営業日報

iPhone・iPad・iPodtouch・Xiaomi・ASUS・Windows・iMac・MascBook・ガラケー携帯電話・ゲーム機など様々な電子機器の修理や買取をご提供させていただいております。安く便利に高い技術修理を目指し続け、いつでもご期待通りの信頼される買取査定価格をご提供させていただきます!

いつもご利用いただいてる方、ブログご覧になっている方ありがとうございます。今回は自分自身のMacbookが突然リンゴループになってしまったのでそのお話をさせていただきます。
ご来店いただく方やお電話いただく方でもこの暑い時期に多いのが、昨日まで何もなかったのにいきなり電源がつかなくなったというお話をよく聞きます。

自分の場合は、4年前に中古の Macbook Pro 2012 を購入して年数もかなり経っていたので、とうとう来たかという感じでした。そういったお悩みを抱えた方の参考になればと思います。

朝目覚めてパソコンをつけようと思い、スリープ状態で閉じていたMacが開いてもスリープ解除にならない状態で、画面は真っ暗の状態、ファンが全開で送風していました。
背面も熱々の状態なので一度電源長押しでシャットダウンしてもう一度電源をつけてもリンゴの下のメーターが上がっていく最中に真っ白になって落ちる、またリンゴが出てきての繰り返し、、
いわゆるリンゴループに陥ってしまいました。一般的にネットに出てくる解決方法として Pramリセット、SMCリセットを試しましたが、症状は変わりません。
どの部分に異常があるか探すため、Apple HardWare Testを試しました。これで診断をすると、どの部分が悪いかというエラーコードが出てきます。そのコードを打ち込んでネットで調べると、エラーの内容が表示されます。
(例えば、SSDに異常がある、メモリに異常がある等)自分の場合は、HDDの部分の温度感知のセンサーが感知できないため、ファンが全開になるロジックボードのエラーとのことでした。
ネットでも同じ症状の方の記事が上がっており、アップルサポートへ連絡して修理、マザーボードの交換で7〜8万かかるとのことで、修理代が高いのでこれを機に新しいMacbookを買うという結末でした。

ここまでのエラーでしたら、個人で使われてる方は修理に出すしか選択肢がないと思いますが、その修理代が高額で預かる期間も2週間を越えてくると常日頃Macbookを使われる方は大変お困りになると思います。
アップルマックに出勤してまずしたことは、ファンの部分の異常とHDDケーブルの不具合を疑い、交換して動作確認をしましたが、症状変わらず。
同じ症状はGPUに異常があることも多いので、GPU部分をリブローをした所、問題なくリンゴマークのメーターも進みPCが起動するようになりました。
パーツ交換はせずに、GPU部分だけに少し異常があった状態です。ここの修理だけで済む所を、Appleはマザーボードの交換に踏み切ってしまうので修理代が高額になってしまうんですね。

あとここでついたからといって油断していけない点が一つあります。パソコンのメモリなどを多く消費するソフトを使うと30分ぐらいで電源が勝手に落ちてしまう、そこからまたリンゴループという最悪のループになってしまうこともあります。
その場合はリブローの度合いが甘いので、もう一度GPUにリブローを施します。当店ではMacに負荷をかけるソフトを起動して3時間以上動作すれば、一般的に利用する分には大丈夫であろうという判断をします。
その為、お預けのMacにメモリ負荷をかける為、お客様の方で問題ない場合は、動作確認のためにパスワードもお伺いしております。
(起動のログインの画面では負荷がかからない為、何時間起動していても問題ないが、いざ使っている時にすぐ落ちてしまうとまたご来店、郵送の必要があり二度手間になってしまうので動作確認も含めてオススメしております!)

この作業の当店の料金は、25000円になります。
年式、型番によってもご案内する作業時間が変わるので料金も変動しますが、この型番だとこの料金になります。
皆様のパソコンが故障した際の選択肢の中に、アップルマック神戸店が入るよう、LINEトーク、ご来店でお話お伺いいたしますのでよろしくお願いします。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。