営業日報

スマホ・タブレット・パソコン・Windows・ガラケー携帯電話・ゲーム機など様々な電子機器の修理や買取!なんでも買取や修理はお気軽にご相談ください!

バッテリー交換修理の表示が出ていたのにも関わらず放っておいてしまってバッテリーが膨張してきてしまっているため、トラックパッド(マウス)が効かない押しづらないなどの症状が出てきてしまっているなどの方が今年は多く修理にお出しいただいております。

昨年はGPUの不良によるGPUのチップのリボールが多くご依頼いただいていたような印象ではありまりましたが今年は2018年から前の製品のバッテリー膨張による交換修理ご依頼が多くバッテリー膨張してから交換修理をご依頼いただくことが多く無事配送されてきてよかった、、、などと思うような事がしばしばある程にものすごくパンパンな状態でお店に郵送されてきたりお持ち込みいただくことが多く穴が空いてしまったりなどすると煙がでて燃えてしまったりなどめちゃくちゃ危険ですので以下の2つ目の写真のような表示が出ているなと思ったら修理交換に出していただきたく思います。

MacBookPro2012バッテリー交換修理の表示1
MacBookPro2012バッテリー交換修理の表示2
MacBookPro2012バッテリー交換修理の表示3

バッテリー交換するとトラックパッドの押しずらいのが改善されたりしますし、バッテリー交換の表示が以下の写真のように消えたりなどまた3-4年さらにもう少し長くなど使えるように延命していけますので納得のいく機能のついた機種が出た自分のタイミングで買い替えできるほどに買い替えまで長持ちしてくれるのでは?と思いますので1度交換して新作が出るまで様子を見るというのもオススメでございます。

MacBookPro2012バッテリー交換修理の表示4

MacBook各種バッテリー交換料金

バッテリー交換の料金も少しばかりですがお値下げしておりますので自分の機種がなんなのかわからない場合は裏蓋にあるシリアルナンバーをみて、”apple”シリアルナンバー”などで調べて自分の機種がMacBookの何年製で何インチであるかを知ることができますので機械が苦手でも頑張って調べてみることが修理のご依頼をスムーズに行うための秘策かと思います。

起動できる電源がつく場合は左上のリンゴマークからこのマックについてからこの機種がなんという機種で何年製のもので何インチなのか分かるかと思いますのでまずは交換修理の料金を知るために自分の機種が一体なんなのか改めてご確認ください。

バッテリー膨張修理はあまり素人様が修理するのをオススメしづらい、バッテリーの修理交換の剥がす際などにバッテリーに穴が空いてしまったりなどして火傷や家事などに繋がる可能性がありますのでできれば専門のショップにお出しいただくことが必要かと思います。

なかなか簡単そうに見えて膨張しているバッテリーを傷つけず取り外すのが難しく、なれていてもそーっと緊張感をもってやらないと危ないですので自分でやってみたい方はバッテリー交換修理の表示が出たタイミングで膨張していないときにやるのが良いかと思います。

バッテリーの交換用のバッテリーは各種以下のApplemac通販でも購入することが出来ます。

普通のプラスネジなどではなく星型のネジだったりするためご購入のタイミングで特殊な形のドライバーをお持ちでない方はドライバーセットの購入もおすすめいたします。

ヒートガンの代用はドライヤーでもできなくはないかな、、とは思いますが持ちやすかったり手首が楽だったりなどしますので自分で修理する事に興味があれば買って置いた方が良い1品のランキング5位以内にはいるものですのでケチらず揃えてしまうのがおすすめです。

修理動画を見て修理して失敗したよ、、との声もまれにお伺い致しますのでご自分で修理する際には緊張感を常に持ちつつ口に出しながら修理作業すると上手くいくかと思いますのでご参考までに\(^o^)/

お問い合わせ地図

修理料金表の一覧

買取査定フォーム

APPLEMAC通販

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。