営業日報

スマホ・タブレット・パソコン・Windows・ガラケー携帯電話・ゲーム機など様々な電子機器の修理や買取!なんでも買取や修理はお気軽にご相談ください!

1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災から27年を迎えます。画質が悪く申し訳ないですが阪神淡路大震災直下型地震の中心の長田区の方に住んでいたスタッフの自宅近辺のお写真です。忘れてはいけないとかよく言いますが実際に被害を受けた方々は忘れてはいないと思いますし、みたくないほどに覚えていてきずついたままの方もいまだにいらっしゃるかもしれません。コロナ禍の中で控えられている方も多いかと思いますが毎年この日の朝には東遊園地という公園(ルミナリエも開催されている大広場)で灯籠がたくさんたてられ長い年月お亡くなりになられた方々や忘れないようにと黙祷が捧げられていますので知らなかった方々にも少しだけ自然災害のために避難グッズなどは用意していただきたいことと合わせて宣伝のようになってはしまいますがそのタイミングで携帯が不調ではないようにしておいていただきたく今回は少し真剣な内容にはなってしまうのですが普段金髪や青い髪にしてヘラヘラニコニコとお仕事させていただいていてイメージ外ではあると思いますがちゃけにゃんぴがお届けさせていただいております。

結論だけ言うと震災で酷かった写真の場所たちは今ではすっかり綺麗になって修復や新しい建物が立ち並びそのまま風化させられているような場所はありません。26年経ってるから当たり前でしょ。なんて思っているかた、それは違います。私が小学校高学年になるまでの数年間は小学校が地震で耐久性が悪くなりプレハブの小学校で3年ほど過ごして普通の小学校の校舎で過ごせたのは3年間ほどだったりプレハブの建てられた場所も大きな公園の広場だったので狭めな校舎だったり運動場はないような状況だったりしましたので火事などがある程度収まりすぐに復興復旧せず他県には伝わらない間にもまだまだ状況は続いていてやっと中学生になる8年後ごろになりやっとそんなことも考えないようになれたような状況だった気がします。

震災がおきてすぐのタイミングでは車の後部座席で弟と頭と足を互い違いにして寝て父と母は座席を少しだけ倒して寝ていました。パンやお水などをもらいに父と母が配給場所に並びに行ってくれて車でお留守番をした記憶もあります。自宅は山手でしたので海寄りの長田の街を見下ろした時には冗談でもなく怪獣が来たんや、、ゴジラが神戸に来てしまったんやウルトラマン助けて、、と本気で思うほどに4歳の脳みそには地震という認識はなかったものの怪獣が踏み倒したような薙ぎ倒されまくったビルやマンションが急に無くなった街と真っ黒になってしまった空と真っ赤な炎を覚えています。その後にはなんとか連絡がつき大阪の母の実家でしばらく過ごさせていただいていたのでほぼ難がなく家族や親戚はみんな無事でしたが周りでは悲しい出来事も多く泥棒にあったり火災で家ごと燃えたことあると言う方もいたりさまざまな苦労を聞きました。大人になって東京に住んでいたタイミングで朝日新聞社の記者さんにお会いしあの時神戸に行って記事を書いたし少しだけだけど復興の作業お手伝いしたんだよとか復興支援で仕事休んで3日だけだけど行ったよとかいろんなほんまにありがたいな、、というお話を聞くことも。

なんでお店のブログでこんなことを書くのか?と思う方もいるかとは思いますが当たり前なのだけどその時代にはこんなにもネットなんてなくって携帯も大して持っていなかったり電波もそんなよくなかったりしていましたのでそんな時代にも助けられてきたことを踏まえて緊急の災害時のために改めて暖房がなくても暖かく避難できる準備やせめてもの1週間などの飲水やレトルト食品の確保をお願いしたく思います。

携帯ってネットってほんまに便利ですのでAPPLEMACファンの皆さまには直接お会いできることもないのかもしれませんがお伝えしておきたくおもい震災について書かせていただいています。

ガジェット好きの方が多くなるべく携帯は良い状態にバッテリー交換などしていただいておりますが災害時に懐中電灯として使えたりなどの機能があったり掲示板やLINEやメールなどいろんな方法で生存を知らせる方法が出来上がっていたりなどしますので電波が悪くてもある程度落ち着いたら連絡できるようにモバイルバッテリーがなければ電源を切っておく、地震で揺れた瞬間に余震などが落ち着いたら浴槽に水をはりトイレを流したり食器を洗ったり洗濯をするために水道が破損した場合を考えて水を貯めるガスの元栓は火災を防ぐために閉める、建物が歪み出られなくならないように窓か扉を少しでも開けるなど色々と調べておいて携帯やパソコンを持っていることを存分に生かして欲しいです。

生まれることは選ぶことはできないけど死ぬことは病気ではない事故ではない限り選ぶことができてしまうので自然災害にはなかなか敵わないような状況も多いのですがなるべく生きることを大切に生きるための娯楽のついでの予防を調べる程度だけでもせっかくこんなブログ読んだしねと言うことでちょこっとだけ調べて対策だけでもしておいていただけますと嬉しいです。

修理やさんらしからぬブログですがぜひ用心できるところはお願いいたします!

お問い合わせ地図

修理料金表の一覧

買取査定フォーム

APPLEMAC通販

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA