NEWS

知って得する♪今月の新機種情報やデジタルガジェット新情報など、日々の修理や買取に関わることをご紹介!今流行りのニュースをいち早くキャッチして電子機器関連事業や携帯電話関連の知識を増やすことができる様々なニュースを配信しています。

DJI Mavic Air 水没修理 ドローンの故障修理店

ドローンの故障修理の中でお店に特に多くのパーツ部品を在庫しているわけではありませんが、DJI PHANTOM 4 / DJI Mavic Air は Macbook など iPhone X などと修理難易度を比較したい際に簡単な部類で数年前から分解をしたりアップデート調整という修理を10,000円でお受けさせていただいたり、水没修理を15,000円でお受けさせていただいている中で「小型ドローンの修理は誰でもできる」というところまで学習しました。

DJI賠償責任保険は最大1億円まで対応していたり、意図しない墜落での事故や損害賠償の問題、世界遺産への衝突(そもそもそういう場所は飛行禁止)など、ドローンは安易に購入できる反面巻き起こる事故、操作スキル不足など、ドローンを購入してすぐに街中で飛ばし始める人など、問題点が数々あげられるものというのは超人気商品であることがうなずけますので当店APPLEMAC神戸店も早速、買取や修理など中古本体阪大などに2014年頃から着手しております。突然電波をロストして制御不能になる通信ロストの問題や、モーター・アンプの故障などにも正常に対応ができます様に今年は努めて参りたいと思います。

修理で意外に多いのは内部の基盤との接続が断線している場合です。落下させたり激しい動きをしますので内部で断線していることが多くあります、自分でハンダ付け作業ができるスキルがあるとスムーズに修理回復させることができると思います。モーターは特に消耗品になりますので取り替え交換が必要な場合には数日お待ちいただき、純正品や互換性のあるパーツ部品製品で修理をさせていただきます。DJIの修理は水没修理が特に多く修理ご注文をいただいております。バッテリーが非公式だと表示がされ認識してくれない場合など15,000円にて修理をさせていただいておりますので、お気軽にご注文ください!!

DJIのメーカー修理もおすすめです。20,000円前後で修理してくれる可能性が高くあります、しかし水没故障修理は全損扱いとなり、DJIメーカーも水没させた後の保証などが一切できないこともあり対応は全損の取り扱いで新しいものを購入してくださいとなります。「修理依頼→販売店→DJI」修理の注文をすると2週間以上の修理納品の時間がかかりますので事前に注意されてください。購入したお店を経由して修理注文をするメリットと、自分で直接DJIメーカーに修理注文するのとでは料金にも時間にも差が生じます。

iPhone/iPad買取査定見積もりフォーム DJIドローン故障修理説明ページ

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。