営業日報

スマホ・タブレット・パソコン・Windows・ガラケー携帯電話・ゲーム機など様々な電子機器の修理や買取!なんでも買取や修理はお気軽にご相談ください!

時計の電池交換修理で一番大切な事は防水機能を前よりも良くして傷を付けないで修理を完成させる事です。Suunto(スント) Spyder / Stinger はダイバーウォッチで発売された当時は10万円ほどで購入されたお方も多く現在では17,000円ほどあれば中古であってもキレイな端末を購入する事ができるのですが実際はバッテリーが非常に劣化しているものが売られているのでデジタル文字の色が薄くてバッテリーに寿命が来ている場合もあり買取屋さんからバッテリー交換をご注文いただく場合もあります。修理の料金など納期についてなど必ずお問い合わせの段階でご確認をお願いいたします。

基本的に修理で利用するためのバッテリーと素材は2−3点在庫しておりますのですぐにご注文いただけるとは思います。

のその他の時計のバッテリー電池の交換もしておりますのでお問い合わせください。

バッテリー交換の修理作業を開始してから故障原因が電池交換修理で無かった場合には通電している箇所と通電していない特定してジャンパー線やハンダ溶接作業で美しく回路をつなぐ改善させる事ができる技術が必要になります。

適当な作業をするならしない方が良い。

工具が5,000円ほどから小型の物を丁寧に分解し組み立てする行程を考えると

簡単な電池交換であれば電池交換の手順情報を見つける事は簡単にできますので、その先にある人の手では難解で情報量が少ない情報があっても怖くて作業ができない不可能だと自分の中で勝手な壁を作ってしまう。そんな作業こそ低価格でお客様に提供すると便利にご利用いただける事が多いのですが、いくつか前もってご説明しないといけない事があります。

防水機能として備わるゴムパッキンは劣化していない十分な環境で保存された商品を必ず新品を取り付けいたします。液体の侵入を防ぐために水分が含まれるグリスを塗ります。当店が修理した時計端末でダイビングなどで破損したら1〜3ヶ月など保証期間内にすぐに修理に出してください。この保証は無料で水没修理の作業をするという事であり製品が直ることや弁償をする事を保証するものではありません。

時計の電池交換をする場合には、傷を付けたり防水効果を保証する事ができない点です。どの時計屋さんでも利用規約に記載があると思いますがご確認ください。可能な限り付属品など取り外しをお願いいたします。紛失などに保証しておりません。

修理の工程や作業の流れについてはYouTubeなど直接お店にて目の前でご覧いただきご確認いただく事ができます。実情では耐水試験など実行するとしていない場合も見受けられる。実際に何をしているのか目の前で作業を確認するか動画でアップし報告してもらう方がより修理工程を信じられます。

Suunto Spyder / Stinger 専用の工具があります。水圧による液体の侵入を防ぐための最重要ゴムパッキンとグリスを塗る事でさらに液体の親友を防止します。一度接着されて圧着されたゴムパッキンは劣化が進み押しつぶされていたため再度利用すると液体が内部に侵入する可能性が大きく上がりますので必ず専用のゴムパッキンを新品に交換しないといけません。

ダイブウォッチになりますので防水性が非常に重要になりますが基本的に内部に液体が侵入する事は考えにくく今まですぐに水没して壊れた!!などありません特に防水の試験などをしたりいたしません。その代わり最低料金で修理をするご提供をいたします!!

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。