営業日報

スマホ・タブレット・パソコン・Windows・ガラケー携帯電話・ゲーム機など様々な電子機器の修理や買取!なんでも買取や修理はお気軽にご相談ください!

MacBookのキーボードスイッチが一つだけ効かなくなった、ベトベトのスムージーをキースイッチにこぼして押せなくなったネチョネチョするなどはキースイッチを取り替え交換します。洗浄や一部キースイッチを少数交換するだけでは元どおりに回復する事はほとんどありませんでした。洗浄修理をしてその数日は洗浄の液剤が付着して水分を保有しているからベトベト汚れも円滑にキースイッチが押せるようになるのですが一週間ほどするとまた同じようにベトベトになりキースイッチがちゃんと押せなくなる。キースイッチをすべて交換しないと状態の改善とは言えず低価格であったかもしれませんが一部納品させて頂きましたお方もいますキースイッチが大量に低価格に仕入れする事ができましたので、前にキースイッチの洗浄を頼んだけど不調であれば再度の修理もお安くいたしますのでお問い合わせください。

キーボードとキースイッチには国による種類や好きずきで選択する事ができる種類があります。JIS(日本語)、US配列、UK配列キーボードと呼ばれていますが、(JP)(US)(UK)とも識別されています。修理屋さんとしてはMacBook/MacBook Air/MacBook Proと機種の違えはあれど「幅広い年代に互換性がある」事が多いので2016-2018年までインチ数が変わっても同じキースイッチが使われている事が盲点である事もあります。一度仕入れをして頑張ってお金をかけて在庫しているとすぐに修理をして納品する事ができ20,000円ほどであればお客様も故障を改善したい事もありすぐにご注文を頂けます。当店では機種にもよりますが平均では20,000円ほどの修理料金かと思います詳しくはお問い合わせください!!

一台あたりのキースイッチの取り替え交換と動作確認の時間や部品が余っていて再度の組み立てになる事を考えても一台あたり3時間を目安になります。機種にもよりますが早ければ1時間30分で完了するはずです。遅くても修理屋さんであれば3時間以内でしょう。分解をした事がないや慣れていない場合には3倍の時間を計算してより丁寧にゆっくり作業を進める事を前もって考えてから適切な修理と分解をするための工具を揃えてから5時間〜7時間などをかけて修理をするべきです。急いでぐちゃぐちゃにするより絶対に良い修理が出来ると考えられますのでご参考ください。

30,000円など45,000円などキースイッチの取り替え交換で高い料金になるお店さんもありますが正直に言えばキースイッチは5,000円ほどの仕入れ価格なのです。1000枚などロットで仕入れをする事ができれば2,500円などで仕入れする事も可能かもしれませんが今の所近しい修理やさんでそこまで値段を下げて仕入れをしているお店さんは私は現在では聞いた事がありません。不良品の確認や需要とお店がそれぞれ仕入れをしている事から大量に仕入れしていないと思います。みんなで一度に注文して送料やロット数を多くして輸入するコストを削減する事ができる協力関係が結べるようにしたいと最近はよく考えています。
MacBook Pro 2016/2017 A1706キーボードスイッチ交換修理と販売1
キーボード全体の事をパームレスト(palm rest)と呼ばれ、パームレストは手の甲を置いたりする置き台であるアルミの部分やプラスチックの部分です。ノートパソコンの形状では上半身を画面側全体を示し下半身をパームレストと呼びます。しかしパーツ部品を発注する場合にはパームレストが欲しいと言うと下半身の手の甲など手の平が接触するキースイッチもパーツも無いアルミニウム部分だけのフレームのみを指定している事になります。パームレストは(JP)(US)(UK)それぞれパームレストのキースイッチの穴の開き方に違いがありますが同一機種であればロジックボード基板には違いはありません共有になります。日本ではカッコよくパームレストと言いたくなる事や示すための言葉として使われる事がありますが海外ではトップケースと全体的な会話として利用されています。キーボード・トップケースと言うとパームレストを示していることにもなりますので確認するための方法としてご参考ください。UKだから専用のロジックボード基板がある訳ではありませんので汎用性がありますが、そういった情報も一部間違った解釈である事や勘違いである事や仕入れしたら違った商品が到着する事もありますので修理屋さんは仕入れする場合やパーツを取り付けする際には犯罪を見つける証拠を発見する名探偵の様な気を抜いたりする手抜きは作業でしてはいけないのでキレの良い考え方で思考をしなければいけないと思います。MacBookの上半身の画面側については新品で作られた商品を仕入れをしたい場合にはComplete new assemblyと呼びます。純正品の画面を仕入れしたい場合にはassemblyとは呼びません。Apple genuine(アップル社の純正品)と呼びます。

Q,キースイッチを取り替えする場合にはどの点に注意したら良いですか?

修理について毎日ご質問をお受けする場合もあります。

キースイッチの裏側の上記の写真を見ていただいて分かる通りキースイッチすべてにネジが取り付けられます。ネジを無くしたりしない様に丁寧にネジ締めをする事ができる技術が求められますので、修理に慣れていないとすぐに分解の際に途中で壊してしまう事もありますし分解のどこで壊したのか分からなくなる事もあります。なので分解のどこで壊してしまったのか分かる様に集中して修理をする必要がありますので初めて修理をするお方はご注意ください。

何を言っているんだ??どこで壊すか分かる様に修理をする事ができるのなら、どこに注意して修理をするか聞く事は無いです!!

とお答えになられる事もありますので、修理をする際の一部のヒントにされていただき修理作業というのはラーメン屋さんやお蕎麦やさんや焼肉屋さんと同じ様に、提供するコツやタレや洗い物など用意する意味など仕入れ元など様々な事があると思いますので、この修理という分類の中でこの記事で何かお役に立てる何かご参考いただける文章になれば幸いです。

最近では修理をご注文いただくお客様と修理をしたいと思うお方や修理を自分でするために・・・などについてお問い合わせやご注文をいただいておりますので、私もどの様に説明して何を書いたら良いのかぜんぜん分からなくなっている事もあり、分らないなりに今したい事やできる事を人生で後悔しないようにしております。

とりあえずMacBookキースイッチ・キーボードをJPからUSに変更するなどの修理は20,000円や25,000円ほどで基本的にはしておりますのでお気軽にご注文ください。

お問い合わせ地図

修理料金表の一覧

買取査定フォーム

APPLEMAC通販

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA