営業日報

スマホ・タブレット・パソコン・Windows・ガラケー携帯電話・ゲーム機など様々な電子機器の修理や買取!なんでも買取や修理はお気軽にご相談ください!

本日は iPhone 12 Pro Max 背面ガラス・バックパネルの取り替え交換修理をさせていただきました。iPhone 12 Pro Maxの背面バックパネルはいつも修理をしている iPhone X / iPhone 11 のバックパネルとはことなり、思ったよりも簡単に取り替え交換の分解できる事に気がつきました。

iPhone 12 シリーズは背面バックパネルが水没・防水加工の施工から見て分かる通り「表面の画面と裏面のバックパネル」は側面フレームにおおわれて埋め込まれている。

それとは違い古い機種になります iPhone X / iPhone 11 シリーズでは、側面が角張っている手物ちのフィット感を優先した事でなめらなか曲面で仕上げられています。これを持ちやすいと思うか?美しい側面であるのか判断するのはデザイナーや設計士の考え方でここ最近は大画面化されてきましたのでより大型画面のデバイスを持ち運ぶという考え方が増えてきました。

持ち運びする事が重要な端末になりますので側面が局面であり滑りやすく持ちやすいものか?という事よりも壊れない水没しない、画面が割れにくい形状のデザインが採用される傾向にあると思います。画面が局面にならず完全に側面のフレームにおおわれて囲われている事で私の様な素人でも壊れにくくしたや水没故障をしなくなる様に考えた形状であると単純に考えられました。

iPhoneの故障修理は新しい機種になるについて画面交換もバッテリー交換も、修理料金が高くなると思われていました。修理屋さんも高い料金が貰える口実をいつも探しています。

新しく発売された機種で修理が簡単でパーツが安いにも関わらず、修理料金が高くなる事は少し間違っているのではないかと思いました。

私がお客さんであれば説明してくれれば意味は分かりますし、安くできる根拠があるから是非導入して頂き提供してくれているお店を応援したいと考えると思います。

深く知ろうとすればするほど、もっと詳しい人が見ていたり大きな力を持っている人に知ってもらう機会になったり、応援もしてくれるし嫌な思いをさせてしまう事もあると思いますので。

お客様に対して愛情を持ち正しい業務を丁寧に進行させていかないといけないと、お金も必要だし従業員も必要だし自分と関わるみなさんの私生活を豊かにするや食生活・睡眠・運動についても見直しと早期の修正が必要だと自分についてはよく思って変更しようとしている最中です。

あまりにも正直すぎて会社に迷惑をかける発言などをする場合には問題ですが、バックパネル交換修理は当店では美しく仕上げを目指す事ができる専門の修理担当者は2名だけが担当しています。

iPhone 12 Pro までのバッテリーと有機ELデイスプレイの画面交換修理もしております。iPhone 12 Pro Maxの画面は大きくなるのでまだ仕入れができていません、外国で製造もされていない様子で研究されて提供までにまだ時間がかかるそうです。

iPhone 12 Pro Max の画面とバッテリーを誰よりも早く、今すぐにお客様にサービスご提供しようとは考えていません。

お客様に低品質で壊れやすいものは非常にご迷惑ですし、良い修理用のパーツを低価格で販売したり修理で使うためには、それなりに様々な仕入れ屋さんから買って試して実際にご提供する必要がありますので、適当にあみだくじの様に引いて、たまたまのiPhoneパーツ部品を提供してはいけないと思っています。

お問い合わせ地図

修理料金表の一覧

買取査定フォーム

APPLEMAC通販

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。