営業日報

スマホ・タブレット・パソコン・Windows・ガラケー携帯電話・ゲーム機など様々な電子機器の修理や買取!なんでも買取や修理はお気軽にご相談ください!

ICチップのモデル番号が分かれば 「iPhone X U4210」 と検索するば、Flash IC chip U4210 / U4100 for iPhone X だと理解する事ができます。起動している操作上で故障している部分と漏電しているショート熱反応などで確認すれば、ほぼ故障原因が確定しますが、それでも故障原因は別になるや自分が勘違いしている場合なども視野に入れながら「慎重に(注意深く軽々しく行動しない)」作業を進行させるべきです。

ボンディングパッドが破損しているや欠損している可能性もありますので作成して作り直す必要がありますしロジックボード・マザーボードの表面上の修理では無くさらに深部にまで分離を進め第3階層を作業するためには一通りの修理技術や機材はもちろんの事、長い作業経験が欠かせずせっかく完璧に直せても組み立てが適切で無く雑であると丁寧に修理仕上げする事ができず外観からも内部が損傷している事が分かる可能性があり目立つ破損を発生させます。

家やマンションも内部の組み立てがしっかり丁寧にされていないと後で大変な損傷を引き起こしますので人間も外見も大切ですが内面も重要なメンテナンスや整備する対象だという事を無視する事ができない。

内部の組み立てはお客様はすぐに確認したり見る事がすぐには出来ないから不適切でゴミが混入しているなどで放置していると後で自分のお店の不利益になるや人間として品格が低下していると思いますし私生活や仕事でもその修理した人の性格は表れて来るでしょうから損をするのはすべて自分で、手抜き修理をするや不適切な修理を続けていると全部人生の結果として実現していく事でしょう。

【修理図面】iPhone X ダイアグラム回路画像ビットマップ1

ICチップの取り替え交換の作業はスマートフォンやタブレットなどパソコンの分解や知識がまとまってから作業してください。初歩的な修理屋さんとしてスキルが身についておらずICチップやロジックボードの作業をすると、お客様ら受注を受けたとしても失敗するや意思疎通がままならずせっかく身につけたロジックボード基板修理の技術を満足に働かせる事ができない可能性が高いからです。写真の修正や画像の加工など自社サイトBLOGを書いたりお店の掃除をしたり地域のお店に飲みに行ったり友達を増やしたりなど社交的な行動が必要ですし、笑顔で会話するやお客様のお困りごとを聞き入れて最良の提案をする受付対応の会話の選択肢や受け皿が広い方が信頼につながります。各種携帯電話キャリア会社の施策や料金プランなど保証の内容や新機種の販売情報も調査が必要です。スマートフォン・タブレットのCPUやRAMメモリの仕様や iOSアプリInfo.plistファイルを分解する事ができたりデータ復旧をするために役に立ちますしアプリバージョンなど確認する方法を知らないと修理屋さんとして質問された場合に適切な案内をする事ができません。

可能な限り難しくて理解しずらいICチップや基板コンピュータの修理作業については「5年など作業をした後」で学び実際に作業をお客様に提供した方が修理ショップとして営業をする場合にはとても効率的です。真剣に作業をしていると後々に自然とマザーボード基板の実装、部品や実装技術は調べたり取り扱うことになると思いますので可能であればブランドや電子機器の買取屋さんの作業を経験して各種携帯電話キャリア会社や代理店で数年など勤務してジーニー・パスカル・アラジンなどの操作方法やVPN接続している意味なども知っているとよりお客様に具体的な提案をしたり問題解決方法を提供する事ができる様になります。

【修理図面】iPhone X ダイアグラム回路画像ビットマップ1

Wi-FiやベースバンドICチップがなぜ?たくさん小さなチップで取り付けられているのか?ゲームのカセットの様にICチップやコンデンサーがそれぞれ機能を管理コントロールしています。ICチップ半導体が沢山付いているという事は多機能であるという事が分かり修理ではお客様から端末をお預かりして動作確認をまずするのですが、すべてのICチップの機能を確認する様に動作確認の点検マニュアルなどチェックシートを作る様にすると一応全部の機能の動作確認をする事になるのですが、当店でも実際には全てのあらゆる動作確認をする訳ではありません。お客様に不便で影響が出やすい大まかな修理前と修理後の動作確認をしますので実際には小さな機能について「なんでこの部分が使えなくなっているんだ!!」となっても責任が負えないという事もあります。それはiPhoneに50種類以上ICチップが取り付けられており、組み合わせて動作している機能もあります。その機能全て動作確認をする事が修理のご提供では実際にはそこまでは不要であり無駄である事は9割以上をこえており修理料金を値上げしなければいけない事にもつながるので動作確認や点検でお悩みのお方はぜひご参考ください。 画像:UNIONREPAIR

お問い合わせ地図

修理料金表の一覧

買取査定フォーム

APPLEMAC通販

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA