営業日報

スマホ・タブレット・パソコン・Windows・ガラケー携帯電話・ゲーム機など様々な電子機器の修理や買取!なんでも買取や修理はお気軽にご相談ください!

iPhoneを分解しようとする最初の分解工程は充電口両脇にある星形ネジを取り外す事です。チタンで出て来ていたり素材の良いマグネシウムアルミニウム合金は素材の中でも軽量で比強度最大の合成金属(マグネシウム合金)ドライバーです。口径サイズが適合したドライバーであれば星形ネジナメらせて壊してしまう可能性はほぼ無く、ネットで安いiPhone画面パーツを買ったら無料で付いて来るドライバーで回転させ回し外す場合には慎重で丁寧な作業とドライバー先の先端が丸まっており星形ネジをナメらせてしまう可能性が多いので、お店としてプロとしては必ず合金ドライバーを利用するべきです。

Apple社にiPhone修理に出したら、修理不可能としてなぜか帰って来た端末のネジ山を確認してみると丸くなり取り外す事が困難な状態でした。

この場合は本来であれば、Appleサポートに電話してネジ山が破損させられ、修理工程上で壊されて帰ってきたとして対処してくれるか確認をする事も方法の一つですが、修理に出して修理不可能な理由がネジ山の破損であるとは気がつきにくい。結果的に当店に修理にお出しいただきショートキラーで加熱してネジをはずす方法もありますが「画面裏側を折る」星形ネジの取り外し方法を選択して作業を続けました。
【星形ネジとれない修理】iPhoneガラス画面割れバッテリー交換
OLED/液晶にダメージ負担がかかりますので画面が割れてしまう可能性が一部含まれます。千切って取り外しをすると画面に破片が残り別の場所と当たり画面に滲みが発生する様になるや千切った瞬間に衝撃で画面が破損する可能性があります。画面を壊さない様に丁寧に作業をする技術が完璧にあれば良いのですが時として破損させてしまう可能性も手作業では必ず発生します。それをキレイに取り外すためにお客様に対して「壊れても責任は負わない全てお客様の負担である」と修理屋さんとしては説明したい、説明してしまうがちですが、自信がある場合や経験があれば「壊さない様に作業するので大丈夫だと思うが壊れ場合には無料で別の物に変えます」と説明を事前にする事ができるプロ修理屋さんとしてお客様に何を提供する事ができるのか?修理にを注文するお客様は初めて修理を利用したりする時も多く作業をさせるに付いては基本的に「壊れている端末の修理」という事もあり保険や保証はありませんから、お店側にも壊れた場合にはお客様に責任を負担させてしまえる保険や保証があってはならないと思います。お互いにリスクがあって他人であるお互いを尊重し合える何があっても譲り合い平和に解決する事ができるギブアンドテイクが成立してHIPHOPなどでも大切な考え方の言葉の例えにされる、リスペクトをお互いし合うという事は実際に実行して行くべき大切な人間として気構えなのではないでしょうか。


バッテリー交換修理 iPhone XS 4,500円で本日現在は修理を提供していますが、星形ネジが破損しナメって破損している状態から画面を破損させない様になるべく作業を続けました。画面の内部の支えを千切ってわざと破損をさせて画面を起こしあげる分解をする様に作業をするのは最後の手段という事でネジ山をマイナス型棒の形状にリューターで削ってみて取り外す事が出来たら良かったのですが、完全に円形に丸くしてしまっていましたので、お客様にiPhone本体ボディーを痛めて傷つければマイナスの形にネジを整形する事ができるから、その方法で安全に他のパーツを壊さない様に分解を進めたい、などと会話していたり作業スタッフとして丁寧に説明をする事ができれば良かったかもしれません。音声上げ下げボリュームスイッチが固くて動作がほとんどしない様になっている事も受付時に的確に動作確認をして事前にお伝えしておけば良かったですしまさか他にも重大な故障箇所があるとは判断できていませんでしたのでこの後に大変な時間がかかりました。


結局は4,500円をいただき追加料金で2,000円などいただき電池・画面・ボリュームスイッチの修理を2〜3時間ほどでご提供しました。画面が割れてしまった事が一番痛恨の失敗でしたが、6,500円で2時間ではお店側としては価格が見合わない作業とはなりましたが、お客様は動画を撮影して何をしているのかしっかりと作業した内容は上記の動画で見て分かる通りに確認をする事が出来ましたので、最初の動作確認が悪かった、作業がヘタで悪かった、最終的に修理時間が長くなったという全てお店側の過失があったという事も分かり、ボリュームスイッチの調整や交換をする作業をする必要があり、その作業をして3時間などお待たせする必要があった事実は終始の手順は異常なまでに完璧に残す事が出来ていた点で最終的にはしっかりと直すために問題が色々発生した事が伝わりお客様を不安にさせるや信頼を大きく損なう事はありませんでした。最初から最後まで完璧に判断できない事も多くあります。そのために適切な状況判断と動作確認をして丁寧に時間をかけて作業をする事と、任された修理作業スタッフとしては、どこまで出来て?どこから出来ない範囲であるのか?

偉そうに出来る!出来る!大丈夫だよ!!簡単だよ!!とお客様に横柄に伝えるたり言うこともしない様にして、その逆に出来ないから何もしない出来ないと伝えるや、お客様に全てお金を負担させたり壊れた結果を全てお客様に負担させる事も結果的も同様に「どちらも信頼に欠ける」営業になりますので、何事もサービス業は言い方や対応の仕方でいくらでもお客様対応品質は変化しますので状況に応じた神対応が出来る様にiPhoneの画面修理やバッテリー交換修理は作業して終わりなだけでは無くて、もっと突き詰めて考えて売上を向上させる方法もあれば可能性があると最近は良く気がつく事が多いです。

お問い合わせ地図

修理料金表の一覧

買取査定フォーム

APPLEMAC通販

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA