1. HOME
  2. ブログ
  3. 大阪 DJI Mavic Air/Pro ESC故障エラー修理店

大阪 DJI Mavic Air/Pro ESC故障エラー修理店

ESCエラーはモーターアームのエラーと言われるゆえんは、Phantom 4 Pro の場合には小型のESCボードにモーターアームが連動しているのでアームの故障を疑いますが、DJI Mavic Air / Mavic Pro / Mavic 2 Zoom などの場合には本体の大きさの割合から大型でもあるマザーボードと上下に並列して配置されている「電力の分電」「モーターアームへの電力の供給」などを主に、になう、ESCエラー、ESCボードの交換が必要な場合にはこのパーツ部品をAPPLEMAC神戸店から7,000円で購入して自分で修理する、激安修理に挑戦いただけます。

地面に叩きつけるように落下の衝撃を本体に与えてしまった場合やバッテリーを社外品など使いESCエラーが出て離陸させることができない場合にはESCボード交換が必要な場合が多くございます。

送信機エラー内容を確認します – ESCエラー

大阪 DJI Mavic Air/Pro ESC故障エラー修理店1
現在では DJI Mavic Air / Mavic Pro ESCエラーのESCボード交換修理は20,000円とさせていただいております、アームすべての溶接の解除や接合作業隣、基本的に全文界の中でもモーターアームすべてを含めた全分解の作業となりますので、責任ある作業をさせていただくためには12,000円などの修理料金でお受けすることがまだできない状況の修理内容なっております・・・(T . T)v

お気軽にお問い合わせください!!
アップルマック買取・修理ご注文の流れ1
アップルマック買取・修理ご注文の流れ2
地図アクセス
LINEトーク
修理注文


Mavic Air ESCステータスのエラーになる場合にはコンデンサーが外れているのが目視で確認ができたり、一度洗浄の作業などをして直ることがありますのでその場合には15,000円などで修理が完了する場合もございますが、基本的にドローン全体の修理料金というのは20,000円から40,000円などからをご参考いただければ平均修理料金として間違えないかと思います。

その他故障修理もAPPLEMAC神戸店にお任せください!!世界的にドローンの水没故障修理を取扱しているお店が少ないこともあり、日本ではまだ当店が水没水濡れ修理をサービスご提供しているお店が無く、便利に皆様に水没水濡れ故障修理をご利用いただいております。200台以上の水没修理をし、故障を直し、怖いくらい修理技術も確かなものとなりましたので、もうそろそろお酒を飲みながらでも簡単に修理完成させることができるほどかもしれません( ^ω^ )笑

ドローン修理の「水没修理」に関する納期は2-3日で修理完了させることができる場合もございますが、基本的に速やかに修理に取りかかるとしか言えず、納期に定まりはありません。2-3週間、遅くて数ヶ月かかります。

モーターアーム折れやESCボードの交換などキャリブレーションできない、送信機とリンクさせることができない、GPSが効かなくなったなど、物理的な衝撃、破損などの場合には1-2週間もあれば修理完了いたしますが、およそです。ご参考にされてください!!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

LINEトークお問い合わせ

LINEトークから気軽にお問い合わせいただけます。写真を送り買取査定、故障状態を詳しく見せて修理見積もりなどいつでも便利に当店をご利用いただけます。
LINEトーク
注意事項・利用規約

利用規約や注意事項について詳しくご説明いたします。修理に出して1週間したら不具合が発生した!買取査定に出したいけどキャンセルの場合の送料は?郵送で中古スマートフォンを買ったけど到着後に故障している箇所がある!万が一のトラブルにも速やかに親身にご対応いたします。
会社概要