営業日報

スマホ・タブレット・パソコン・Windows・ガラケー携帯電話・ゲーム機などなんでも買取や修理はお気軽にご相談ください!

他人と会話する事ができるコミュニケーションSNSやインターネットが普及したにも関わらず、自分が求めている手に入れたいお金や自由などが数日で数ヶ月で短期間で、望んだ以上に手に入れることができない理由がある方に違和感があり、不思議に思います。

野球やバスケが上手くならないのと同じでネット通信を扱うとは得意と苦手があるのでしょうか?

Google Pixcel のスマホの注文依頼を爆発的に増やして事業の大きな一つにしたいと考え始めたのは、YouTubeで無料でコマーシャルすることができGoogleはAndroid OSシステムの開発のみをしたのですが、Appleが自社でCPUもGPUもハードウェアを開発し初めた事でGoogleも競争しなければいけませんからGoogle Pixcelハードウェア開発の取り扱いの開始をしたことが私達スマホを調べている人の考えや働き方を揺り動かしました。

Apple製品スマートフォンにApple製品のCPUが取り付けられて、Apple製品のFinal Cutアプリで映像制作作業をすると、とても軽快にシステムと操作性とがベストマッチしますのでMacBookでiPadでもiPhoneでも非常に作業がし易いので売り上げをすぐに作ることができますから、そう感じ取ってApple製品で動画を編集したりテロップ編集をして簡単に毎月7万円や30万円を副業として稼いでいる人も沢山います。

Google Pixcel 6a/7a ディスプレイ画面交換は純正品しか修理できない
Google Pixcel 6a/7a ディスプレイ画面交換は純正品しか修理できない

Googleの強みはGoogle検索とYoTubeで無料で自社の広告ができる利点は「日本人が買わざるを得ない状況」を自然と作り出してしまっているという最大の脅威的な立場です。

私たち利用者ユーザーや個人は、知識や情報はそう簡単には直ぐには手に入れることができませんが、Googleは人が困っている事を解決させる事ができるインターネット通信を利用して情報を無料公開しました。

いつか有料になり搾取されたり騙されたりする事も多いだろうなと小学6年生や中学1年生の私はうすうすは感じていました。

根本的に新しい事を自分で考えて開発するイノベーションが第一先駆者を成功に導きます。

誰かの真似事も利益は生み出しますが、あらがう事ができないまで驚異的な立場や存在となる事はとても難しくなります。

闇のブローカーやフリーランスがいつまでも「新しい真似事を見つける努力」から抜け出せない。月収20万円〜30万円程度でしかならないのが永遠と続いて苦しむ理由はイノベーションをするまで社会を見渡す事ができていない価値観や世界視野の狭さにあるのではないかと感じます。

そうは言っても生活も今の働き方スタイルも気に入っているし挑戦したり新しい事を導入すると生活が変化したりインドに行ったりフランスに行ったりすると家族もいるし、混乱した人生になる可能性もありますので、あまりにも無理をする事は避けなければいけないとなるとどうしても行動範囲は狭くなりますし現実問題で不利に働きます。

私は全くそうは思いませんが。間違っていると分かっていても今の不合理から抜け出せない考えに至るケースも多く、自分にはどうせ無理だと思考が停止してしまうような「大きな高い壁にぶつかり越えられない」のは乗り越えようとしないからです。

理由づけは色々あると思いますが、疲れるし、めんどくさいし、楽しく遊びたいからもあるはずです。

頑張らない考えるのを止める事こそが、今一番正しい答えだと感じて諦めるに達する事も人によりそれぞれ無理して考えるとパンクしてしまったり不安になりますので、結論では時には必要です。

満足がいく生活が続くと人は行動しなくなります。空調が整い食べ物も充実して、家庭環境も良くて車も冷蔵庫も良いものを持っていて、仕事も遊びもなかなか丁度良いと幸せになると何も考える必要がありませんし、今以上に強くなる必要性が無いと考えるのも個人の自由ですから価値観がそれぞれ違います。

私たちのお店には10社や20店舗など様々な無関係でもありまったく私生活も仕事も関係の無い、同じパソコンや電子機器の職種であるお友達の人達がみんなが協力して「自分にも社会で何かできる事はないか?」いつも考えて生活して仕事をしている人達からの連絡があり店長さんなどが多少は集まっています。

毎月300万や1000万円などを売上として稼ぐことができる(純利益は80万円から)ごく一部の頑張って成果を体現しているような結果を残す事が実際に実現できている人以上は気軽に連絡をしてくれます。

あまり事業に成功していないや、成功させるつもりがない人も勘違いして連絡をしてくれますが、現実社会で無理な事は沢山あると勝手な常識を抱いていている方が、すぐに弱音を吐いたり、自分が嫌いなワードセンスを聞くと怒るや攻撃してくる人もいます。

人は間違いますし色々な人がいますので合う合わないがあると考えるにつきますが、ある程度は反省して考えてどうすべきか頭に入れておきます。

教えてくれた事は、無視したり考えるのをやめるような事はしないほうが良いです。

他人からのアドバイスは、逃げる物では無くインストールして吸収して噛み砕いて理解して感謝をして手に入れる物です。

失敗をしてしまったり問題を解決させるための思考回路が正常に働いておらず間違った方法で作業を繰り返し進めてしまう冷静さに欠けてしまう事もありますし、自分の思った通りに簡単に作業を進展させて完了させる事もできる時もありますが、あまりに疲れていたり自分を見失いがちになるのが独りで孤独にアドバイスをもらえない状態で自分に酔いしれて無作為な「考えるのやめた」作業を時のほとんどが無駄で無意味な作業を繰り返してしまいます。

