営業日報

iPhone・iPad・iPodtouch・Xiaomi・ASUS・Windows・iMac・MascBook・ガラケー携帯電話・ゲーム機など様々な電子機器の修理や買取をご提供させていただいております。安く便利に高い技術修理を目指し続け、いつでもご期待通りの信頼される買取査定価格をご提供させていただきます!

iPhone XS Max 画面交換修理してすぐに画面が割れた!粗悪な画面と割れにくい柔軟性がある画面とランク区別があります。その判断の仕方がお客様が修理を注文する場合のパターンと修理屋さんが判断する場合とありますのでご紹介いたします。iPhone XS Max / iPhone 11 の液晶画面の仕入れでは海外から輸入するとコストが削減できたり現地で直接買い付けに行くことで1枚5,000円で日本国内の業者さんが販売している画面パーツであれば10枚3,300円ほどなどで仕入れすることができますので、その分だけで修理料金の値下げをする事できたり値下げをすることをしなければ会社に大きな利益を増やすことができます。

今日はパンケーキ屋さんのお友達お客様がiPhone XS Maxの画面交換修理とバッテリー電池の交換に来ていただけました!!Androidスマホも画面が割れてしまっている合わせてご注文いただき後日パーツが到着次第の修理作業とお約束しました!!

基本的なパーツ部品であれば15日以内ほどで海外からパーツが到着しますが特殊であったり珍しい箇所のパーツの場合には30日などそれ以上にパーツが入手できずお待たせさせてしまう事もありますので事前に前もってご確認をお願いいたします。

海外中国や香港に直接行って1泊2日で日本に帰国すればパスポートの費用など渡航費も合わせて5万円ほどで済ます事ができますので助成金や給付金を活用する低リスク・高リターンを目指すためのスタンダードな方法としても非常に有効です。

売り上げが毎月40万円であれば20%増加させる事が簡単にできる場合もあります。輸出入のコストを下げたりパーツの品質を見極める事で10万円や15万円の利益増加させる事ができます。

iPhone XS Max バッテリー交換時に『バッテリー関する重要なメッセージ』が表示される場合、2週間すると警告メッセージが表示されなくなる、バッテリー交換時にバッテリーパフォーマンスが表示されない事があります。改善する方法についてなど対処としては何をすべきかまた詳しくご説明を記事や動画でいたします。

画面の品質の確認方法<お客様編>

ホームページや動画などBLOG等のお店に行かずともおおかたの情報が確認できるインターネット・ホームページを見て数日どのような事で修理の作業営業をしているのか?お客様が30分や1時間など前もって確認するウェブ巡回の作業が大切になります。割れにくい画面を使っているのか?修理用のパーツについて工具や設備について用意があるのか?前もって技術仕様をできるだけ把握できるように閲覧します。その中で壊れにくいバッテリー電池を利用しているか?割れにくい画面を使っているのか?まったく説明が無い場合やパーツの品質について理解する事を表現していないお店の場合には、直接メールや電話にてお問い合わせをしないと仕方ありませんので『有機ELディスプレイを使うのか?』・『ハードタイプを使うのか?ソフトタイプを使うのか?』・『タッチ反応にゲーム操作等で大きな違いが出るか?』・『色味が青ざめる白くなる違いは出るか?』・『画面を別の物に交換した場合にはiPhoneのTrue Tone機能が失われ明るさ自動調整機能は使えるのか?』この点について確認をしなくてはいけません。ですが、このすべての項目をお互いに見ず知らずの関係なのに全部を聞くのは失礼で嫌がられてしまいます。この中のいくつかを聞いて【うーん、修理後にはあまり変わらないと思いますが・・・詳しくは分かりません・・・】という場合には修理を注文するかもう一度別のお店の料金とも修理で使うパーツの性能についてなど確認し比較して修理屋さんを利用するか再度検討します。Apple社の修理の納期とデータは初期化せずそのままで済むか?料金も確認して全体的に自分に合ったサービスをご選択ご利用いただき、思っていた修理の仕上がりと違うと修理屋さんのわざとしなかったかもしれないと説明等のミスを恨んだり、聞いたり確認しなかった無知だった自分に対してのイライラなど納得できない事が発生しないように、幸せな今日明日をお過ごしいただければと思っています❤️

iPhone修理料金表

画面の品質の確認方法<修理屋さん編>

TDDI(Touch and Display Driver Integration)」タッチアンドディスプレイドライバ統合により画面と液晶とタッチする指で操作する反応を美しくスムーズにするためのTDDI/ICチップドライバーが装備されているか?Touch IDやトラックパッド機能でも同じようにTDDIのICチップの性能が重要になり、高性能な物が取り付けられていると明確になっているのか確認しなければいけません。あまり聞いた事が無いかもしれませんがESR+BEFのバックライト性能については修理用の画面パーツを買って使ってみたことがあるお方はご存知だと思います、画面が真っ青になる、白く激しい明かりになってしまっているなどに関係しているので十分に性能を確認します。シャープ製のLCDインセル( In-cell )型の修理用の画面パーツを購入しないと、いつも常連さんで来てくれていたお方を失い別のお店に行くようになります。SNSやネットでなんでも調べる事ができるスマホ社会になっています。料金が高いや品質が悪いという事は映像制作・写真家フォトグラファー・アプリ開発・電子機器に詳しいガジェットマニアの人や単にスマホの性能について調査しているツワモノでプロのお方も社長さんや様々な目利きができる達人が多くいたりしますので料金と品質と修理技術は明らかになります。パーツの部品を仕入れするのが中国人のお方からの場合など返品や返金に対応してくれる等や品質の明確な説明があるなどハイクオリティーやSSSグレードなどと言われても『え?そんなにこだわる必要ある?別に大丈夫よ!!』などでも少しダメです。できればPolarizer(ポラリザー)テストというサングラスをかけて様な状態(暗転させて色調の変化を損なわないテスト)見た色味の変化がない、色の深みとバックライトの発色に間違えが無いかテストがされて実証してあるという確証が取れているパーツである事も確認したいです。色々なパーツ一つに対して各所の性能が正常に精巧に作られている事で、純正品に近い色味の変化のそん色がほぼ無い良い修理パーツが完成します。当店ではこれらはすべて確認しお店の修理で利用させていただいております。

画面の性能品質がハードかソフトかTFT液晶か有機ELディスプレイか確認しすぐに割れてしまう割れて破損しやすいパーツ部品であるか前もって必ず確認してから修理作業をいただくまたは修理屋さんに修理を注文しなくてはいけません。

必ず確認してください。

自分で修理をする場合には、画面を起こしあげたら必ず専用の圧着機材やヒートパッドプレートで加熱し防水処理を完了させてないとiPhone本体が少し水に触れただけで本体内部に液体が侵入してしまいます。テープを単に置いて画面を置いただけでは防水機能がほとんど働かないので、簡単な水滴が付いただけでスルッと内部に水が侵入しますので破損しますので最重要の修理工程の注意点です。水没のための防水加工処理が必要無い場合や諦める事も可能ではありますので、防水テープを置くだけ、もしくは無しで作業完了させてしまう事も現実多くあると思います。修理屋さんであっても非常に多くこの工程をスキップする場合があることを確認しています。

これらiPhoneなど修理用の性能を十分に理解してパーツ部品を製造していると明記されているパーツ商品を低コストで購入するとお客様にも安い修理が提供でき、時には悪いイメージを抱かせてしまう場合もあると思いますので8-9割りのお方は喜んでいただける結果になりますので自然と売り上げもご紹介も広がり地元を中心として地域でも直接的に『良いお店と聞いて来ました☺️』と今日も営業が頑張れるメッセージを直接聞くこともできることも多くありますので、無理なBLOG記事を書くや集客で毎月5万円のコストを宣伝業者さんに支払うなどする事も必要ですがパーツ部品の品質をできる限り目指して毎日研究して問題解決ができるように、なるべくで良いと思いますが当店も浅い知識ばかりで実際にできていない事もあり勉強足らずですが個人的に学習と修理のパーツの仕入れや新しい機材の導入についても常に資金をためたり時間をかけたり研究調査を進めております💚

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。