営業日報

スマホ・タブレット・パソコン・Windows・ガラケー携帯電話・ゲーム機など様々な電子機器の修理や買取!なんでも買取や修理はお気軽にご相談ください!

充電が減るのが早い、電池マークアイコンが出るだけで起動しないなど、徐々にバッテリーの異常を感じてはいたがとうとう使いにくくなり新しいiPadを購入しようか?バッテリー交換修理を注文して再復活させようか迷う事があります。バッテリーを交換して1年しか持たないようであれば新しいタブレット端末の購入を検討しますが、また3年など使い続ける事ができるのであればバッテリー交換修理を8,800円〜12,000円ほどであればぜひ注文したいものですが、バッテリー交換修理をした事で数ヶ月しか使えない状態になるケースも否定できません。その逆に思ったよりも長く6年以上使い続ける事ができているので嬉しい修理であったと喜べる場合があります。

iPhoneもiPadもちょっとした簡単な使い方や取り扱い方を守る事で長生きさせる事ができます。

覚えてみたら意外に簡単!!タブレットの組み立て方と構造を修理屋さんだから理解した裏技をご紹介!!

寒暖差が続くや急激に暑くしてから冷たくして、また暑くして冷たくしてを繰り返すとすぐに電化製品は壊れてしまいます。人間は寒いと体を暖めるためガクガク震えたり、暑いと汗をかいて体を冷却するシステムが自動で働く様に細胞や人体の修復機能はごく自然に活動しますが、iPadやタブレットなど電化製品は、電源やバッテリーに大きな入出力がさまたげられたり暑くなると勘違いをして電力を消耗して寒いと人間の血流と同じで電気の流れが固まってしまいせき止められてしまい通常では想像していなかった異変となり壊れてしまうのです。人間は状況により応用変化できる体質にありますが電子機器は優しく気を使い愛情を注いで利用しないとすぐに壊れる事が分かります。

家族を大切にするや会社の同僚や仲間と関係性を維持する事と同じ様に注意をしてタブレット端末を大切に扱う事で良好な関係性が維持できますが、そもそも相手の事をちゃんと理解してお互い協力しなくちゃだめ!!まずは相手であるタブレット端末の事を理解するときっと良い事があり異常を感じたときのヒントになるかもしれません。

タブレット端末は重量があり画面が大きい


iPadやタブレットに充電ケーブルであるLightning(ライトニング)ケーブルを接続して充電するのが当たり前でいつも気軽に接続して充電をしていますが、iPhoneやスマホと同じ様に扱うのが一番壊れてしまう原因になるのです。本体が重たくて大きいので充電口とケーブルを接続している端子に負担がかかり「充電出来なくなる」、「充電ケーブルの先端が中で折れて取れなくなる」、「気がついたら数日充電し続けていた」というケースがあります。電化製品やスマホは充電し続けてつなげっぱなしにしていると、ずっと電力を送り続けて充電する給電作業が続けられてしまいます。人間で言えばお腹いっぱいなのにずっとご飯を食べさせられている事と同じ様な状態になりますのでタブレット本体に以上が発生します。お腹が一杯になったら運動する、お墓が減ったらご飯を食べるを常に定期的に繰り返してサイクルリズムのバランスが人間と同じ様に大切になりますので充電ケーブルに接続しながら使い続けたり充電口に負担を与える様に持ったり起こしあげたりを繰り返すとすぐに壊れてしまいます。スマホは毎日充電ケーブルからはずしたり常に消費したりする用途がありますので、電池が無くなったら自然と充電している事が多いと思います。スマホをあまり使わない、おばあちゃんなどはケーブルに接続し続けていて充電し続けてしまい iPhone 13 Pro が2ヶ月〜6ヶ月で壊れるなど実際に発生していますのでつなげっぱなしは避ける必要があり、可能な限りは注意しなればいけません。

ディスプレイが大きくバッテリーと電源に負荷がかかり続ける


iPadやタブレットが充電出来ない場合には上記で説明した通り「充電口の中の端子に負荷」がかかりピンが一本だけへこんでいる事がありそれをちょこっと直すと完璧に直る事が良くあります。だから修理屋さんに注文する場合には信頼できる修理技術とお客様に安さをお届けする事を目指す人に修理を注文して欲しいと考えています。ディスプレイから光が放出されて大きなバッテリーから電力が出力されていますのでコンピューター基板に負担がかかります。iPadはiPhoneと比較すると6倍以上ほど大きさがあります。充電するにしてもiPadは比較的に長時間を待たなければいけませんが、人間で例えるとオニギリを3個も食べればお腹がふくれますが、人間が6倍ほど大きくなるというと8mの身長の巨人になりますがおにぎりを食べるとすれば長い時間もかかりますしチマチマ食べなければいけませんし大変な作業です。ご飯を食べるという作業だけでもスマホとタブレットを比較するだけで大きな違いがあるのです。人間で例えていますが、それは人生に大きく影響する事でiPhoneとiPadは充電器のACコンセントアダプターが別物になっています。これはその対策であって、それよりも気がつかなければいけないのは「スマホと同じ様に普通に使ってはいけない」という考えてみれば当たり前だった利用ユーザーが忘れていた盲点(生理的な暗点)にあります。ロジックボードの電源ICチップの交換が必要であるや充電口の交換修理が必要な場合には基本的には申し訳ありませんが利用ユーザーの使い方が原因である場合がほとんどです。私も使い方が悪いので落としたり曲げたりなどiPadやタブレットを壊してしまうタイプです。

少しの衝撃で全体に影響があり壊れやすい


スマホは落下させると軽量であり転がる性質があります。衝撃が大気中の空間に逃げて減速するので意外と壊れにくい場合がありますが、iPadは上から下に落とすと重量が重く衝撃が端末本体にダメージとして伝わりますのでガラスが割れやすいや起動しなくなる故障をする場合が多いです。iPhoneとiPadでは階段の上から下まで転げ落とした場合にはiPadの方が壊れにくいです。これはタブレットが大きさがあり回転して階段の下まで転がらないからです。状況によるという事ですが単純に1m上から床面に真っ直ぐに落下させるという場合ではタブレット端末はスマホと比較して故障しやすいです。持ち運ぶ場合を作ることを控えて室内で安定した場所で一定の場所において使用する様に少しだけ注意して大切にしてあげると長持ちする秘訣になるのではないかと思います。

使えなくなると動画視聴や調べ物が出来なくなるので、無理にわざわざタブレット端末を外出先や飲みの席に持ち運ぶのは良くありません。スマホと比較して持っていなくても困りはしないはずです。無理に持ち運び破損させるリスクを回避する必要も時として考えてあげるべきだと思います。

これは個人的な主観的で無作為にBLOGとして記載していますのであまりに深く考えすぎないでください。スマホ・タブレットの使い方は自然に使って自然に充電して普通にしていただくのが一番です。普通という考え方は人それぞれ異なります。常識や一般的であるという概念は育ち方や金銭的な感覚など地域や精神状態など様々な事が影響して人間は機械ではありませんので夢を叶える事ができたり目標を大きく更新したり時には失敗して大切な物を失ってしまったり事故にあったり500万円を失ったりなど、人により人生はみんなが同じで均一ではありません。スマホやタブレットの形状や重さなど充電口の汚れや負担に対して少し考えて満充電の時にはテーブルに置いて休憩させてあげるなど可愛いペットの様に考えて接すると長持ちして経済的に助かると思います。

お問い合わせ地図

修理料金表の一覧

買取査定フォーム

APPLEMAC通販

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA