取り替え交換用のホームボタンが必要になる事もあります。当店では常に毎日ナノサイズのハンダゴテ溶接についてやホームボタン・指紋認証機能の回復についてなどFace ID顔認証機能の故障の修理について修理をご提供しております。

お問い合わせ地図

修理料金表の一覧

買取査定フォーム

APPLEMAC通販

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。