営業日報

スマホ・タブレット・パソコン・Windows・ガラケー携帯電話・ゲーム機など様々な電子機器の修理や買取!なんでも買取や修理はお気軽にご相談ください!

iPod Classic が壊れてしまった。HDDが丸の斜線マークの禁止マークになり認識しない、イヤホンが片耳聞こえない。電池が無くて起動できない早く無くなる。車で備え付けで放置して置いているのでバッテリーの持ちは気にしないなどiPod Classicについては様々な失敗と成功についてお客様からお話をお伺いし、本日は短い文章ですが10年以上のお話氏を聞いた最後のiPod Classicのまとめ記事をお伝えしたいと思います。

修理は安くしたい。160GBの容量を維持したい。

修理をご注文いただくお客様の半数以上のご要望はまずこの2点です。

160GBで同じ容量ほどで安く低価格で壊れてしまったiPod Classic SSD化にて修理をしてほしい。

iPod Classicの中に音源として.mp3ファイルの拡張子にて音楽を保存していませんか?

iPod Classicは単に音楽を再生するプレイヤーとして使っているだけではもったいない。だったらiPhoneなど音楽再生させれば良い。

WAV形式で保存して迫力ある音楽を再生しなければいけないのです。

軽量化されたSSDにし故障修理と合わせてまたは1TBの1000GBに増設修理を注文するお店に音楽が好きなでiPod Classicを直したいのか?単に再生プレイヤーとして使いたいだけであるのか?車で使うだけの用途なので別にバッテリーは交換する必要が無く経費が4,000円ほど下がるならそちらでお願いしたいのか?詳しいお店に相談した方が良いです。

mp3は様々なデバイスやプレイヤーに対応した万能で、軽量に圧縮され周波数の大きな損失と高い音声にとっかした音が割れない高品質の音を再生するための音楽フォーマットファイルになります。

それら音楽ファイルの特性を含めてお客様それぞれにとって何が必要で勿体ない、漏らしている状態であるのか?本日は30個のiPod Classicの大容量バッテリーを仕入れしました。

当店は音楽関係で映像制作関係でクリエイティブで大学の先生や化学研究所のお方もしたしんでご注文やご相談をいただく謎に便利な小さなお店です。

私個人的には趣味や音楽など映像制作はお仕事で触れるほどの程度では、とくに詳しくはありません。

WAVというのは人の耳では聞こえない部分らしいのですが、音楽編集ソフトをかいして聞いてみると波形に違い、奥行きが違う部分はあります。

今のiTunesでダウンロードできる音質はmp3で販売されていて256bitになります。WAVは1411bitでデータ量では5倍ほどの品質の違いがあり、データがはぶかれているといえます。数年前にクラブハウスでDJプレイして実験しました。WAVとmp3を10回かける比較を実施した事がありましたがその場にいた全員がその違いを分かることはありませんでした。

それだけmp3の圧縮の品質は高いということで目でみると波形が実際に違いがあります。

好きなのはお客様とお話しがいつもできて、ご相談にお答えすることができる、いつでも友達のようなお店であることですので、あまり音楽など詳しくないです。聞いた事を理解して吸収する能力があるのかもしれましれません。ご相談に応じることができる無理が効くお店となっておりますo(^▽^)o❤️

音楽好きiPod Classic SSD 1TB 2万円修理理由とWAV1
音楽好きiPod Classic SSD 1TB 2万円修理理由とWAV1

iPod Classicのバッテリー交換修理をご注文いただく場合には5,000円から7,000円など頂戴させていただく場合がほとんどです。SSDに増設し大容量のバッテリを取り付けするとSSDを導入するための12,000円などの追加料金はありますがバッテリー交換修理はほぼ同じ価格です。

WAVファイルは音質が良く大容量データになりますのでmp3と比較して半分などしか曲が入らないことがあげられます。WAVはmp3よりも10倍ほどデータ量がありますのでmp3では100GBで足りていた音楽データファイルがWAVの場合には1TB無いと同じ曲数が入らないのです。

mp3がどれほど便利で効率的か分かりますがWAVデータで音楽が聞きたいお方も多くいらっしゃします。本格的なイヤホンやヘッドフォンなど利用していると違いが感じられる場合もあるそうで人により感じやすい、感じにくいとあるそうですが、実際のところではどうなのか?もう一つのWAVデータの音質が良く聞こえる理由としてWAVデータにしたから、なんとなくイメージでと実際にWAVデータにしたという印象や錯覚など車内であるや場所による変化など体調や気分が高揚しているなど心と体の問題がほとんどでは無いかとも思えます。それは音質について理解する事ができない人が言うことであり私たちには音質の違いが分かると言う場合もありますし常にその場所でその人に実験しているわけではありませんのでこの箇所については個人的には良く分かりません。

SSD 1TBにカスタマイズしてSDカード256GBを4枚挿入する、さらについでにバッテリー交換をするなら大容量バージョンに変更してもほぼ同じ料金になりますのでご注文をいただく場合には21,000円〜25,000円などになる場合が多くございますので料金ついてや納期については必ずその場でご確認をお願いしておりますおよその料金の感覚のみご参考ください。ゴールドバックパネルにして画面側も新品で別の綺麗なゴールドカラーに変更すると35,000円ほどになるかと思います。バッテリー交換単品は8,800円ほどで取り替え交換修理をご予約無しで現在のところはお受付させていただいております。

ご注文の際にはご説明できますので今日はこの辺りで終わりにしますo(^▽^)oパーツは各種お店に基本的にありますのですぐに??1-10日ほどではご提供できるはずですので詳しくはお問い合わせの段階でご確認など料金についてご相談ください。音楽が好きや制作をしているお方などのお役に立てるデジタルショップとなっております。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。