営業日報

スマホ・タブレット・パソコン・Windows・ガラケー携帯電話・ゲーム機などなんでも買取や修理はお気軽にご相談ください!

薄型のMagic Keyboardを分解して新しいバッテリーに取り替え交換するためには修理料金を安くしないと1万円などの修理料金だと新しいキーボードを購入してしまった方が良いと考えますので4,000円や6,000円でバッテリー交換修理をしてくれるお店があれば、すぐに絶対に頼みたいと思いますが修理屋さんが低価格でキーボード修理屋バッテリー交換を提供できない理由や内情を含めて説明します。

文字打ちタイピングや動画編集などでは「直感で即時の操作コントロール」が必要になりますのでMac製品に欠かせないApple Magic Keyboardが正確に使える状況で無いと売り上げに関係するや操作上で一番大切な一つのパーツであり重要な機能ですから不可欠な存在です。

自分でバッテリーを交換して取り替え交換をする事もできます。当店でバッテリーの販売もしていますのでご自身で購入すれば動画を見たりやり方を適切に理解すれば作業は誰でも可能です。バッテリーは4,000円ほどから販売しています。修理は8,000円ほどだと思われます。修理の料金や内容については全てお問い合わせご注文の段階で再確認をお願い致します。

2023年にはAppleシリコン搭載Macモデル用Touch ID搭載Magic Keyboardが19,800円で新発売されています。それ以前に発売されたApple Magic Keyboardについては発売価格は高かったと思いますが、現状ではそれ以下の価値になりますので簡単に現在価値の価格について説明します。

Apple Magic Keyboard バッテリー交換修理

Magic Keyboard 1st 5,000円
Magic Keyboard 2nd 9,000円
Magic Keyboard 3rd 11,000円
Appleシリコン搭載Macモデル用Touch ID搭載Magic Keyboard 15,000円

最新のMagic Keyboardの価値査定が15,000円というのは価値査定が新品発売価格である19,800円であるならAppleストアで購入すれば良いです。それは価値があるとは仕入れ業者や修理業者として目利きする事はありません。15,000円の価値で仕入れしたり査定する事ができるのであれば19,000円で売る事もできますし中古・最新のMagic Keyboardが15,000円でお客様に売却できるのであれば、それが4,800円ほど安いけど何も傷も無かったり少しだけ傷があるけど使用年数が少なかったりすれば私であれば購入するかもしれませんから、中古の端末としての明らかな価値となるべきだからです。

中古買取をしていると直感である程度の価値査定をする事ができます。Magic Keyboard 第2世代 のバッテリー交換を8,000円でやりたいと思う人が少ないのは新品を購入しても同じくらいの値段の価値だと知っているからです。それでも操作し慣れているからMagic Keyboard 第1世代を新品キーボードのバッテリーを取り替え交換したい場合もありますし、新品を買おうとしても一向に見つからない場合もあります。

お店で営業していると家賃がかかり光熱費がかかります。それらの諸経費の計算ができない様ではいつまでも給料を上げることはできません。またはお店を独立して起業する事ができません。基本的には会社の利益とお店の売り上げが毎月ずっと増えていないと会社では意味が無いや存在価値が低いとされていますのでいつも常に儲からないといけないのですが、Apple Magic Keyboardバッテリーの仕入れ価格が1,500円だとすると輸入消費税と送料とお客様に修理後に提供する消費税と会社の経費と人気比を含めると最低でも6,000円の費用が必要です。8,000円で取り替え交換修理をするのは2,000円のプラス利益が出ていると感じられるかもしれませんが、人が物理的に手作業で故障修理を実施しますので失敗やできないなどの可能性も大きく、2,000円の利益では一般的には「修理をしないほうが儲かる」または「修理を頼んでも孫だから別のキーボードを買った方が良い」と結論に至る事になるのは当然の結果です。

機種の年代にもよりますが基本的にはキーボードは新しく買った方が良いというケースも多いという事は実際の事ですので依頼が沢山来て欲しいという営業宣伝はしない様になりました。もっと宣伝しなければいけないのはお店がお客様に伝えたい可能な技術があると認識してもらうための本質的な顧客リテラシーがあるお店としての存在意義と価値です。

分解すると裏面のバックパネル・フタが美しくハマらない場合を事前に予測して丁寧に圧着するためには、挟み込むための専用のクランプが必要です。キーボード全体の四方を全て隙間無く挟み込み圧着しないとキーボードをテーブルに置いた時にぐちゃっとひねったりガタついたりします。

バッテリーが新品に取り替え交換されているという事は例えば2ヶ月など充電しなくても長く電池が持つ事になります。

バッテリー交換後に再修理の依頼など修理ミスがあるとお客様が不快になるどころか、修理を担当するスタッフも2,000円のためになんでこんなにお店の働く時間を使わないといけないのかイライラしてしまうから、そもそもバッテリー交換修理の依頼を断った方が良いと判断するのが一般的だと思いますが、通常ではなしえない修理をお客様に提供する事ができるためには何が必要かと探求すると技術力があればスピードが速く20分以内で修理をする事ができるし失敗しないのであればなおさらいいです。

勝てない敵に対して挑むのは戦術として無駄です。勝てる要素があるのであればより勝ち筋を見つけるために何が必要か目的までのプロセスを用意してみると一番大切なことは素直な気持ちで自主練習したり修理について楽しんで努力すると、学習する行動と結果を手に入れる事でした。

口だけで偉そうなことを発言しても誰かが成功してくれて変わってやってくれませんしキーボードの修理の提供は実現しません。

宣伝ポスターでさも安いかのように伝えても本質を見抜くプロの人は大勢いるので信頼されません。

嘘はメッキが剥がれやすくて、後ろ向きに考えているのは何も手に入れる事ができないのです。

特に「考えるのが苦手」、「コミュニケーションが苦手」、「人生諦めている」などを自分自身で口に出す人には絶対にキーボード修理は実現できません。

周囲の人に自分はやってみる!!と公言して実際に自分の時間とお金を使ってもお客様に対して良い提供をしようと素直に行動できる人は結果が出ないわけがありません。

Magic Keyboard の修理に関しては技術力とスタッフの能力で素敵な修理にできる様に当店では訓練と学習は欠かしません。それがお客様の明るい未来を作る事ができるなら可能性を求めて神スタッフだと感じていただけるように必ず成長していきます。

お問い合わせ地図

修理料金表の一覧

買取査定フォーム

APPLEMAC通販

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA