営業日報

スマホ・タブレット・パソコン・Windows・ガラケー携帯電話・ゲーム機など様々な電子機器の修理や買取!なんでも買取や修理はお気軽にご相談ください!

iPhoneを単純に分解して売られている電池を装着するとエラー警告が発生しバッテリー残量が表示されない 『 – 』 表示が出てしまい設定からエラー警告が常に表示がされてしまうので壊れている状態であるマークが常にわずらわしいです。バッテリー交換修理の技術で専門的な作業や知識があると修理屋さんであればスポット溶接器とJC-V1S等でエラーが一切表示されない従来と同じ様に異常が表示されないバッテリー交換修理をする事ができます。

日本では今の所1つも??あまり前例が無い様子ですが当店では2年前からご提供をしています。バッテリーエラーが発生しないバッテリーパフォーマンスが100%と表示されるために必要な要件についての手順を知りたいお方も多いと思いましたので2022年の年末年始の時期になります無料情報公開をしていますのでパソコン修理など詳しい方は一部ご参考いただき作業などすべて専門家の責任により自己責任でお取り扱いください。電子機器は技術や作業するために様々な行程が必要になり適当や勘だけではお客様にバッテリー交換サービスを提供する事は基本的に出来ませんのでご注意ください。技術の難易度についてや修理の1mm/2mmの差についてなど可能な限り解説していますので5回ほど見ると理解できる事もあるかもしれませんのでご参考ください。

MBSボードを丁寧にとり剥がしする事ができるまでに練習実践が必要になります。お客様の端末になりますので素材繊維の硬さや柔軟さなど自由に扱う事ができる技術が必要になります。スポット溶接をするためには単純な低価格な溶接作業を求めたりハンダゴテのハンダ線で接続してはいけません。ハンダペーストでは必要な電力が供給されずMBSボードに正常に電力が伝わりません。すぐにお客様から『電池が減るのが早い』、『数ヶ月で壊れたんだけど?』クレームが増加しますので適切な修理作業を守り別の手法で補う事を考えてしまってはいけません。発熱したりする可能性がある部分の修理作業になりますので特に少なくもなく多くもなく一番に目指すべき修理作業の工程としては適切で普通の物である事を忘れてはいけませんので作りが同じ様になる事を自分に対しても律して規則正しい電力効率と安全性も考慮して修理作業の会社で働いているとして御せねばこの修理をする事は停止すべきです。

当店に多く質問をいただいたり研修で作業をお伝えしている中で、JC-V1とJC-V1Sの違いが分からないと数日前に聞きました。この段階でバッテリーのMBSボードの修理を安易に取り扱いをすると会社が大変な事故に遭遇してしまうと思い、知識と技術経験が無いと多くの危険性が発生する可能性を予期してしまい、作業を進める事をまずは中止して一緒に学習して修練する事から数年開始しようと研修で来ていただいたお方にはご納得いただきました。iPhoneのバッテリーのMBSボードの修理をするに際してスポット溶接がどの様にして電気接続されているか原理をまずは理解して接続方法を厳守して適切な機材と手順で作業したいです。ネットで見る小型の低価格なスポット溶接機で適当に接続するのではありません。強力で微弱な作業もする事ができる可変タイプのスポット溶接機を選択する事で工夫や状況に合わせた溶接を完了させる事ができます。機種によりニッケルテープの長さや細さも異なりますので変化させる事が出来ないと正常に作業を進行させる事はままならず結果的に修理が出来ないからです。

でもこれは修理が出来ないや難しいのではありません。研究して理解する事で技術習得する事が可能な範囲の作業になります。もっと難しい作業もいくらでもありますのでこの程度の修理は当店では全スタッフができる様にしています。確かに知らないと出来ないや難易度が高い事柄だと思いますがそれは時間とお金をかけて学習するために根気と勇気とい責任があるのかどうかだと思います。

iPhone 12 Pro Mac エクスターナルバッテリー修理

iPhone 11 シリーズを含めたそれ以降の機種である iPhone 12 / iPhone 12 Pro / iPhone 12 mini / iPhone 12 Pro Max に対してはバッテリー交換修理では『エクスターナル』、『インターナル』という2種類の部品を組み合わせてバッテリー交換修理をする事でバッテリーエラーが表示されずバッテリーパフォーマンスを100%と表示させて正常に認識表示させる事ができます。エクスターナルは初心者用ですがそれでもMBSボードを分離させて接続する手法は」必要不可欠になります。インターナルはさらに内蔵させて外観では分解しただけでは違いが分からないほどぼMBSボードと融合していますので分解履歴が見ても分かりずらく接続方式としてもエクスターナル外部接続のアダプター接続と比較して通電性も高くiPhoneが起動したりする際にもインターナル内部接続は高速に反応する構造になっていると思います。iPhoneはMacパソコンと違って元々が細かい製造がされているので人間の感覚ではすぐに察知して体感する事ができないレベルだと思いますが寒暖差があったり衝撃が加わった場合にはインターナルの方式が確実に壊れずらいと思いますのでインターナルで修理したとしても修理前よりも強力に接続して信頼できる修理作業工程を保つためにどの様に修理作業スタッフをして真剣に端末を修復するのか?これは人の心の持ち様や感受性など正確にもより変化してくる事柄になりますので2022年の大きな説明の課題となると思い動画で修理方法を解説する場合にも責任が発生すると思いますので注意しています。

お問い合わせ地図

修理料金表の一覧

買取査定フォーム

APPLEMAC通販

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA