営業日報

スマホ・タブレット・パソコン・Windows・ガラケー携帯電話・ゲーム機など様々な電子機器の修理や買取!なんでも買取や修理はお気軽にご相談ください!

黄色の金色の端子が充電ケーブルの接点に接続している場合に充電やパソコン接続が開始されます。1本でも接続が出来ずに欠けていると認識しません。iPhoneと違いiPadは大型で充電をしながら手に持ち操作して利用すると充電口が破損しやすく、iPhoneと比較して充電口の取り替え交換の修理ご注文が多く「使い方を正しく理解していないとすぐに壊れる」事例が確認できています。iPadを使う際には充電したい時だけ充電をして、夜は充電器に接続し続けたりせず、使わない時は充電ケーブルから接続をはずして置いておく。

充電しながら手に持って操作する場合には、十分にケーブルと単体の接続端子にダメージを与えない様に常に注意をする必要があります。

私の場合には寝室のiPhone/iPadの充電ケーブルはすべてコンセントからOFFにして接続を解除しています。充電機が壊れない様にと寝る時にしか使わない事が多く寝室の毛布や布製品が多い場所では火花が燃え広がり火災の危険もあるからです。

室内やお店の店内であれば全部接続し続けていますが帰宅時には電源がオフにしていても電気代がかかり電気が流れている待機電力もほとんど電気を流さないように電気式カーテンレールを利用しています。夜には1/4のみ壁からのコンセントのみを稼働させて3/4はカーテンレールコンセントから電気を流していますので、スイッチ一つで大方の電気は流れない様に工夫をしています。工夫しているので慣れないと不便で扱いにくい事がデメリットとしてありますが、なんでも慣れてしまえば普通になります。

iPhone / iPad を充電する際にはずっと充電し続けて置いておいたり、過充電しないように注意をします。バッテリーがずっと充電されている状態が続くので特に5時間以上や8時間以上など充電が続く状態にしているのはスマホ・タブレット・ドローンやパソコン本体としては壊れる原因です。洗濯機や冷蔵庫なども可能な限り電気を切る機会をもうけたり可能な限り緩急をつけて、休ませる、使い続けるを繰り返せる様に利用すると壊しにくくなりますので一部ご参考ください。あまりにも無理に充電に関してコンセントから抜くなど神経質になるのは間違えです。無理の無い範囲で適度に節電気分で実行するのがコツです。

iPadやタブレットなどスマホの充電口が認識しない修理で一番に注意しなくてはいけないのは、本当は普通に充電ができて壊れていないのに高い修理料金を支払わされるパターンが意外と多くあります。お客様がよく分からないと連呼して騙せそうだと感じた時に、自分もその様なお客様がお店にご来店いただくと少し感じる事もあります。修理をするからといって高い修理料金を支払わされてしまうケースが実際にあると良く聞いていますし、当店ではご信頼をいただくためになるべく低料金で親身な修理をご提供する事を考えていますが、お客様からお金を少しでも多く貰える口実やキッカケがあれば貰ってしまいたいと思う可能性もありますので自分に厳しくお客様には絶対に優しく接する事ができる様に頑張っておりますww

充電口にホコリやゴミが詰まっていて認識していないだけの場合も多いです。

充電するための設定にグミ状の汚れが付着しているだけでそれを取り除けば充電が意外にもスムーズにできる様になる事もありますので、修理開始前にまずは汚れを掃除したり点検する事で500円や1,000円で修理を5分ほどでしてくれる修理作業をまず説明して開始してくれる親切で適切な修理の点検の流れをすぐ提供してくれるお店であるのか?注文するお店には非常に注意をしなくてはいけません。自分が注文しようとしているお店ですから自分の責任にもなるからです。

iPhoneの充電口の取り替え交換修理はパーツ部品を取り替え交換すると直せる修理になりますが、iPadやタブレットは直らない可能性や余計に壊してしまう可能性が含まれる修理になる事は事前に説明します。修理に出した事により故障が大きくなったひどくなった場合には故障してる端末を新しいものに取り替え交換したり無料で修理したい出来ない場合も多くあります。

お客様としては、修理に出す事で何かしたら保険や保証があるわけではありません。

修理作業をお客様に提供するスタッフにも壊したらどうするのか?たずねた事がありますが「保険とか保証が無いと作業ができない・・。」と言われた事があります。修理を他人に教えたり解説したりする機会が多いのでそこで修理というものをお客様に提供するためには好きや楽しいだけでは実現する事はできず、実力や経験や知識や自分が調べたり理解して手に入れた情報知識が欠かせない資料や手先の動作作業の運び方になります。何度も壊して失敗して訓練してパソコンやスマホやドローンの故障箇所を判別する事と丁寧に分解をして美しく組み立てあげる事ができる芸術作品の作成作業なのだと思います。

修理にはお客様にもお店側にも保証や保険などは基本的にありません。実力のあり技術のあるお店に修理注文するお客様の勇気と修理する担当者の勇気と技術力経験が必要になりますので基本的に壊したりはしませんが何かしたらが原因で修理中に起動しなくなる事ももちろん可能性がありますので正直に理解を頂けるように今回もご説明します。

iPadの充電口がグラグラして認識しなかったり、充電開始して認識したりと、その状態でなんとか使い続ける事ができたり頑張ればコツを掴んで押さえていたり重石を乗せていたり・・・。充電して使う事ができる場合もありますが、新しい本体を購入するか?充電口を修理してもらうか検討しなければいけません。当店では機種によりますが古い機種は8,000円ほどで数年前の機種であれば13,000円ほどでしょうか?一番新しい機種や去年の機種であれば20,000円ほどでしょうか?だいたいそのあたりの価格帯になりますので修理をご注文いただく際にはおよその検討にされてください。

お問い合わせ地図

修理料金表の一覧

買取査定フォーム

APPLEMAC通販

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA