営業日報

iPhone・iPad・iPodtouch・Xiaomi・ASUS・Windows・iMac・MascBook・ガラケー携帯電話・ゲーム機など様々な電子機器の修理や買取をご提供させていただいております。安く便利に高い技術修理を目指し続け、いつでもご期待通りの信頼される買取査定価格をご提供させていただきます!

ASUS Zenfone Max Pro / Zenfone 5 2018 (ZE620KL) など10万などする高性能中華スマホがいま注目されています。Huaweiとアメリカの米中問題が先日は大きく報道されましたが、よくよく考えたのですが中華スマホは低スペックの端末で10,800円〜32,000円などからSIMフリー新品本体が購入することができます。

「安ければみんな買う!!」ということでもあります。

OPPO/ASUSなど超高性能マシンが90,000円ほどでSIMフリーの有機ELディスプレイ端末が購入することができますのでどんなトラブルや問題があってニュースになったとしても本体の性能スペックと価格とが折り合いが付けば新品購入機種変更として検討できますのであらためて「どんな物をいくらで買うのか?契約プランの確認や違約金の条件など、買うも買わないもすべて自分の判断次第である」と決断できました。

OPPO Reno 10x Zoom など発売されてまだ日が浅い事もあり液晶画面の仕入れが1枚だけできましたので43,000円で修理をさせていただきました。画面が仕入れだけで30,000円しましたので修理料金が高価になります。古い機種を使うとパーツ部品の代金が低下している事もあり7,000円など12,000円でAndroidスマートフォンの液晶画面交換修理をご提供することができます。

有機ELディスプレイの場合には15,000円〜20,000円以上からが修理料金の相場と現在はなっていますので高性能な端末はパーツ部品も値上がりしていますので、私は液晶デイスプレイが採用されている iPhone 6s / Xperia XZ2 SO-03K などあたりの大量に中古端末がネット通販サイトなどでも普及されている2016年や2017年に発売された旧型モデルを使うようにしています。端末も安いし修理パーツの価格も安いからです。

基本的にデスク作業で営業職や電車にも長時間乗ったりしませんから、MacBook Pro 2011 あたりはディスプレイの映像出力も綺麗でパソコンの方が文字うちタイピングもスマホと比較して早く動画編集作業もスムーズです。自分の仕事やプラベートの過ごし方など趣味やこれからどんな事をしたいのかで iPhone を購入するよりもはるかにAnderoidスマートフォンの購入の方が、高性能に付け加え自分のライフスタイルに合っており便利で、本体の価格も安くて良い場合もあります。

どんな製品で合っても分けへだてして「Androidは良くない」、「iPhoneは高過ぎるし必要ない」という考え方をしていたり、中古が良い
、新品が絶対に良いなど、とお店として案内する立場や相談をお受けしお客様にとって一番最良な物をご提案するショップ部署としてさらに良いご提案ができるように幅広い視野でさらに新しい5G通信規格についてやSIMカードを挿入する必要の無いeSIMプランや本体の性能スペックについてもある程度できる限り勉強を続けていきたいと思います(^ ^)

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。