営業日報

iPhone・iPad・iPodtouch・Xiaomi・ASUS・Windows・iMac・MascBook・ガラケー携帯電話・ゲーム機など様々な電子機器の修理や買取をご提供させていただいております。安く便利に高い技術修理を目指し続け、いつでもご期待通りの信頼される買取査定価格をご提供させていただきます!

iPhone X / iPhone XS / iPhone XS Max ガラス画面の素材には液晶では無く有機ELディスプレイ(OLED)が採用されています。ガラス画面が割れてしまったり壊れてしまった場合には修理屋さんに修理を注文することもあると思いますが、修理作業の中で利用してくれる画面の素材は何であるのか?パーツの品質と修理工程について必ず確認する必要があります。

修理料金が高いから良い修理をしてくれるわけではありません。駅前にお店があるから良い修理で防水処理を正しく実施してくれるわけでもありません、パーツ部品の品質について詳細な説明があり使えなくなる機能が無いか?ガラス画面の素材はハード固いタイプで割れやすく、テーブルに置いただけですぐに破損する画面を修理で利用するのか?ソフトタイプで画面に柔軟性があり耐衝撃に強いのか?この点についてはハードを使うのか?ソフトを使うのか?修理屋さんのスタッフさんに聞いてみると「良く分かりませんが・・・」という返答が来た場合には品質の大きな上下がある事を理解していない事になりますハードタイプと思って良いと思います。

ご注意点としては有機ELディスプレイで修理をしてくれる事が最悪の事態をまねくこともありますので現在ではiPhone X / iPhone XS / iPhone XS Max当店で液晶画面TFTをお客様の修理でご利用させていただいております意味についてOLEDディスプレイの中にもいくつか品質の違いがある事など含めすべてが正しいわけでは無いと思います間違った個人的で勝手である私の理解も含めて修理作業する事と合わせご参考ください( ^ω^ )❤️

修理用のパーツを購入する前に

電池や画面を購入する場合に信頼できるメーカーやお店を理解している場合は高品質で販売価格が高いパーツ部品を購入する事ができたりその逆に低品質で低価格のパーツ部品を購入するお店も理解している

自分で修理作業する場合

修理工程の動画をご覧いただき修理実践する事ができるのか?編集された映像など加工された見栄えの良いまたはよく理解する事ができない写真や動画映像の情報のみを単純にうのみにして修理作業を開始しないでください。修理作業を確認し実践する事ができそうであれば、工具とテーブルや冷静に修理をする事ができる環境を整備して「いますぐ2時間以内に修理開始したい」、「明日までには修理を完了させないとまずい」など無謀で端末を破損させてしまう状況を自分が作り出してしまう行動だけは避けていただきたいと思います。
冷静で落ち着いた集中した静けさをイメージして完璧な作業に向けて用意しチャレンジなされてみてください。会社の上司の端末の水没修理をするや友達の彼女の修理をするなど用意周到に調査して調べて冷静に良いパーツを揃えて修理を実行しないと社会的な信頼を失うことになりますので過去の私のようにならないように十分にご注意いただき修理作業を開始するまでに考えて頭の中のイメージを自分に対する報告書にするように戦略だて8〜15項目まで何かあった場合の対処方法と最終的には弁償する新品を購入する事も考えて修理作業前に自分でバックアップをとってもらうまたは面倒だがバックアップをとってあげるについてもiTunesでiOSバージョンの大きなマイナーバージョンの誤差があり不一致などがあるとバックアップから復元する事ができず結果的に最悪の修理を相手方に提供する可能性がありますで実際に何度かバックアップと復元になれており経験をつんだり修理作業工程を練習しておく必要があります。
iPhone X / XS ガラス画面割れ交換修理のやり方パーツ販売1
実際には前もって準備せず修理もした事ないのに適当に「簡単簡単♪できるすぐだよ!楽勝❤️」と思ってしまったり発言してしまう事も多いと思います。紙とペンを用意して今度の修理完了までのスケジュールを記入してトラブル発生する可能性なども考慮し十分にできる限りの用意をご自身なりになされ修理をして信頼を下げるのでは無く修理をして信頼をあげるためには何をするべきであるのか?修理する前に修理をうけおう前に検討してみてください。修理作業に自信があり慣れていない良く分からない修理を自分で挑戦するやコンビニやヨドバシカメラやヤマダ電機さんに修理を注文するのではありません非公式のお店に注文するという事がどういうことであるのか?遅れた、もう一度修理させてほしい、もう一度来店してほしいと状況を求められる事も一部可能性がありますので前もって自分で修理する際には「思っても見ないトラブルが発生するはずだ」と考えて修理実行するべきだと思いませんか?

友達やお客様に対して激安修理をして「ガチ最高!神じゃん!サンキュー!」と言っていただきお客様の笑顔をいただくためにそれらを守る事が必要で100%普通に必要な手順で流れフローであると・・・。昔の私も今もバカですが分かりませんでしたが今は断言してこの点については経験上で正しいと言えます。

Amazon/楽天/ヤフーのパーツ商品

大手通販サイトさんの返品の対応や即日出荷の対応など、とても魅力的で少ないのですが非常に良いお店がその中に何軒か表に出ずひっそり人気に営業し続け隠れています。メーカーであるや資格があったりするわけではありません、良い店を見つけるためには長い時間かけて探したり注文したり経験が必要になります。まずはパーツ仕入れを数年かけて失敗することから基本的に開始しましょう。何が良いパーツなのか悪いパーツなのか理解したりお客様からクレームを受けたりそれがなぜ?クレームになったか?自分の修理技術であるのかパーツ部品の性能についてなのか?自己判断します。
C級やD級などEランクの低品質パーツを日本人は意味もわからず購入する事も多く業者や修理屋さんには売れない低品質素材を購入させて利益を得るという業務が確立しています。インドや中国製品の場合が多いのですが国別で品質を特定することはできません偽物を作る中にも本物と同じ品質でパーツ部品を作り上げるプロがいますので広告宣伝やGoogleで上位表示をすることをしていませんから簡単にはすぐ見つからないでしょう。なので交友関係を良くするや紹介してもらうなど直接的な人脈の形成が必要ですので友達や家族など会社の同僚であっても人付き合い良くして交友を深める行動を常に目指すべきだと反省した結果をふまえ今思います。

ソフトとハードの特徴LG/SHARP製

iPhone/iPadなど液晶パネル供している日本の会社であるシャープ(SHARP)とジャパンディスプレイ(JDI)です。海外にもSHARP製の液晶は製造され日本からも中国やアメリカなどに様々な国と地域に輸出されています。2018-2019年からApple者に向けたOLEDディスプレイを提供しているLG/サムスンやLG/Samsungは韓国で製造されているため中国や韓国から輸入をする様にこころみて韓国から日本への輸出入はほぼ完全に個人では制限されていますので中国から信頼できるパーツ部品屋さんからSHARP製のTFT液晶を仕入れをする事が望ましいと思います。

ハード画面は固くてテーブルに置いたなどでも一瞬ですぐに割れます。

ソフトタイプは柔らかく柔軟性があり衝撃や落下に耐久性があります。

OLEDは低品質で低価格な物が目立ち特定のとあるOLEDはソフトタイプのOLEDだと明記されて販売がされていますがハードタイプで作られていると言って間違えありません。OLEDのソフトタイプを仕入れするにはそれ相応の一枚あたり20,000円ほど以上するガラス画面パーツ部品を購入しないとならず修理で提供するためには価格が合わないという問題が発生します。SHARP製のTFT液晶になるソフトタイプをiPhone X / iPhone XS / iPhone XS Maxのお客様修理で利用する必要があると思います。

修理に出すお店やパーツを購入するお店が、どの様に知識経験があって信頼して安心して高品質の修理パーツを利用して丁寧に防水加工の圧着の作業や画面交換の作業を実施すると大切な機能として失われる明るさ自動調整機能の「True Tone(トゥルー・トーン)」の回復や不正なバッテリーが取り付けられていますなどのエラー表示に対してもエラーが出ない様に専門的な機材で修理作業をしてくれるのか?

当店のようなボロゴミショップに様々な兵庫・大阪や日本の偉い社長さんなど来ていただいたり家族がたくさんいる修理が好きなお父さんなど、85歳のスーパーiPhone/Macおばあちゃんなど来ていただきご注文をいただいております。そのお方の応援や声援にもお応えするためにも偽物の提供はしない様に全力で作業させていただいております。まだ修行が足りずご迷惑を置けする機会もあるかもしれません。一つづつ丁寧に会社の営業体制も雇用も安心で確実なものへとキレイに整えてまいります。

スタッフみんなで楽しく真剣にiPhone修理をきわめつつお客様の便利のために働かせていただいております!!

iPhone修理料金ページ

ホームページのデザインやお店の表現の仕方など様々な納得できる箇所を見つけ出して楽しみながら良い修理を低価格でしてくれる、嘘みたいな良いお店が必ず探せばあるはずです。お気に入りで自分が信頼できるお店をぜひ発見されてください❤️

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。