営業日報

スマホ・タブレット・パソコン・Windows・ガラケー携帯電話・ゲーム機など様々な電子機器の修理や買取!なんでも買取や修理はお気軽にご相談ください!

バッテリー交換から修理完了までのおおよその期間

WACOM CINTIQ companion2 DTH-W1310H/K0
バッテリー交換の依頼をいただきました😊♬

バッテリー交換にかかる時間はパーツ取り寄せに2週間から1か月。
交換までの時間は1ー2時間程見ているとよいかと思います。

バッテリー交換費用は2万円からなどパーツ取り寄せ時期によって異なります。
他Androidなどの機種などお店にパーツ在庫の少ないもののパーツとりよせも同じくらいの時間になるかと思いますがこれから年末年始に差し掛かりますので大幅に遅れる事も予測されています。

WACOM CINTIQ companion2のスペック
WACOM-CINTIQcompanion2-DTH-W1310液タブバッテリー交換修理分解お店1
WACOM-CINTIQcompanion2-DTH-W1310液タブバッテリー交換修理分解お店2

13.3インチとなかなか大きい液タブなので広々と作業ができそうです。

サクサクと作業できそうな予感の液タブ、容量やメモリー数が選べるため価格帯が大きく異なる様子です。
お預かりした機種は64GBのSSD、4GB、Corei3 搭載でお安くとも4.5万円するでしょうか。。
iPadを購入するよりはお安く済みWindowsを搭載しておりますのでWindowsユーザーの方々にはなかなかお求めやすい品かもしれません。

他スペックは
128GBのSSD、Corei5、メモリ8GB
256GBのSSD、Corei7、メモリ8GB
512GBのSSD、Corei7、メモリ16GB
とSSDの容量やメモリーの容量が選べますね🎵

SDカード1枚、USB 3口あるので結構便利な予感ですが2kgあるので持ち歩きできてもおうちや会社内、ご近所ぐらいでしょうか??

バッテリーはどんなものを使用しているの?

WACOM-CINTIQcompanion2-DTH-W1310液タブバッテリー交換修理分解お店3

ずっしりと重たい本体の重量の正体はこちらにありましたと言わんばかりの大容量薄型のバッテリー
型番はG6BTA019Hと記載されていますがなかなか取り扱いは少なそうです。

SSD容量やメモリー増設の可能性あり!
WACOM-CINTIQcompanion2-DTH-W1310液タブバッテリー交換修理分解お店3
WACOM-CINTIQcompanion2-DTH-W1310液タブバッテリー交換修理分解お店4

パカパカと本体の分解を進めていくとGPUの姿やSSDやメモリーの存在を確認いたしました。メモリーの差し込み口がまだ余っていたりSSDの着脱ができそうなこと等を見る限り最小スペックを購入したのちに増設できるのではと予測できます。
64GBに4GBではなく8GBにしても作動するのか?など色々と試してみるのもいいかと思います。

You Tube 分解修理バッテリーを確認する動画

初めての機種でそわそわしていますが日本語での解説をしながらの分解動画は見当たらなかったので少しでも参考になれば幸いです。
iPhoneの他にもこのような機種のバッテリー交換やを修理しているのを見たことがないけど修理してもらえるかな?
と思ったらいつでもご相談ご依頼ください😌💭

LINE トーク

 

お問い合わせ地図

修理料金表の一覧

買取査定フォーム

APPLEMAC通販

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。