営業日報

スマホ・タブレット・パソコン・Windows・ガラケー携帯電話・ゲーム機など様々な電子機器の修理や買取!なんでも買取や修理はお気軽にご相談ください!

DJIドローンの故障修理はいつでもお気軽にご来店いただき修理ご注文いただけます。ご郵送でも大丈夫!!基本的なパーツ部品も在庫がありますのでカメラ交換やアーム折れ水没故障修理はいつでも定休日無しで修理のご対応をします。ドローン修理のスタッフは常に出勤しておりますので神戸や大阪に出張で空撮に来ているお方など急遽すぐに修理して直したい場合には回復させる事ができる可能性が高いので(水没故障などで直せなませんでしたという可能性もあります!!)ドローンの水没修理についてやアーム折れ交換修理についてご注文前に少しでも当店のドローン破損の修理はご利用いただくと便利そうか?どの様な流れになるのかお伝えいたします。

修理にかかる日数は1週間が目安であると説明します。今日撮影である明日撮影で必要な場合にはドローン・エクスプレスサービスがありますので15,000円追加料金をいただけますとお早い修理見積もりと診断が可能です。大変失礼を申し上げますが、絶対に3日で直して欲しいや7日で結果を出して必ず直して欲しい、さらに料金の追加ドローン・エクスプレスサービスをお支払いただけないという事であれば修理作業を提供する事ができないと前以もってお客様皆様にお伝えします。

修理作業を実際にして異常が見つかった場合回復させるためにパーツを海外から輸入する可能性がありますお待ち時間が最大で45日かかる事があります。

お待ち時間をへても実際に直らず壊れた端末のままご返却する場合があります。修理作業に4時間など10時間など作業する事が多いので作業見積もり費用5,500円をご請求する事がほとんどです。さらに可能性としてメインコアボードを修復するために回路を痛めたり破損させる可能性があり、故障を悪化させて一切起動できない状態にする事があります。修理して改善しない場合にはジャンク品呼称として買取査定に当店にお出しいただく事ができます。

ドローンの故障修理を提供する場合にはお客様に以上の事以外にも様々な追加料金がある可能性や納期が遅くなる可能性など、必ずお伝えする必要がありますのでご注意店としてご納得いただける場合にはぜひご注文などをお待ちしております。

パーツ交換しても直らない場合は回路図面で回復する

神戸三宮 DJIドローンモーターアーム折れ水没修理お店1
DJIドローンの回路図面は簡単に入手する事ができません専門家のみ取り扱いするもので調べても出てこずSparkなど小型の物は比較的に簡単に確認する事ができると思います。ドローンの回路を研究している人も多くBBS掲示板サイトなどで海外では会話されていたりするのを見かけます。回路図面が無くても目視で判断する事ができたりFPXコネクタを取り替え交換すれば直る可能性があるのかFPCコネクターに対してテスターを使って電力を計測する事でエラー箇所を特定していく事が可能です。メインコアボードやIMU/コンパスなどがどのICチップコンデンサーと結びついているか?集中して考えたり理解しようと研究していると見えてくるものがあります。ドローンのICチップには基本的にASUS/Xiaomiスマホやタブレットに備わるICチップが応用されている事もありますので修理で当店で余っているスマホからICチップの型番を確認して装着すると直せたり水没した事が原因でICチップのドットスポットの接点が破損している場合もありましたので機材や工具などを用意してありますので手動ですぐに故障を改善させる事ができるようにも一部なりました。

物理的な損傷を目視で確認して改善させる

神戸三宮 DJIドローンモーターアーム折れ水没修理お店2
簡単な修理作業であるアームの取り替え交換やジンバルカメラの映像が出ない故障などは比較的に週がしやすいのですがメインコアボードとカメラやGPS装置がペアリングされている場合が Mavic Air / Mavic Air 2S ではキャリブレーション出来ない原因になります。シリアル番号を管理しているICチップを取り付け直すと改善させる事が可能になりますのでナノサイズのハンダ作業は不可欠な作業工程です。しかし誰もがナノサイズの特殊修理の作業が得意な場合は少なくおよそ8割がたや9割がたはパーツの取り替え交換やある程度修理の診断をして無理そうだったら諦めるという選択をしなければ次の修理ができずお金にもならないので修理診断を精密にする事は諦めている状況だと思います。丁寧に故障箇所を診断する事は適当に見るだけでは無くて新品で壊れていないエラーや異常が発生していないメインコアボードを知っておく事と、パーツそれぞれを分解してパーツがどの様に組み合わさって製造されているのか?ある程度は分解できる所まで分解して分解できない箇所があればどうしてパーツのなかでこれ以上は分解できない仕組みのか?どこから分離するのか?ジャンク品で買取してある所有している端末であれば、時には折ってみたり割ってみたり破壊する事を目的に分解を理解するために実行する事も必要です。精密な修理をせずともパーツを取り替え交換すれば直る可能性もあります、パーツを取り替え交換するとパーツ代金がかかっていますのでお金で修理スピードを早くして解決できる場合もありますので「壊れているパーツを精密修理する」、「お金を追加して交換してしまう」両方を合わせて無理せずお客様の笑顔のためにすぐに納品する判断力や経験技術力が必要であると考えています。

DJI FPV モーターアーム販売

DJI FPV モーターアーム販売中


DJIさんやAppleさんが作った機械を勝手に分解して自分達で修理をしているわけですから、正規店の対応である純正品と比較して当店の様な互換性の別会社パーツで修理をするという事は料金を安くして納期を早めるためにどうしたら良いのか?修理後には完璧に直ったと検証した証拠等を残すなど動作確認とチェック点検項目シートも必須になります。純正品の修理で出来ないお客様がメーカー修理は絶対に嫌だ!!と思うところに着目しています。それによりまたご利用いただけるお客様が増えて信頼に結びつくと思いますのでドローンの修理やドローンの買取などを当店はご提供していますが非常に難しい気軽に可能な提供内容ではありませんのでいつまでも学習して研究してお店の利益もあげないとドローンの各パーツの在庫がお店に置けないので頑張っています!!

お問い合わせ地図

修理料金表の一覧

買取査定フォーム

APPLEMAC通販

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。