営業日報

スマホ・タブレット・パソコン・Windows・ガラケー携帯電話・ゲーム機など様々な電子機器の修理や買取!なんでも買取や修理はお気軽にご相談ください!

水没して映像が表示されないジンバルカメラ過負荷ジンバルカメラオーバーロードなどカメラに異常なエラーが表示される場合、キャリブレーションや簡単な清掃メンテナンスやDJIソフトウェアによりファームウェアの初期化やパソコンで再起動で直る場合もありますがカメラのケーブルが断線してたり破損している場合などパーツが破損している場合にはパーツを交換するか通電して居ない箇所を特定する必要がありますので、ジンバルカメラが組み上げられている各種パーツについて分解して考えると「カメラレンズ」、「カメラを支えるアーム」、「アームに内蔵されている基板」、「フレックスケーブル」、「ジンバルカメラ・コントロールボード」そしてそれらジンバルカメラがマザーボード・ロジックボードメイン基板に接続されます「メインロジックボードの故障箇所」について点検するのが修理点検の簡単な流れとなります。

Mavic Air / Mavic Air 2 などパーツ部品を取り替え交換するとパーツとロジックボードとジンバルカメラのパーツがアクティベーションできず「適合しない不一致」があるという事で映像を確認する事も出来ず離陸したり浮上させるなどが一切できなくなることがありますがジンバルカメラののファームウェアをリセットして再設定をすると通常利用する事が可能になりますが、これについてはまたできれば時間があれば後日ご説明をさせていただきたいと思います。
Mavic Pro / Mavic Air ジンバルカメラ過負荷オーバーロード修理店1
ジンバルカメラからコントロールボードをすべて丸ごと取り替え交換すると購入するパーツ代だけでも20,000円などになる場合もあります。ここに修理費用・修理作業費用を加算すると簡単に見積もりしても45,000円になります。なので50,000円もあればジンバルカメラの取り替え交換修理が簡単にできることは修理屋さんであれば分かりますが「故障している箇所を部分的に特定する」事ができると25,000円などで修理をご提供する事ができたり35,000円以下の修理費用を当店では平均でご提供をさせていただいております。ドローンの水没故障修理とジンバルカメラの修理について9,000円〜15,000円ほどでMavic Pro / Mavic Airの故障修理を目指してご提供をしておりましたがアームの破損ESCボードの取り替え交換が必要水没修理の一色となると30,000円ほどの修理料金が多くなっております。
Mavic Pro / Mavic Air ジンバルカメラ過負荷オーバーロード修理店1
ジンバルカメラの丸ごと取り替え交換の故障修理になる事もございますMavic Proの場合には35,000円が修理料金として多くなっています。水没故障修理やドローンのアーム折れ交換の場合には15,000円〜35,000円ほどからが修理料金が多くなっています。修理のお見積もりは5,000円から作業をさせていただきます。

Mavic 2 Pro / Mavic Air 2 / Phantom 4 Proの故障修理についてパーツの料金が少し高くなる事や修理時間が大幅にかかる事もございますので55,000円ほどの修理料金になる事もめずらしくありません。なるべくお安い修理料金を目指しておりますが急に高い見積もりになるとびっくりされてしまうお方もいらっしゃいますのでお安くお伝えするよりもおよそになりますが相場通りの修理の平均価格になりますのでご参考ください。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。