営業日報

スマホ・タブレット・パソコン・Windows・ガラケー携帯電話・ゲーム機など様々な電子機器の修理や買取!なんでも買取や修理はお気軽にご相談ください!

iPhone 7 〜 iPhone 11 Pro Max まで販売用の防水テープ入荷し早速大量販売中です。iPhone X / XS / iPhone 12 mini など修理用防水テープの販売も少数ながら開始しております。1枚単位のご購入ですと500円などになりますが50枚100枚単位でご購入いただくと合計料金により一枚あたり100円などお安くなりますのでお気軽に販売のご相談をください。

iPhoneの防水テープを装着する事はiPhoneを分解し組み立てる工程の中で最重要ポイントの一つになります。

画面と本体側とが接着する面積を十分に汚れをすべて除去すると簡単に美しく接合させることができます。

汚れを丁寧に入念に時間をかけて拭き取る。

防水テープを置いて剥がす際にうまく接着せずまごまごするようでは『汚れの拭き取りが甘く接着していない』事になりますので防水効果を5割程度しか機能させる事ができていません。

防水テープを貼り付ける前にゲキ落ちくん重曹クリーナーでまずは汚れを分解して落としIPAやアルコールで仕上げて拭き取るという作業に5分ほどかけたり10分ほど作業をすると納品後にお客様がiPhoneをお風呂に落下させたりトイレに落下させた場合にもiPhoneを落とした際にはとても驚きますが、丁寧に防水加工処理を済まさせてくれるお店に注文すると何度も水没させても以外にも平気で助かることが多くあります。

iPhone 11 / 12 防水テープ販売と修理作業装着方法1
iPhone 11 / 12 防水テープ販売と修理作業装着方法2

どのiPhone修理屋さんも自分の加減でノリでいいかげんに取り付けてる事がほとんどです。

過去の私もそうでした。

今現在も忙しさに負け、体調不良を言い訳にし修理作業の手順をおろそかにする事もあるかもしれません。

いつもおのれと戦いながら修理は進行させるもので、修理では失敗したり忘れてしまったり手順工程を間違えてしまう事もありますが、間違える事が悪いことでは無くて、分かっていて何もしない面倒くさがることがお客様を減らす売り上げを低下させる一番の原因でありその逆に時間にとらわれずに、間違った事も時間をかけて修正するしっかりした修理をすると売り上げが向上すると信じています。

お客様も修理を頼むお店を信じて注文してくれております。自分も自分の修理を信じて修理を完了させないといけないと常に考えてできる限りミスの無い修理完了と納品を目指しています。(たまにミスありwww)

お客様にいつも頼られ信頼してもらいご紹介してもらう年月が経過するごとに『お客様に最高の品質で修理を提供しないといけない。』と自分だけでは気がつく事ができないアホで目先のお金だけもらえたら十分だと思っていたフシもあります。お客様にiPhone修理を教えてもらいiPhoneや電子機器を通して自分が社会の一部として、人間として。

人為的な手作業であるためたまにミスがあると言い訳する事は作業中にはしてはいけません。

機械になりきり、完璧な仕上がりと装着をへて防水加工テープを貼り付けする事に修理前から集中するためにイメージトレーニングで頭の中で何度も修理工程を一からすべて余す事なく説明できる必要があります。

成長する事ができるんだと今は確信しています。その事を忘れず修理をしている結果が動画で多少なりご参考いただけますのでぜひご覧ください\(^o^)/❤️

防水テープを70℃などで暖めてから装着する手法も試しましたすぐに常温に冷めてしまいます。

iPhone本体を80℃で数分暖めてからプレス機材で圧着する方法が最良の方法であると今現在は施工しています。

iPhone修理で使う画面パーツの品質が高く良いことは自分で選んで海外から仕入れする到着して動作確認の検品をへた段階で前もって分かっている事ですので修理作業中ではパーツの品質について考える事はありません施工する作業手順を考えていれば良いからです。

ネジのゆるみや汚れの拭き取りなど無料で保護ガラスをお貼り付けさせていただきお客様に別途1000円などでわざわざ購入する手間をはぶきまた修理をご利用いただくために防水テープの加工処理の手順をしっかりと作業する事で他の修理作業工程もキレイに美しく仕上げる事に時間をかけるようにもなりますので、まずは防水テープも種類によっては固くて接着が甘い帯ビニールのような物を間違えて仕入れしてしまう事もありますので低価格すぎる防水テープを選択するよりもちょっとだけ高価な防水テープで粘着性が高く柔軟性がある、ビヨーンと伸びの良いiPhone防水テープを修理で選択しています。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。