営業日報

スマホ・タブレット・パソコン・Windows・ガラケー携帯電話・ゲーム機などなんでも買取や修理はお気軽にご相談ください!

iPhoneが充電器なくなった人も、壊れる前に対策をしたい人にも重要な故障対策をお教えします❗️スマホやタブレットの充電に関して毎日いつも充電ケーブルを手に持ち差し込んで充電をしたり操作するので、帰宅時には手を洗うや髪の毛をセットするなどと同じように大変重要な事なのを忘れている人も多く、実際の日常ではスマホやノートパソコンの充電のやり方については家族である息子や娘にも教える事をしていない場合もあり大切な事なのに学校でも授業で電子機器について教えてくれない日本社会の盲点であり、毎日やる事なのに考えるのを忘れていたりちゃんと理解しないままにせず少しだけ理解するともっとスマホやタブレットを使うのが楽しくなります。

ヨーロッパやアメリカなどでは小学生・中学生から電子機器の端末がどうの様な仕組みで作られているのか各種パーツの役割について学校の授業で教わります。

パソコンやスマホは電気が内部で流れており熱を発生させる特徴がありますので、パソコンも回転して冷却するためのファンや小型の物でファンが内臓させる事ができないと冷却ヒートシンク(放熱器・放熱板)が取り付けられています。iPhoneのガラスのバックパネルは割れやすく「どうしてこんな所にガラスを採用するんだ!!わざと壊れやすい様にしているのか!!」と思われますが実は冷却するために取り付けられています。

iPhoneのバックパネルを触ると熱を良く感じることがあると思いますが、それは外に熱を逃がして放出しているので手で握り無意識にその暖かさを触れて感じているよりも大気中の気温にさらしたり簡単に冷ましてあげたり、操作するのをやめるや電源を切る方が効率良く放熱する事ができます。万が一壊れそうな場合や最近調子が悪くて起動しなくなりそうや危険を感じた場合など冷却してあげると良い場合もありますので熱を感じたら故障を修理するや新しい端末を購入するなど、すぐには壊れないかもしれませんが状況により多少は警戒するために必要な知識になります。

スマホが充電できなくなる前に、ズボンのポケットに入れて使用すると充電口にゴミが詰まる事が多いです。ポケットの中に入れるのをやめるか定期的に優しく丁寧に掃除をしてください。練習もせず急に気軽に充電口を無理に掃除をしたりすると大切なスマホを破損させてしまう可能性がありますので可能であれば仕組みを理解するために古い iPhone 5 / iPhone 6 などが手元にあれば同じ充電口のタイプで同じ仕組みで同じサイズの場合が多いので事前に練習になります。

修理屋さんやパソコンに詳しい人は爪楊枝や綿棒で掃除作業をする事はありません。上記の動画見られる様にするどいOLFAのクラフトナイフ・彫刻ナイフなどを使って充電接点のピンを的確に狙い掃除をする事がほとんどです。

充電口のピンが寝て倒れている場合に起こし上げて直す作業をその映像で確認する事ができますが、経験の少ない作業スタッフではピンの起こし上げ作業は一般的には難易度が高く作業経験が無い人がほとんどです。20台など以上や長い経験や訓練が必要な技術になりますので壊すつもりであれば問題ありませんが、あまり真似されない方が良いかもしれません。

【実践】スマホバッテリー取り替え交換修理したら直るのか?

iPhone充電とバッテリーの消耗や劣化は特に対応策やどの様に考えるべきか知りたい知識です。

スマホが熱くなるやバッテリーの消費が早い場合にはバッテリー交換修理を検討しますが、バッテリーを取り替えても直らない場合があり修理に出すのをためらいます。

バッテリーを交換しても症状が改善しない場合には修理屋さんに作業見積もり費3,300円などを支払わないといけません。

バッテリーを取り替え交換したら直りそうな症状と直らない可能性が高い割合を占める不具合の状態などを見極めるための方法など買取や中古販売を長年続けてきた実績経験で説明をしたり常にしていますのでまたBLOGをご確認ください。

お問い合わせ地図

修理料金表の一覧

買取査定フォーム

APPLEMAC通販

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA