営業日報

スマホ・タブレット・パソコン・Windows・ガラケー携帯電話・ゲーム機など様々な電子機器の修理や買取!なんでも買取や修理はお気軽にご相談ください!

いくつもXperia Z3 Tablet Comapctのデザイン違いや値段が違うバッテリーパーツがあり何をどの金額で購入する事が良いのか分かりませんでした。しつこく輸出国の販売業者さんにバッテリーの電解水の割合・比重や純正品とを比較したリチウムバッテリーの密度について質問してみると嫌そうに対応する人と、しっかり確認するので待ってくださいと返事がある人とで別れてきます。その質問をするまでに辿り着くまでにお互いにコミュニケーションをとり仕入れをして「本当に仕入れをするつもりがあるのか?」質問ばかりで無駄に時間を使わせてしまうことが無い様に10万円以上の取引を数回繰り返した後に、品質について質問をする事や商品の仕入れ品質を向上させる事ができますので、お互いに嫌な思いをしないためにはお金である程度の物事を判断する基準が成立します。お金を支払うというのは大変な事でデメリットでもありますが、お金で人を動かしたり仕入れパーツの品質について理解しているのか問いただす事が可能な場合がありますので知りたいことを理解するためにはメリットにする事もできます。

Xperia Z3 Tablet Comapct SGP612 バッテリーモデル型番:
LIS1569ERPC
修理料金11,000円
パーツ販売4,000円

修理料金やパーツ販売はお問い合わせ時にご確認ください。通販サイトの表記の通りに販売します。同じ型番モデルでもデザインが違うや重さが違う事がありましたのでタブレット端末のバッテリーにも良いものと悪いものがある事が分かりました。ルイビトンの鑑定やオメガの時計の買取をしていますので、偽物と本物の違いを見ることができるコツを少しは知っています。偽物か本物かが重要なポイントでは無く限りなく純正品に近いまたは純正品を仕入れして販売するために横流ししてくれている本物とはSONY社ではありませんから言えません互換製品です、純正品メーカーが製造した工場で生産された物で全く同じ物をそのまま海外で別会社から販売されて横流しされている闇市の様な状態を私は「本物の偽物/ダークパーツ」と呼んでいます。

非正規店である街にある修理屋さんは互換製品パーツで修理をします。必ず互換製品であると説明します。

ガラスや液晶やディスプレイが純正品である事は必ずありません。

Apple/Samsung/ASUS/Huaweiなど様々なメーカーさんにご迷惑をかけない様にお客様に勘違いさせない様に純正品という明記は利用するべきではありません。

メーカーであれば純正品で試験や取り扱い方法も法律に合わせて提供されます。それ以外の物は純正品では無いのです。「純正品ですか?」とお問い合わせでおうかがいする場合があります。なぜその様にご質問なされるのか察するにどの様なお客様であるのか?おおかたの予想で、品質を気にしてるが全然知らない人であるということを理解することができてしまいます。本当に純正品か修理用パーツの品質を理解して適切な非正規の修理用パーツの提供を受けたい場合に質問するべき事は画面の場合には「ハードタイプか?ソフトタイプか?」、バッテリー交換修理の場合には「バッテリーの無料交換の保障は1ヶ月は、期限があるか?」です。これについてはまた詳しくそれぞれ説明できる機会をBLOGなど動画でもうけてまいりたいと思います。

2014年11月7日に発売された Xperia Z3 Tablet Comapct 本体は動きも動作もとても良く優秀な端末としてまだ日本で多く使われているお方もいらっしゃいます。10年も年月が経過しているとバッテリー販売をする人も充電する管理と点検は毎年実施しなければいけません。保管環境を整えて管理整備する事はバッテリー販売屋さんとして当然で気にしていないと放電してしているクレームや交換など大変な騒ぎになる事もありますので当店は動画でお伝えしておりますがバッテリーの過充電と放電についても毎日みんなで楽しく充電して管理しています。直流安定化電源を買って毎日チェックすることが面倒な事だと思うかもしれませんが充電管理するコーナーを作ってしまえばタイマーの音も楽しんでいると自然会社のみんなでバッテリーを充電し始めるので面白いですよ!!あまり意味ないと思っている修理屋さんもいるはずです。これを全部のバッテリーにして管理すると修理後に電池が壊れているや充電が0%である事は無くなりますので日々の積み重ねが大きな利益を発生させます、またこれについて詳しく別でお伝えしてまいりたいと思います時間があれば。

逆に純正品という言葉を信じるために理解するためにはまずメーカーや代理店に「それは純正品ですか?」と質問する事は正しいと思いますので私も理解できます。「いや、無料交換なので中古で純正では無いのです。」という代理店さんがあるのをいくつか確認していますので聞いて見るという点では正しいです。

本物の偽物/ダークパーツであるか?仕入れ先に確認すると「yes!」という返事があると、手元に到着した際には品質をすぐ見ます、とても気分が良く手に入れて見るとやはりクレームも返品率も少ないので、ダークパーツは悪い様に聞こえますが、それなりに日本でちゃんと「互換製品だからいちおう偽物だよ!ごめんね!でも良い物だよ!」と上手く説明することができると、実際に100個のバッテリー交換修理をご提供したとすると、例えば5個は返品はクレームなどになると思います。100個の中の5個では5%の不良と言う事になりますので無料で修理交換して良いと思います一切問題無いはずです。互換製品のバッテリー修理提供であると自信を持って説明するとお客様も安心してくださり無料で交換する期限は当店では3ヶ月に設定させていただいております。画面の場合には割ってしまったり破損している以外であれば1ヶ月の無料補償をご提供しております。
Xperia Z3 Tablet Comapct バッテリー
この Xperia Z3 Tablet Comapct LIS1569ERPC に限って言える事はそのダークパーツであるともどのパーツであっても詳細に言えません。当店は非正規店でありますので互換製品と言わないといけません。互換製品で激安修理を今すぐ丁寧にご提供するのが業務内容になりますのでご注文のほどを是非お待ちしております。

お問い合わせ地図

修理料金表の一覧

買取査定フォーム

APPLEMAC通販

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA