営業日報

スマホ・タブレット・パソコン・Windows・ガラケー携帯電話・ゲーム機などなんでも買取や修理はお気軽にご相談ください!

Appleサポートに修理依頼する前に個人や専門家もApple社から無償提供されている修理マニュアルページを活用すれば、システムの更新で問題を改善させる事ができるのか?

どの様な確認手順でトラブルシューティングし適切な確認方法を最短で理解する事ができるのか?

ハードウェアを分解する事ができるのであればコンポネートであるパーツ部品交換で端末が直せるのか?

スピーカーが壊れているから、リンゴマークフリーズしていたりする原因を特定したりできる可能性が増えます。

基本的には分解と組み立てが可能な一部の担当者のみが扱い、問題があるかどうかを判断するのに役立ちます。

iOS 17 iPhone Hardware Diagnostic Mode For Free


Apple公式修理マニュアルページ

Apple公式のマニュアルは海外VPN等からアクセスする必要があります。プライベートブラウズ機能では国地域は回線経由している場所からのアクセスを記録しますので確認することができません。

今回の内容では必要はありませんがiOSシステムや修理についてなど詳しく確認された方は、事前にAppleデベロッパーアカウントの取得もしている必要があります。修理の専門家には不必要な説明書です。基本的に頭に入っていますし、修理をマニュアルかされ解説されても実際に費用対効果や作業時間には限界がありマニュアルを確認して理解できても手作業のケーブル抜き差しや圧力や接客応対なども実務には含まれますので、初心者や知的好奇心を満たす際には非常に有効です。

時には専門家ですら分からない理解したくても経験が無いやiPhoneデバイスにもどんなスマホやタブレットにも利用年数が長いほど中古バイクや車両と同じで個性が生まれてクセや違いがありますので、ハードウェア診断マニュアルは価値観を正してくれる、迷ったり間違った見識を考えてしまう愚かな自分自身を顕著に思い出させてくれる風邪薬や腹痛薬の様に緊急事態の際に手助けしてくれる処方箋であると私は認識しています。

忘れないでください。Appleは顧客からお金を巻き上げるためにはあらゆる手段で精神的にも肉体的にも自然と商品を買わせるために努力しています。

それは明らかにわざと壊れてしまう私たちの無知でもうまいな状況を喜んでいます。

無知蒙昧(むちもうまい/知恵や知識がなく、ものごとね理屈や道理を知らない「蒙昧」は、蒙(もう/幼い者を示している、まだ道理にくらい子供)も昧(まい/うすぐらい夜明けや、あけぼの、暗くて影りはっきりしない、分からないから黙ってしまうさま、物事の道理に暗いこと)ですが、居酒屋さんもガールズバーさんもどんな仕事もお客様をはまらせてクセにして毎日来させる様に努力して何も悪い事はありません。

無知で無作為に無駄使いをしてしまうお客さんが悪いのです。

しかし、Appleは賢い利用者に対しては価値を提供してくれパソコンやスマホを使いこなす仕事で稼ごうとするや大切に端末を扱える人にとっても重要な役割を持ってお金もお友達も沢山の価値を生産してくれます。

使い方次第で考え方次第でiPhoneは損をする諸刃の剣にもなれば、人生を成功させるための勇者の剣にもなるのです。

お問い合わせ地図

修理料金表の一覧

買取査定フォーム

APPLEMAC通販

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA