営業日報

スマホ・タブレット・パソコン・Windows・ガラケー携帯電話・ゲーム機など様々な電子機器の修理や買取!なんでも買取や修理はお気軽にご相談ください!

iPad Pro 12.9 2世代 充電ができない、リンゴマークでフリーズする場合などやみくもに分解をして開け閉めしているとだけでは故障原因を特定する事ができない。故障原因を特定するためにはお客様から5,000円など料金を頂戴する事も多いので可能な限り知識と経験を積み重ねて素早く故障原因を判断する判別するために修理屋さんは常に学習を続けない行けません。お客様にも限りがありますので常連様や信頼していただける人数を増加させていかなければいつまでたっても一見さんの初めてのお客様で打ち上げ向上について進歩ができません。

本体を分解してロジックボード・メインマザーボードを取り外しします。コンセントに2.1アンペアのiPad専用の充電きを接続するかパワーサプライである直流安定化電源にてiPad 4.0Vを出力してバッテリー接続コネクターに直接接続する場合もありますが、今回の目的は充電口が壊れているか?正常に電源が供給されている確認する所から開始されます。ドローイングビットマップの回路図面を見ても判断できない場合も私個人的にはあります完璧に理解して生合成を確認する事は出来ない場合もあります。詳しく診断する前に充電ケーブルを接続Lightning充電フレックスケーブルの接続端子にプラスの電極のテスターをすべて当てると(マイナス側はフレームなど別の金属に当てておく)すべて正常に電気が流れている事が確認できました。

充電接続されて様々な機能へ電力をうながす充電チャージICが正常にバッテリーに向かって給電していない事がテスターで確認して分かりましたので、充電口や充電口パーツが壊れているという事では無く基本的にはICチップの破損である可能性が高いと思いましたので取り替え交換の作業を開始しました。

ICチップは iPad Pro 12.9 1世代 の物が大量にお店にありました。iPad Pro 12.9 2世代 の物はありませんでした。ジャンク品の山である『iPadの墓場』と当店で呼ばれる場所からゾンビの様にiPad iPro 12.9 1世代 のAVL端末の分解品と見比べてみると9割型ほとんど同じパーツが応用されている事が目視で確認できました。そのため今回はiPad Pro 12.9 2世代の修理に対して1世代の充電チャージを取り付けて修理完成させる事ができました。そんな事は修理に詳しいロジックボードの修理をされているお方は知っているし感でなんと無く分かることだと思いますが、実際に確証を得て報告されている情報も必要です。

iPad  Pro 12.9 2世代 リンゴマークフリーズ充電できないIC基板修理

Googleで故障原因をすらべまくって数ヶ月調べている方もいると思います。データ復旧で80,000円がかかるなどとしてこの充電チャージICチップの取り替え交換修理をする場合もあるかもしれませんが、当店ではこの修理は25,000円でご提供しています。ある程度の流れが経験上でも診断方法が決まっていますのでお客様になるべくお喜びいただけます様に単純な旧機種のICチップの取り替え交換修理ではそのくらいの値段です。iPhone 12 Pro Max / iPhone 13 などになると特殊なICチップが取り付けられていたり手元に取り替え交換用のICチップが無い場合も多いです。iPhone 7 / iPhone X などは大量にお店に在庫があるのですが機種により入手難易度と修理の難易度が上がりますので事前にご説明をしてから当店で修理作業をすべていたします。80,000円などの修理料金をご請求する場合もあります。

故障原因が分かったとしても充電口のチャージ・フレックスケーブルを取り替え交換するためには修理作業の手作業の技術が必要です。ICチップの取り替え交換修理には機材の取り扱い方と専用の工具とを揃えるお金とさらに修理技術を練習したり前もって電子機器のナノサイズ溶接について理解していたり、修行している必要があるまたは『目の前の理解出来ない初めての事に対して柔軟に対応する思考能力』または『調べたり動画を見たり情報を収集してから“創造”のための想像と“作業”の具現化(頭で考えて実際に作業をしている光景を実際として再現)する妄想力)』があると修理作業は一段とはかどりますので、基本的に出来ないことや初めての事の場合には頭の中で作業手順を進行させて間違えは再現しにくいのですが可能な限りして、成功も再現したら、その手作業の手順を頭の中で覚えておくことができる場合も少なくありません。

iPad  Pro 12.9 2世代 リンゴマークフリーズ充電できないIC基板修理1

当店ではこれは必須の考え方になっており『明日は難しいこの修理をするのなら流れをイメージトレーニングして可能だと確証を得てハッキリできると思った場合には実施してください。』

完璧に思った通りにことが運ぶ事はあまりありません。偉そうにたいそうな流れや説明を口で会話しても成功する可能性が低い場合もあります。

ロジックボードに関する修理作業は動画を見ていただいても分かる通りテーブルをキレイに整理していたとしても小さい部品が見えなくなってしまったり、ちょっとした手ブレで作業を進行しない事で時間がかかりすぎて欠けさせてしまい燃焼させてしまったり様々なトラブルが発生する可能性が高い手作業の修理作業技術では手術している先生と少し同じ様な流れになります。修理の作業についてロジックボードの故障修理に対してハッキリとお客様には損害賠償と相当因果関係(そうとういんがかんけい)について責任を取り金銭を保障する事は無いとお伝えしなければいけません。結果が出ていないのに作業料金を頂かないといけないお店の現状ではあります。

直りました!すぐ終わりました!良かったです!

で修理が完了すればお客様も嬉しいですし当店も料金を頂戴させていただけますのでお互いに喜んで完了となりますので一番良いパターンなのですが、嫌だと思いますが絶対に、その反対の悪いパターンをお客様ご自身がまずはちゃんと知り考えておかなければいけません。

修理をして破損させても修理が成功しなくても諦めていただくしかないという説明になりこれについては今後もお客様に不便なご提供にならない様にできるか?常に考えて検討している探している最中になります。修理作業ををしてデータが取れなくなった破損させてしまった二度と回復させることが出来なくなってしまう状態になった時に、給与データが確認できないので損害が発生したや大切な情報が永久に失われてしまった場合に弁償や損害をご請求されても対応する事が出来ない事も事前にご注意をお願いいたします。

お問い合わせ地図

修理料金表の一覧

買取査定フォーム

APPLEMAC通販

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。