営業日報

スマホ・タブレット・パソコン・Windows・ガラケー携帯電話・ゲーム機など様々な電子機器の修理や買取!なんでも買取や修理はお気軽にご相談ください!

遂にWacom Cintiq Companion のバッテリー交換修理ご希望のお客様が現れました\(^^)/

以前の”Wacom Cintiq Companion 2″のバッテリー型番を調べるアップルマック神戸店のYouTubeをみてご連絡いただいたようでありがたく思っております。

液タブの修理業者はなかなか少ないようで分解の動画を国内であげている方もなかなかいなかったのでこんな小娘が触っていいような価格のものではないかと思いますが大切にしていらっしゃる方が多くなんとかお力になれたらと壊してしまわないかドキドキしながら初めての端末ですのでまずはバッテリーの型番を確認するところから始まります。

2の経験がある困った時はちゃけにゃんセンターというお母さんや保母さんのような役割の私ですがやはり緊張し暑くないけどじんわりと冷や汗と脂汗をかきながら大集中して壊さないように作業を頑張っていると店長さえも手をつけたことの無い端末ですので店長がニヤニヤと覗きにやってきます。

YouTubeのライブ配信は勿論ですがもともと凝視されたくない根暗インドアお散歩はなぜか大好きなわたくしですのでまじで気持ちは分かるけど精神統一の結界をとかないでくれ~😭😭となるほどずっしりと重くシリコンのようで実は裏側がプラスチックになっておりひっかけの爪の部分を折ってしまいそうな怖さと戦いながら動画を撮影しながら作業をしていきます。

あれ?2より簡単、、
というのも2はひっかけのツメの部分が多く両面テープのような強度のある接着剤を溶かしながらプラスチックはぐにゃぐにゃにならない最高の具合で接着剤がとれやすいようにあたためながら上手く爪を抜いていきつつシリコンとプラスチックでできた裏蓋をとっていくのですが、1のこちらは接着剤がないぶんツメさえおってしまわなければするすると作業が進んでいきました。

古い型は嫌だ、安く済ませて自分で容量をあげたいという方にはこちらの端末の方が分解するに際しては楽かもしれません。

WACOMCintiqCompanionバッテリー交換修理1
WACOMCintiqCompanionバッテリー交換修理2
WACOMCintiqCompanionバッテリー交換修理3

WACOM Cintiq Companion DTH-W1300L/K0
バッテリー型番 G6BTA007H

分解してみてみるとSSDの容量の増設もできそうですね☺️💭

バッテリーの型番は修理やさんなどでたくさん修理されている端末であれば調べたらでてきたり海外や他の方のYouTubeにてしることができたりなど、昔と比べてとてもバッテリーはなにをつかえばいいか工具は何が便利かサクサクと調べられてネットでポチッと買える値段になってきています。

だがしかし冒頭でもお伝えした通りこちらの液タブは重たいのも相まってか電源ケーブルを繋いだまま使うような方が多いのか調べてもバッテリーの型番や修理のやり方がまったくでてこない、、

と、いうことはアップルマック神戸店の出血大サービスでバッテリー型番や分解修理の動画を大公開しちゃって他にも方も直せる見込みがあるよー!バッテリー売ってたよー!とお知らせしてあげないと!と思いいそいそとバッテリー型番確認動画をアップしてみました。

まだ在庫のある業者様は見つかっていないので大凡の予測となりますが修理作業料金は25000-35000円あたりかなと予測させていただきます。

お客様からご依頼いただいた際WACOMに修理のお問い合わせした内容について軽くお教えいただいたのですが、修理パーツの在庫がある限りはいつでも修理対応できるが、こちらの端末については修理パーツの在庫を所持していないためもう難しいので修理できませんとのことだったようです。

メーカー修理不可ってなかなかへこむよね。
(1つ前のAirpods Proのブログご参照ください。)

充電ケーブルに繋いでも起動しない端末や充電器を抜いたら切れてしまう端末、バッテリーが蓄電されていかない端末3台を2のほうですが無事修理することが出来ましたので今回お預けいただきましたお客様のバッテリーさえみつかりましたらほぼ電源がちゃんとつくように直るのでは無いかなーと思っております。

私も実はゆるゆるとデザインやお絵描きをしているのですが、30万円などをかけて買った液タブが故障してしまったらほんとに1ヶ月以上へこむと思います。

昔WACOMのUSBに繋ぐタイプのタブレット買ったけど使いこなせなくて肥やしになってしまったことを思い出してもへこむのに使えていたものが使えないのはなんとも切ないかと思います。

次のブログではWACOM Cintiq Companion 2 の修理作業について改めてご紹介できましたらと思います。

こちらの端末につきましてもバッテリーはみつかったのかみつかってないのか、はたしていくらなのかわかり次第ブログやYouTubeなどでご紹介させていただけけたらと思います。

このようにバッテリー型番が分からないものはいちど修理作業料金はかかってしまいますが
・修理見積もりに出しバッテリーの型番を確認
パーツの仕入先に在庫があるか訪ね

→あった場合
先払いにてパーツお取り寄せし修理作業してみる(直らない場合もパーツ代がかかることも稀にあります。/ガラケー修理など)

→なかった場合
修理作業料金を頂戴する
破棄
買取
ご返送

と言った形が多いかなと思います。
直したいけど直せそうなお店がなかなかなくて困っている端末がありましたらいつでもお気軽にお問い合わせ下さい☕💭

続編バッテリー交換できるバッテリーは売っているのかまたお知らせさせていただく予定です🧑🏼‍💻✨

お問い合わせ地図

修理料金表の一覧

買取査定フォーム

APPLEMAC通販

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA