営業日報

スマホ・タブレット・パソコン・Windows・ガラケー携帯電話・ゲーム機などなんでも買取や修理はお気軽にご相談ください!

初心者の人やパソコンが苦手な人も自分のiMac/MacBook/Mac miniの調子が悪い時やインターネットに接続できないなど1時間使うとバッテリーが残量がまだ残っているのに急にシャットダウンするや本体端末が起動する状態にある状況であれば利用する事ができる故障診断ソフトウェアアプリ Apple Evaluation Utility 4.5 For mac OS(エバリュエーション) をパソコンやスマホ修理屋さんが利用すれば、どこが破損しているか判断するために役立つ可能性がありますので、忘れてしまう前にインストールをして準備しておいたりしないといざ現場で思い出そうとしても記憶に定着していない場合もありますので利用確認をお勧めしております。

自分自身の端末を直すために診断として用いる事があるかもしれませんが、これは専門的な仕事をしている人でしか基本的に扱う必要も無ければ有意義に活用することはでありません。

オタクやマニアや個人では無価値になる事がほとんどです。

Appleストアや専門店がお客様に便利な優しさを伝えるべき方法を解説するために使うべきアプリケーションです。

今すぐお金になるや、よこしまな心では到底扱う事や価値を見出す事は不可能な、本物の修理屋さんでしか存在の定義を理解する事が出来ないプロ用のお金になるアプリです。

Apple Configurator 2 / Apple Evaluation Utility 4.5

【Evaluation無料ダウンロード】Mac/iPad修理の診断・動作点検検査
ダンロードに関しては責任を負いません。全て自己責任で取り扱いください。
Onedrive – 62MB 既存のアクセス権を持つメンバー・会員ユーザーのみ
ダウンロード

手元にある端末でまずはどのような検出をレポート提出する事ができるのか確認をします。

動作確認をした結果をいつも口だけで伝えていたり、実際には面倒で何も動作確認をしないままお客様に手渡すと一週間に一度ほど必ずと言って良いほど「イヤホンジャックから音が出ない。」、「右側のUSBポートが認識ないのですが?確認はして頂けましたか?」、「インカメラが使えなくなってしまったのですが修理前には使えていたのですか?」など営業効率を悪化させてしまいますので、動作確認のチェックシートを用意して必ず20分〜40分ほどは再修理をする時間と人件費は必要不可欠な修理作業工程であると認識している必要があります。

実際の現場では受付している際には動作していた機能が修理後に働かなくなる事は多いです。

納品後に動作確認をしない心理

いくら点検を繰り返しても問題を改善させる事が出来ない可能性は常にありますので、ネットに動画や写真をアップロードしたりせずとも写真や動画などで撮影をしてどこに問題が修理をする前の過去にあったのか?確認する事ができる手立てを自力で考えてもうこれ以上は分解した工程が記憶して暗記できないと察知したら、絵を描いたり写真を保存したり自分なりにメモをします。

壊してしまうや理解できない構造など危険そうな部分に対しては、分解したりネジを取り外しする前に仮説思考(おそらくここでトラブルになる可能性がある)を意識して分解を進めないといけませんので、働いて3年目以内にも関わらずいつまでも無駄話しや先の事を考えておらずダラけて、怠けていると端末はすぐに壊れてしまいます。

緊張と集中を頭の片隅に置きながらプロ意識を持ちながら真剣に作業をすべきですが、人間はそう強い意志を持っているケースばかりではありません。

何ヶ月も何年もMac/iPadの作業を繰り返していると、慣れてきてしまい何も考えなくなります。

油断は絶対にしてはならなうのが私達の仕事です。

お金をもらって働いている限り意識して守らないといけません。

やるべきことをしないとお金は貰えないのが他者との取引です。

現場を監督する責任者に店舗を育てる能力が無いといつまでも平均売上の少し下や上になるだけで、その日暮らしナントナクワークになってしまいます。

今を楽しく皆んなで、傍(かたわら,にいる人/はた)を楽(らく)にする仕事のやり方が、働くと言う事であり、仲間から頼まれた事は手助けするや自分以外の誰かを楽にすることができ無いとお客様にも働く事を提供する事が出来なくなるや、お客様に質問をされた時には親切な回答をせずにバカにしてしまい嘘を伝えてしまう会話運びを選んでしまうことにもつながります、適当な受付スタッフである事がバレてしまう事も多いです。

自己責任感が無ければいつまでも作業をした後に動作確認をしなくなります。

それが当たり前に勝手に自分都合に良くて、確認はしないのが当然でめんどくさい事だと悪い事とは知りつつも自己都合良く事実を捻じ曲げる思考力は誰にもあり癖になり定着してしまうのです。

作業を進めているとふと話しかけられたり忙しかったり怒られてしまったり、修理では緊張と集中するその後に仮説思考を発案する事が脳の運動になります、脳のストレッチを常にしていないと急にはできなくなります。

一つのことに縛られず多様な考え方ができる技術は脳の回路が素早く駆動するかにかかっています。

脳がトロトロ遅い駆動になっていたり頭痛がしたり日頃から分解と組み立てに触れて準備体操ができていないのに故障原因が不明な端末についてお客様にサービスを提供する事に嫌悪感を抱いてしまいますので「それは対応はやっていませんね、無理だと思います。」と言いたくなる事も増えてしまいます。

故障の目利き職人は、脳の回転ギアの性能メンテナンスにかかっています。

起動しない故障一つをとっても、どうやって修理をすべきかどこを確認するべきか?どんな工具で点検してみるべきか?どんなソフトウェアで診断してみた方が良いのか知識と経験の引き出しが多い人の方が問題を改善させる事ができる確率が高くなります。

まだよく分からない、修理作業をして3年目や5年目ほどの人は教えてくれる先輩・上司に対して敬意をあらわにすれば結果が出てきます。

毎朝ちゃんと元気にご挨拶をして先輩や上司が出かける際には「いってらっしゃいませ!」と丁寧で尊敬する態度で接するとより多くの知識の引き出しを開けて見せてくれますのでご参考ください。

なんとなくでスマホを分解したりパソコンを分解して日常を過ごしてしまうだけだと、技術テクニックの成長が遅くなってしまいます。

作業現場で実際に故障が直せなくなり汚い端末のまま納品したり、いつも誰も見ていないからめんどくさいから動作確認をしないという、限りなく安く低品質なサービスをお客様に提供したいというような人も中にはいますので人それぞれの価値観を大切にして、他の事よりも、まずはなりたい自分になれる方法を見つけた方が自分の立場や貯金や生き方の方位磁針はどちらに行くべきなのか?心の現在地の理解が必要みたいです。

お問い合わせ地図

修理料金表の一覧

買取査定フォーム

APPLEMAC通販

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA