営業日報

iPhone・iPad・iPodtouch・Xiaomi・ASUS・Windows・iMac・MascBook・ガラケー携帯電話・ゲーム機など様々な電子機器の修理や買取をご提供させていただいております。安く便利に高い技術修理を目指し続け、いつでもご期待通りの信頼される買取査定価格をご提供させていただきます!

macOS Big Sur(マックオーエス・ビックサー)にアップグレードする事ができない旧型古い機種であってもApple非公式アンサポートモデル(メーカー、Apple等サポート非対象)としてmacOS Big Surをインストールさせ起動・駆動させるご提供を10,000円や15,000円にてさせていただきます。合わせてSSD1TBに増設するカスタマイズがありますので超高速で爆速化パソコンとして古いパソコンを最新機種のようになるべく( ^ω^ )よみがえらせる事ができます。

お問い合わせについて詳細やご注意事項などすべて対応はJailbreakや改造などmacOSダウングレードやアップグレードなどに多分詳しい店長さんのみご対応します。メーカー非公認の仕様の説明に慣れておりますので適当にいい加減に大丈夫ですよ!とお伝えしたりお客様にご迷惑をおかけする事は無いと思います。

このような注文を頼む場合に一番注意しなくてはいけないのは改造を調べた実績が何年で失敗した回数がどれくらいあるのか?

経験と知識の量とお客様を思いやる気持ちを持って不便な事が発生する可能性が含まれる非公式の改造をメリットよりもデメリットについてをどこまで分かりやすくお客様にお伝えする事ができるか?

お客様に対してまた今度いつか、修理や買取などで再利用してもらえるコマーシャルとして拡散してもらいやすい提供内容(一度便利に使えたら覚えやすい)ですから記憶に残せる様に最大限に技術活用する事が望ましいと思います。

予備知識としてBig SurのRosetta Intel-to-ARMは仮想マシンアプリをサポートしていないと非対応であると言われていますが、Windowsを起動させる事ができるParallels/VMware Fusionによれば順次動作プレビューを公開し説明するので基本的に一切心配ないと発言されています。確かなことはありませんがほぼ大丈夫でしょう。

無理なアップデートで本体は壊れない?

本体の寿命による破損やパーツの破損はありません。古い機種に非公式のmacOSをインストールさせて運用すると本体寿命を短くする場合やバッテリーの消耗を早くする事が良くあります。古い機種のカスタマイズ修理を頼む場合は内部クリーニング整備の別料金と合わせてまたはSSD増設カスタムと合わせてご注文がオススメです。

Big Surすべての新機能が使える?

すべて利用する事はできません。一部機能が動作しない事が良くあります。日本語文字入力に対応せずGoogle日本語入力の変換をインストールして利用する場合などあります。

本体で異常な事がある?

一部グラフィック機能が正常に動作しない場合があります。Javaスクリプトなど動作しない可能性があります。Premiere Pro / vectorworks / BricsCAD など不具合が報告されています

1万とか1.5万支払う価値ある?

新しい本体を購入する必要が無くなるので仕事の内容にもよりますがCPU/GPU/メモリなど各装置の性能に頼る動画編集や制作など重要な仕事で使う端末機種で無ければ便利に動画を見たり文字を打ったりできます。軽作業で使うやわざわざ8万円以上してパソコンを購入したく無い場合に最適です。

前のデータそのまま使える?

以前のデータは「フォルダとファイル化」しデータとして戻す事ができます。元のそっくりそのままアプリを起動して見たり呼び出したりするためには、アプリ毎にデータを個別に自分で戻すまたは再設定をすべてする必要があります。

すぐに壊れたや使えない場合は?

返品や返金など一切ご対応させていただいておりません。導入ができない場合には別のmacOSをインストールするそれも導入ができない場合には料金はいただいておりません。

やっぱり普通に元に戻してほしい

一週間以内であれば、元に戻す作業は無料にてご対応をさせていただきます。お支払いただきました料金をお返しする事はいたしかねます。

自分でする場合どうしたら良いですか?

2008年を含むそれ以降の機種であれば通常ではアップグレード非対応のmacOSにアップグレードする事ができます。dosdude1 Catalina Patcher などで調べれば導入するためのソフトウェアをダウンロードする事ができます。導入のやり方や設定方法についてダウンロードとセキュリティー管理から本体が永続的に破損するなどすべてにおいて自己責任で作業をされてください。導入するコツとしてはAPFSでフォーマットする事、PatcherでOSをインストーするとリンゴマークとインジケーターのみまたは禁止マークでOSが破損しているシステムが破損している表示がされますがPatcherをOptionキーを押して起動ドライブとして再度実行しmost設定からチェックをすべてしてキャッシュを消去するにチェック項目を入れて再起動をすれば設定を完了させる事ができますのでご参考ください。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。