営業日報

iPhone・iPad・iPodtouch・Xiaomi・ASUS・Windows・iMac・MascBook・ガラケー携帯電話・ゲーム機など様々な電子機器の修理や買取をご提供させていただいております。安く便利に高い技術修理を目指し続け、いつでもご期待通りの信頼される買取査定価格をご提供させていただきます!

現在、DJI Mavic 2 Pro 海水水没の端末を修理中です!

修理内容は、モーターアームが回転せずバッテリー異常や赤ランプ点滅など海水に1時間ほど水没してしまったとのことで、エラー内容がすべて表示され図、映像と送信機がリンクしていませんしほぼ通電しておりません。

分解して開けてみると、中は写真の通り塩水が乾いて真っ白になってしまっていました。
端子部分は錆びて折れてしまっていたり、焦げてしまって電気が通りません。
これを洗浄し、修復していきたいと思います。

DJI Mavic 2 Pro ドローンカメラ・アーム海水水没エラー修理1
DJI Mavic 2 Pro ドローンカメラ・アーム海水水没エラー修理2

修復できるものもあれば、修復不可なものもあります。私どもの力不足で申し訳ございませんが、やむなく修理不可でご返却させていただく場合もございます。
何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。
水没後の応急処置としては、まずは落ち着いて
ご自身で取り外せる部分はすべて取り外します。
SDカード、SIMカード、バッテリーパックなど
特にデータを保存しているSDカードに関しては、
水没によってデータは消えることはあまりないと思いますが、
通電してしまうと障害が発生する可能性があるので、可能な限りすぐに取り外した方がいいと思います。
水没して故障してしまう原因の多くは、
水に濡れた基盤に電気が通る事でショートする。
水に含まれた不純物から障害が起こる。
この2点だと思います。
なので海水などに水没してしまった場合は、
真水につけて一度不純物の混ざった水に浸かってしまった本体を綺麗に真水で洗浄(すすぐ)した方が治る確率が高い気がします。

真水につけて洗浄し、その後乾燥させます。
市販の乾燥材(シリカゲルなど)と一緒に、ジップロックに入れて1日以上乾燥させたり、天日干しだったり、生米と一緒にジップロックになんて方法もあるそうです。
すくなくとも半日は乾燥放置することをおすすめします。

DJI Mavic 2 Pro ドローンカメラ・アーム海水水没エラー修理3
DJI Mavic 2 Pro ドローンカメラ・アーム海水水没エラー修理4

APPLEMAC神戸店では、本体を分解し、基盤を特殊な超音波機械で錆びや不純物を取り除き、洗浄を行い、
端子の修復や、故障パーツの交換などを行い、修復を試みていきます。
顕微鏡で一つ一つ確認し、修復を試みます。
かなり繊細な作業となります。

海外からパーツの仕入れを行なっておりますので、
時節柄、パーツの到着が遅れる事が多く、お待ちいただくことになってしまっており、大変申し訳なく思っております。

1日でも早くお返しできるよう精一杯尽力してまいりますので、お急ぎのところ大変申し訳ございませんが、何卒ご容赦くださいますようお願い申し上げます。

今回の Mavic 2 Pro は、まだまだ作業途中で修復可否は分かりませんが
現在の見積もりとしましては、水没修理3万円、アーム3本の交換45,000円、カメラメインボードの交換25,000円、その他ケーブルの交換、端子の修復作業等で120,000円です。
Mavic シリーズの水没修理は、25,000円~となっております。製品モデルや損傷状況によって金額が異なります。

今回のケースはかなり損傷がひどいので、高額となっておりますが、
こういった場合内部を確認し、作業を行う前に高額になりますが修理続行されるかお客様にご確認させていただいております!
今回は修理続行をご希望とのことでしたので、毎日コツコツ修理作業を進めているところです!

もし水没してしまっても諦めてしまわれず、
一度APPLEMAC神戸店へご相談ください!
皆様にご満足いただけるよう誠心誠意尽くして参りたいと思います❤️

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。