現代社会には選択肢が多すぎる事が今の若い人や私たちにとって大きな悩みの種になり、機材が少ないや工具が存在しない江戸時代などの時代では、できない事が多い方が限られた事しかできませんので諦めて別の方法を選ぶ事ができるので、そこで掴んだものを次に活かしたりできる思考がすぐに見つかります。

多分ですがお互いに努力したり苦労しているのが写真を見たり動画を見たりすると簡単にすぐに分かるのでしょう。

会話したり遅刻したりミスしたり体調が悪そうだったり、仕事をわざと手作業をトロトロしていたり、上司が見ていないとサボりがちでノロノロ歩いていたり。

結局は自分の都合だけが優先してる働き方や生き方と言うのは、金属バットを持ってバイクにノーヘルで乗って騒いでいるヤンキーの様に仲間内では考えられてしまいます。

それは付き合いたくない人だと感じますし、迷惑なやつだなと思わざるを得ません。

お店で取り扱う機種が増える際にマニュアルを用意しないとできる訳がないと言うや、就職面接時にGoogle機種を作業するなんて聞いていないと訴え出る人を見た事があります。

Googleピクセルの端末を新規導入するケースがある場合には納得してもらえるための社内教育がその会社ではできておらず、おサボり屋さんを説得するために露骨に売り上げが低迷している現状を認識させるのに労力を使ったことがあります。

会社が赤字かどうかなんてのはアルバイトや社員で働く人には関係無いと考えている人が実際にいます。

連休の日数が重要で働く時間に可能な限りぬるま湯に浸かっている様になるべく何もしないでテーブルに座っていたいだけの人が非常に多く増えました。口でサボりたいと発しなければ態度や成果でサボっているのは問題無いと考えているようです。

仕事にはまだ自分なりに慣れてない、まだ得意じゃ無いから、だってまだ20歳だし30歳だから問題ないでしょ?という仕事に後ろ向きな今も来年も楽をしていたいという気持ちや思想がある人が多いのですが、実際にはやる事やって楽しくゆっくり仕事しないと、かえって疲れますし怒られてばかりになるのを知らないのでしょう。

月末に給料が振込れた瞬間から、1ヶ月仕事に出勤せず休んでしまっては来月の月末は何も収入が無いのと同じです。

確かに出勤だけしていれば給料は貰えるかもしれませんが、それはノルマを達成して会社の指示を全てこなしてこそ貰える、やる事を確実にしないと貰えない給料です。

マニュアル通りに作業ができないまたは、努力したり成長するために技術力を鍛え続ける事ができなければ、すぐに仕事を失いますので来月の給料は貰えないのです。

20万円のお金を貰うためには60万円は売り上げを稼がないと貰えないのです。

Google Pixcel機種の修理を取り扱いするかどうかすら以前に、自営業者であれば戦略と戦闘方法を考えて実際に作業を進めて、働きあげる勤めあげる意思を後回しにせず固めないといけません。

体力や知力を使って自分の脳力を発揮するのが労働です。

少しでもサボろうと考えたりおしゃべりを楽しむ努力をする事は休憩や遊びに来たというのです。

時間を切り売りして、社会で働くや生きるのが嫌なら山奥で自家栽培するやアマゾンやアフリカの原住民とお金にこだわらない自然で生きて住まえば素敵な生活ができます。

2020年10月に発売された Google Pixcel 4a / Google Pixcel 4XL から日本では特にGoogleスマホが売れ出し修理依頼や中古販売も多くなりました。

パソコン屋さんやアプリ開発の会社などデジタルやデザインの会社の人は、そのほとんどが時代の進化に常に追従した働き方をしないといけません。

Google Pixcel 6a / Google Pixcel 7a のディスプレイ画面の取り替え交換修理をご注文いただいたのは、同じスマホ屋さんの同業者さんです。

路面店で営業している人もいますが、私たちのお店に連絡を頂ける人は基本的に多いのはカバーケース屋さんや買取の転売ヤーさんや、個人でパソコンやスマホの専門家の作業をされているお方が実際には多いです。

普通を求めて当たり前の生活をしたいと思って人生の時間を使っている人が少ないとも言えますが、事なかれ主義というかキレイごとの典型になりたくないという生き方をしている、うわべだけの働き方をしている人は問題を起こしたりするのが怖くて卑屈になっています。

新しい事に挑戦する事も、知らない事を見つける勇気も・・・。無いのは誰からも知られることが無い深く暗い奥底の穴の中にいて、一人で死んでいるのと同じです。

どうして大人になったら、好奇心を捨てなければいけない風潮になったのですか?大人だからこそ無鉄砲に失敗したりお金を使って工具を買ったり機材が買えるから面白いはずなのではありませんか?自分の中での生活甘えているなじんでいる

でも、どうしても自分の生活が苦しくて何をしたら良いのか分からない人生にさいなまされてしまう事も人としておおかたはある現象です。私も過去にはその場しのぎで早く逃げたいとか考えていました、

過去の昭和の電子機器からポケベルが発売されて携帯電話PHSが発売された歴史から、現代社会でどんな新しいAR/VRゴーグルが社会を変えていくのか拡張現実で犯罪や被害が発生する事もすでに予想されています。

まだ分からないことを過去の資料・日本の社会の実績から導き出し、足を踏み間違えないように生きていかなければ自分だけが損するばかりか周囲にも会社にも迷惑をかけます。

時代と進化と未来に向かって予想できる知的好奇心を抱いて明るい世界に向かって進むのが、本当の正しいスマホ屋さんだと思います。

逃げたり隠れたりやってるふりをしても損するだけ。時間の無駄は人生の無駄でかつお金がダラダラ流れて失う原因にもなります。

お金を欲しがるのでは無くて、楽しい働き方を探すと良いはずです。

お問い合わせ地図

修理料金表の一覧

買取査定フォーム

APPLEMAC通販

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA