NEWS

知って得する♪今月の新機種情報やデジタルガジェット新情報など、日々の修理や買取に関わることをご紹介!今流行りのニュースをいち早くキャッチして電子機器関連事業や携帯電話関連の知識を増やすことができる様々なニュースを配信しています。

iPhone修理フランチャイズ経営赤字を回復させる会社

iPhone修理ができると聞いたから雇用したら、特定の iPhone 6 等だけしか画面修理した事がない、修理実績が少ない人材を雇用して店主としておいてしまったがために、それ以上の仕事を一切しなくなってしまったなど、iPhoneの買取査定のやり方も分からず買取の査定価格が低すぎたり、高すぎて赤字買取が続いたり、買取に来店されたお客様を帰してしまう。常連のお客様も接客対応やその場の勢いでは買取に出したが、よく考えてみたら怪しいお店と不安になり再来店にはほとんど結びつかずして、すぐに別のお店へと流れてしまう。

本格的な修理ショップというのは難易度の高い複雑で入り組んだ故障原因を素早く見つけ出し、お客様の悩みをその場で解決させて見せる技術がある。買取では、買取査定価格の相場を常に調査し、平均相場よりさらに高い価格で買取していくことができるスキルが求められます。

本当に今現在困っていたり、これからあと半年後・・・。売り上げが心配で怖がってしまっているiPhone/パソコンショップさんにろうほうが!!

赤字iPhoneショップさんなどぜひ当店のBLOGなどご参考ください。今日はiPhoneソフトウェア修理の簡単やり方方法についてと、赤字経営になりやすいパターン5選をご紹介させていただきますので思いっきり当てはまってしまっているお店さん、会社さんは今すぐ軌道修正をお願いします。

まだ数は少ないのですが、今まで赤字で閉店間際の10店舗を確実に成功させてきた私が、詳しく経営の軌道修正について、iPhoneショップ・スマホ修理フランチャイズショップの経営とは?について今回の記事でお伝えできる限りですがまず取り急ぎご紹介していきたいと思います。

記事執筆中・・・

経営者に修理と買取の知識が無い
・管理体制
・新規事業内容拡大
・取引先の拡大・精査
店長のスキル不足
・修理技術
・接客ができない
・経理業務
・業務内容
パーツ部品の仕入れに問題がある
・国内仕入れ
・粗悪品の提供
・仕入れ単価
買取品の売り先が無い
・フリマサイトとオークションサイト
・店舗の販売ができず皆無
・海外バイヤーとのコネクションが築けない
営業方法・集客方法に問題がある
・パソコン作業が全員が苦手
・ウェブの知識が無い
・営業活動をしない

iPhone/iPad買取査定見積もりフォーム DJIドローン故障修理説明ページ

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。