営業日報

スマホ・タブレット・パソコン・Windows・ガラケー携帯電話・ゲーム機など様々な電子機器の修理や買取!なんでも買取や修理はお気軽にご相談ください!

街の修理屋さんに画面交換修理を頼んで失敗したことに気が付かないポイントTrue Tone機能をしらないあいだに失っていた。True Tone消えた、、ってなっているから街の修理屋さんで画面交換した覚えはないでしょうか?Apple公式修理ではしっかりとそちらも合わせて復元されて画面交換されていることかと思いますが、街の修理屋ではしっかりと画面交換をしたあとに復元の設定をしないといけません。

iPhone FaceIDの修復やバッテリー読み書きをする修理をする際には修理屋さんが必ず必須になる機材です。

正直True Tone機能にこだわってiPhoneを購入した方とお話したことはないので元々あった機能を失っていることに気が付きづらいかとは思いますが”修理する交換交換する”という単純なことだけではなく”割れていなかった前の状態になるべく元に戻す”のが本当の修理交換なのではないかなと日々研究中です。

正直少し手間のかかることですしめんどくさいかめんどくさくないかでいったらめんどくさいと思われがちな内容ではありますが、そこまで手をかけることによって安心してこの店に預けなきゃ良かったなんてことを言われずに済むかと思います。

代理での購入販売も可能ですがお取り寄せのお時間に2-4週間前払いでのお取扱、使い方に関しては自分でお調べいただきやり方について理解できるよう自分で頑張れる方のみの販売になります。

JailbreakやCydiaに関してもそうですが画面のシステムや基盤のシステムに書き込みする作業はちゃんと調べたり時間を費やして理解しないとやる度に覚えなくていなくて調べていたら無駄な時間を費やします。

WindowsがないMacをもってないパソコンがないと言い訳をしていてもしょうがないですので”お金を払って人任せにする”ことと”自分で投資してのちにお金を取り戻す”のと2択でしかありませんので頑張りたくないのであればやりたいと思うべきではない生半可な気持ちでやるとイライラできなくて八つ当たりするだけになってしまいますので出来ないことをできるように努力するかできないから開き直って可愛く素直にお願いしちゃうかというのは意外と大切な選択の分かれ道かと思います。

iPhone8以降の機種にはTrue Tone機能(周囲の明るさを認識して、自動的に画面の明るさを調整してくれる機能でテレビにも似たような明るさの調整機能があるのをご存知の方もいらっしゃいますでしょうか?)が搭載されています。

冒頭でもお伝えしていましたがApple公式ではない街のしがない修理屋さんに頼んで画面修理を行うとTrue Toneが機能しなくなってしまいます。設定画面を確認してもTrue Toneの設定が表示されません。急になくなってしまっておや?どこいった?となっている人は街の修理屋さんで修理したのが原因です。True Toneが無くなってしまうと今までの画面光度を再現出来ないため、お客様から「明るさがおかしい」とクレームを受けるケースもあるようですがそちらも復活しますとお約束してお預かりしている訳ではないかと思いますのでだからと言って訴えたり返金してもらったりなどは出来ないことが多いです。

この環境光センサー修復機能を復元するためには、JCシリーズの端末を使用してiPhoneの画面交換をしてもTrue Tone機能を引き継ぐ作業をしなければいけません。作業をしっかりとすることによりiPhoneの画面を接続するだけで、新しいiPhoneパネルでもTrue Toneが機能します。

何故新しい液晶画面に交換するだけではTrue Tone機能が復活しないのかといいますと、元々ついていた画面の光の調節機能はこのシリアルナンバーの液晶画面は私です。本体のシリアルナンバーの時だけちゃんと働きます!と信号を送りあっている時だけ機能する機能です。

バッテリー交換してエラー警告がでるのもそうなのですが、えっえっえっ?Appleじゃない子が転入してきたの?マジ?みたいな感じでちゃんと本体の基盤が急に家に知らない人がはいってきたー!とびっくりしてしまうと認識してもらえたらいいかと思います。

そうゆう招かざる客状態であるのを、今からこの子があなたと一緒に働いてくれますので安心してね。と液晶画面にも本体にも伝えることで分かりました。ちゃんと仲良くします。とTrueTone機能も忘れずにしっかりといつも通り働いてくれるようになります。

バッテリーや液晶画面を普通に交換してもパーツ自体のパフォーマンス的には何の問題もなく頑張って壊れるまで働いてはくれますが、システム的にはなんかずっとおかしい気がするねん。エラー警告だすねん。と違和感があると伝えて来てくれる賢いシステムを組み込みiPhone8以降我々街の修理屋さんにバトルを挑んできています。

店長はすぐに勝負にのって新しい機械を買ったり実験したりしていますのでこの店変なことやってんな。てか、YouTubeで編集もしてない映像流すとかなに?と”修理屋さん”にはTrue Toneがただ画面交換しただけでは復活しないことやバッテリー警告がでるのはよくないことであるといわれるのは困っちゃうかと思いますので反感をかったり悪いねを配信の度に再生回数を伸ばしてつけるというなんとも理に叶わない行動をわざわざしてくる方もいらっしゃいますが、お客様からすればこんなに時間かけてこうゆう作業をされて帰ってくるのかとみれるのとみれないのでは違うのではとおもっています。

高級カウンター寿司屋さんとまでは行きませんが、ちょうどいい料金の焼き場が見える焼き鳥やさんで焼いてるところ食べるのとコンビニの焼き鳥を食べるのはちょっと違った美味しさがあるようにヘンテコ修理ショップである雰囲気も含めてお店のことを好きになってくれればいいのではと思ってまた色々と新しい機種や機能や楽しそうな道具が出る度に実験してなるべく良いご依頼にそった修理作業と低価格ではあるが丁寧でまた来たくなる、紹介したくなる隠れた名店になれるようにみんなでわいわいと配信や修理作業をしていければいいなとおもっています。

修理のやり方を教えたりは出来ませんが、働きに来て学んで独立したいとの求人の応募であれば試用期間1ヶ月などあり向き不向きの判断もされてしまう可能性もありますがご相談にのりまずはバイトとしてアップルマックフレンズとして学び稼ぐことは出来ますのでぜひぜひご検討の上お問い合わせやLINEトークより働きたいことについて熱くわかりやすく語っていただけますと幸いです。

最初から絵文字や顔文字を使われたり勝手に面接に来る日を決めたりトリッキーな応募はすぐにお断りしますのでご注意ください😂💭

パーツの販売や工具の販売もご相談にのれますのでそちらも何時でもお気軽にご依頼ご相談ください。

お問い合わせ地図

修理料金表の一覧

買取査定フォーム

APPLEMAC通販

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。