営業日報

スマホ・タブレット・パソコン・Windows・ガラケー携帯電話・ゲーム機などなんでも買取や修理はお気軽にご相談ください!

ルイヴィトン・タンブールホライゾンV2になる背面裏側に刻印されている型番モデルQA080Zのバッテリー交換修理は14,000円にて修理いたします。1〜10日以内ほどで修理いたします。ご郵送はお気軽にLINEトークかメールからお問い合わせください。バッテリー交換で直りそうか?良く分からない事も多いと思いますので今間の事例と合わせてご紹介します。ご自身で利用していてなんだかバッテリーが早く減る様になってきたな!!と思っていて、しばらくするとどんどん電池消費が早くて、満充電しても、とうとう10分や2時間しかバッテリーが持たなくなってしまう場合には基本的にバッテリー交換修理をすると9割直ります。

タンブールホライゾンを愛用して使っているお客様ご自身が『バッテリー交換で直りそうだ!!』というのは一番分かると思いますが、自分で電池を購入して修理を挑戦することができます。当店で7,000円にてバッテリーを販売していますのでお気軽にお問い合わせください。タンブールの修理をしてくれるお店に修理に出して直らなかったとして当店が再修理することが多いのですが、修理屋さんに修理を注文する場合にはネジ穴がズタズタに傷をつけられてしまう事があったり内部の配線が切れてしまっていたりバッテリー接続端子であるバッテリーFPCコネクターがバッテリーを装着したり外したり何度も適当に繰り返すとガバガバになりカチッと電池がハマらない状態になっている事があり、その場合には特殊修理になりますので修理料金が40,000円ほどになるか種類しても直らないやネジを潰すために本体を傷つけてしまう可能性が発生する事がありますのでタンブールは値段の高いブランド時計ですので相応の修理技術と適切な作業工程を理解している熟練した修理に詳しい担当者が作業をしてくれるお店に作業を任せるべきです。修理前に超拡大してねじ穴すべて撮影して傷をつけられていないか?修理依頼前に保存しておいたり問い合わせの際にメールを修理屋さんに送付しておくとヘタクソ修理をしない様にしてくれ丁寧に修理をしてくれるか自信が無い場合には修理を拒否されるか『傷をつけてしまう事がある』と説明され依頼するために再検討が必要な可能性がありますので小技として一部ご参考ください。当店では時計修理の専用の機材と傷やホコリを付けないように管理しており、ブランド時計には基本的には傷をつける事はありません。良い修理屋さんを見つけるための参考材料にされてください。

自分で修理をする場合にはまずはねじ穴の直径に合う専用の BERGEON φ0.8mm ドライバー工具を購入してください。100円ショップのドライバー工具は回しずらく傷をつけたり手が滑ってしまうとブランドとしての価値が大きく低下します。適当な気分でなんとなくの気持ちで調べもせず修理をすると20万円や30万円する商品が起動しないや壊れてしまう、ただの置物にしかならいジャンク品にしてしまう可能性があるという事です。
BERGEON工具販売 – Amazon
ケーブルを断線してしまうケースも多く丁寧に修理作業をしてください。ちぎってしまったりFPC接続コネクターが破損した場合には25,000円で断線ちぎれ修理をしていますのでお気軽にお問い合わせください。バッテリーFPCコネクターや接続端子がガバガバになってしまい、端子のオスとメスとが、ぶかぶかでしっかり接続認識されていない場合には45,000円ほどの修理になり修理お待ち時間が15日や30日ほどになる可能性がありますのでご注文の場合の事前のご参考にされてください。動画では簡単そうに修理をしているように見えるかもしれませんがミスすると大変な事になるのはご自身ですので挑戦すべきか?注文すべきか?など端末の価値を中心に冷静にゆっくり考えてご検討ください!!

・LVの起動ロゴが繰り返される
・充電器に置いて定期的に1秒だけ振動が繰り返す
・Ware OS とまで表示されるば再起動を繰り返す
・キュリンと高い音が定期的に鳴り充電しない
・充電器に置いても充電しない反応が無い

起動するためのプロセスが繰り返し再起動されていたり充電容量が25%以上されない場合など、2台に一台や3台に1台などの可能性で特殊な修理をしたり修理作業工程で破損を拡大させて永続的に起動しない状態にさせてしまう事があります。結果的にタンブールが直らない場合があります。これは直る直らない目安にならず、直る人は直りますし、直らない人はどうしても直らないと伝えないといけない場合がある事をお知らせしているような形です。

CPUが破損している場合には特殊修理になりますので15万円と高価になりますが修理をした事があります。海外から正常に起動するタンブールのロジックボードを購入してICチップを3箇所取り替え交換をしました。回路図面の存在が世界的に無くて、図面を見て確認しながら作業をする事ができないので、コンデンサーやヒューズを総当たりしてICチップをいくつか着脱を繰り返したり修理作業にも集中した環境と機材の整備が必要になりますのでAPPLEMAC垂水店はそこからご予約制になり気軽にお問い合わせご来店いただけない店舗と現在はなっており年中無休で営業しておりますが気軽にすぐに修理したい場合にはAPPLEMAC神戸元町店にご来店をいただくような形を取っております。

お問い合わせ地図

修理料金表の一覧

買取査定フォーム

APPLEMAC通販

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA