営業日報

スマホ・タブレット・パソコン・Windows・ガラケー携帯電話・ゲーム機など様々な電子機器の修理や買取!なんでも買取や修理はお気軽にご相談ください!

iPhone / iPad / iPodtouch iOS 15 以降であれば盗まれた場合や紛失した端末の位置情報が分かるためアラームチャイムや警告音を出す事が可能です。買取をする携帯電話屋さんなどは盗品を買わない様にさらに十分な注意と買取査定をしお金を渡す相手がたの身分証明や振込先が同一名義人である事など確認するや、今までよりもさらに、より十分な本人確認と個人情報の管理が求められます。被害届などが出ており捜査中の警察官が位置情報を把握して買取をし盗品が売買され続ける会社やお店に捜査の手が伸びる可能性も高く事件に巻き込まれるや営業停止処分を求められる可能性も考えられます。

iOS 15 以降では iPhoneは電源を切ったとしても「低電力状態」が維持されるため十分に充電がされている場合と充電が空っぽになり電源が切れている状態であったとしても1週間ほど(ある一部では10時間〜20時間ほどが限界であるとも言われている可能性があるらしいです)位置情報を送信するためのBluetooth信号を発信し続けますので近くにあるBluetoothが許可されている端末の通信電波(Wi-Fi/3G/4G/5G SIMカード通信)を使いAirTagと同じ要領で位置情報を送受信します。

工場リセットやすべてのコンテンツのリセットなど、iTunesでの復元の作業をパソコンでした場合でも位置情報はiCloud/Appleサーバーに送信されます。

Apple AirTag の Find My ネットワーク介してスマホやタブレットなどパソコンから確認と追跡をすぐに開始する事ができます。

たとえばWi-Fi/3G/4G/5G通信を利用する事ができない端末であり

5〜7年ほどゲームをしたり常にiPhoneを激しくいつも利用し続け使い倒してバッテリー電池もすぐに切れたり常に充電をしていないとバッテリーが無くなる状態のiPhoneを紛失してしまい

陸の孤島や山奥で誰も居ない場所で紛失した場合

かつ10m/20mの距離でWi-Fi/3G/4G/5G通信を利用する端末が無いや、通信端末を所持していない人間が通り過ぎないという、一定の条件が重なった場合には

位置情報は最終の場所を示すだけで追跡結果が得られない可能性もありますので不確かな事もあるはずです。

一番怖い事は、キャバクラや居酒屋などでiPhoneを紛失して「お店には忘れ物は無いですよ・・・。」と言われていて位置情報がある程度の確証があり追跡できている場合には盗難事件となる可能性がありますので

無理にとりかえそうと、勝手に怒りば声をあびせたり威嚇して見せたり、詳しい人や信頼できる人など警察に必ず相談する事をオススメします。

iPhoneは充電口の両脇にある星型ネジがありますので分解を開始する事が可能です。車など最近のバイクにはCPUやロジックボード基板にバッテリーが装備されており位置情報など送信しますが現状発売されているiPhoneのロジックボード基板にはバッテリーは装備されていません。別のパーツとしてバッテリーが接続端子にて接続されています。分解をしてバッテリーを取り外す事で位置情報の送信が停止されます。分解するまでに位置情報が送信された場合には追跡履歴が残りますが通信を妨害する事ができる電波基地局からの特殊で固有の制御信号の送信や受信を停止などし、端末を圏外の状態にするや混線させるジャミング電波を発生させるキーホルダーの様な小型の装置も存在します。

FMI OFF という盗難紛失モード・アクティベーションロックを回避するパスワードがかかっている状態であっても初期化したり完全解除する裏ワザの技術があり iPhone/iPad/iPodtouch でロックされているパスワードの状態であれば可能な場合があります。これは所有者が分からないパスワードがかかっている状態からiPhoneを無理に初期化したりiTunesで復元をしていない状態に限り iPhoneを探す機能 を完全停止させる事ができるものになり iPhoneを探す を停止させる事ができるということは正常に初期化する事が可能であるという事になりますので一部ご参考ください。

この情報が悪意ある人では無く、より他人を笑顔にするために活躍する方のお役に立てる事を願います\(^o^)/🧡

お問い合わせ地図

修理料金表の一覧

買取査定フォーム

APPLEMAC通販

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。