営業日報

スマホ・タブレット・パソコン・Windows・ガラケー携帯電話・ゲーム機など様々な電子機器の修理や買取!なんでも買取や修理はお気軽にご相談ください!

DJI社のMavic AirやminiやFPVやAir2Sなどのドローン修理が多い当店での修理作業ですが先日は墜落して水没はしていないがカメラが動作しないとのことでHUBSAN ZINO PRO PLUSをお預かり致しました。

外観からみても何にも問題がないように見えケーブルも切れていないカメラレンズも割れていないため分解せずどこが壊れているのか判断するのが不可能なため細かい作業がめちゃくちゃ得意なしょうちゃんが分解し故障原因と特定してくれたのちに、ハンダや顕微鏡を使う作業では店長より凄腕になってきているまいまい先生が修理作業をすすめてくれました。

今回分解するまでは本体のスレなどの損傷しか見られず分化してやっとカメラケーブルが切れてしまっているなどの症状が目視で確認ができました。店長しょうちゃんちゃんまーちゃんなどジャンパー線溶接作業にて改めて新規購入するより溶接し直し安くで修理作業できればと思い取り掛かりました。

HUBSAN_ZINO_PRO_PLUS_ドローンジンバルカメラ修理1
HUBSAN_ZINO_PRO_PLUS_ドローンジンバルカメラ修理2

切れてしまっている線を溶接し安価で修理したいか、新しいパーツに交換してしっかりと修理したいかなどによって金額を少し調整することもできるのではと思います。

今回のような4-6万円代などのドローンの場合また買うより直した方が同じものを買い直すよりは安くなるかなと思いますが、1-3万円などのドローンが壊れてしまった場合直すよりも買い直した方がよい場合もあります。

今回のように4−5万台のドローンでDJI社さんではないパーツなあまり出回っていない端末になると修理できそうなレベルであれば溶接し復活させるのが良いのですがカメラごとなどのパーツの交換となると新しいものを買うことになることも多くあります。

なかなか高価な上にぶつからず落とさず水につけないようにして一生使うのが難しいのがドローンの手のかかるところかと思います。

また2.3台所持していてサブ機や同機種を持っているから直してくれるならいつでもいいよという方もあまりお伺いしないのでなるべく早く直して欲しいという方が多いのではないでしょうか?

アーム折れのみでエラーがないなどの場合はアーム交換の料金を直ぐに確定しパーツがない場合は取り寄せて早めに修理することなどは可能ですが、ESCエラーやジンバルカメラの過負荷など他のエラーがあったりなどする場合は急いだとしても2週間や1ヶ月かかることはざらかとおもいますので、サブ機を購入した上でしっかりと直る直らないの判断が出るまで過ごせる余裕も必要になってくるかと思います。

ドローンの修理のご依頼でいちばん多いように感じているのは墜落などによる水没事故が原因の起動しない、ジンバルカメラが変な動きをする、動作には問題がないが腐食が心配なので水没修理作業をしてメンテナンスしてほしい。アームに亀裂が入ってしまった。

などなどたかが水没修理といえどパターンがあり水没修理だからこの金額で決定して必ずこの金額で修理することができますと分解し故障原因がはっきりと分かるため確約することはできません。

ドローンの水没修理は修理作業料金が5500円からなどで直った場合は35000円からなどが多いように思います。

修理ご依頼前にお財布とご相談の上幾らまでで直るのであれば直して返却してほしい、あまりに高額になる場合は修理作業料金を払うので返却して欲しい使えそうなパーツがあれば買取、難しい場合は破棄して欲しいなどのご希望などを前もってお伺いしておくことは可能ですのでお預けの際や修理のご依頼の際にご同封いただく修理ご依頼のための同意書にも御記入しておいていただければと思います。

ドローンの修理パーツの販売もはじめましたので通販サイトや通販サイトで見当たらないものはLINEトークやお問い合わせフォームよりパーツ名とお写真などをそえてなるべく詳しくお話をまとめていただいた上でご購入のご希望をお伝えいただければと思います。

お問い合わせ地図

修理料金表の一覧

買取査定フォーム

APPLEMAC通販

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA