営業日報

スマホ・タブレット・パソコン・Windows・ガラケー携帯電話・ゲーム機などなんでも買取や修理はお気軽にご相談ください!

総合格闘家の方は機械やスマホに、詳しく無くうとい事が多いと感じますがスマホやパソコンが詳しい人は運動したり心を鍛えるトレーニングをしていない事が多く、疲れるや嫌だなと思う事が多く、走るや筋トレは全くしない人がiPhone修理屋さんにはとても多いです。

総合格闘家の服部(はっとり)さんは笑顔でお互いどうしてか?出会って数分で仲良くなりました。

ギラギラした他人に対しての先入観は無く、販売や修理をしているスマホ屋さんを使い捨てのどこにでもある、いつ閉店してもらってもかまわないし、どうして営業してる店に良くするや仲良くする必要性があるのか分からない?という考えがある人なのか価値観や世界観は自分の意識や仕事中であるかなどとは正反対に顔色を見て話したり、何度か出会うと足取りや言葉の変化で相手が何者なのか誰しもが勝手に自分の経験や常識をヒントに相手を型枠にあてはめて考えてしまうのは野生の感覚ともいえて、見知らぬ人とで出会うというのは「自分を偉そうに強そうに見せる」、「自分の都合が悪くならないために相手がどんな人物か知りたい。」欲求は野生動物も同じ警戒心の方が先立ちますが、現代の社会で生きている中では騙されたり低く見られる事や高い人と思われて緊張される事はあったとしても、人間は誰かと出会った時にすぐに殺されたりすぐに何かを奪われる事はありません。

格闘家のプロの人はそれを良く知っていて、日頃鍛えている腕力や精神力がありますから、他人を自分の型枠にはめてレベルを測ったりする必要は無く、最初から自分の欲望を消して自分の欲求は抑えて結果が悪くても満足する事ができる「自己責任感がある」から、否定的に考えてしまいがちな人と接する不安や劣等感や失敗に対する恐怖が克服できている事が多く、人を疑う前にまずは自分を疑う事ができる様な、ある意味ではトレーニングを重ねている事で超人的な精神メンタルを維持する事ができていると感じますが、簡単にかいつまんで言えばちゃんとした社会人の立派な大人である事が多いです。

このあたりまでをスマホ買取や修理やさんとして、分析をする電子機器のスマホ屋さんとして運動をしないトレーニングをしていない人が何が足りないと格闘家の方がお店にご来店を頂いた時に、どんな嫌な雰囲気を味合わせてしまうのかを考慮に入れた後に、自分に弱く他人にはいつも手厳しい事をしてしまい、情けない言葉だけを口だけで言う人間のままでダラダラと人生の生活をし続けるのは単なる気持ちの悪いおじさんだと思われてしまうかもしれないので、個人的には格闘家の方に失礼な働き方だと考えてしまいます。

トレーニングをして自分を追い込み成果を出す事が習慣化して進める事ができる、仕事とは何を目指すべきだと考えている人間が格闘家の人のパソコンやスマホを担当するべきなのか?

人生の総合格闘技はどんな仕事でも誰にもできます。格闘をしない事を選択する事も、もちろん問題ありませんので何をどうするか選べるのは素敵な事ですが私は仕事も学習も研究も格闘をしていきたいと願い自分がすべき事だと信じています。

ルールに束縛された格闘技も大変な苦労がありますが、どんな方法を使われても負けない戦いをしてみたいのです。安全や安心のための仕事の格闘技では無くて自分がどこまで達する事ができるか生まれたからには知りたいし強くなりたい。

それは喧嘩や他人を言葉や腕力で痛めつける事では無く、弱い自分と強すぎる理想でえがく別のもう一人の想像の自分との戦いが人生だと感じているからです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

服部賢大(@hattori_style)がシェアした投稿

格闘技が大好きな人や、実際にプロの格闘家の人が当店にお越し頂いた時に精神メンタル的にも技術的にも整備していたりいつでもご注文をお受けする事ができるか、人と人が出会う総合依存(相手がいなければ物事が成り立たない)と総合格闘技(格闘技術をミックスさせた)を意識して勤務する事ができるためには、他人からの「そんなの常識じゃないよ!!」などの勝手な意見に惑わされたり、他人がどう思っているかなどを考えすぎて人の目を気にして生きていたり、その逆に否定的に誰からも見られている訳が無いとパソコンの販売の作業をしていたり修理を提供しているとそれ以上のより上には伸びる事は無くなってしまいます。

これは迷いのリング上のフィールドにいる状態であり、自分は自分らしくあり、何をしなくてはいけないかというのは一般的にはコツコツ努力して勉強したり練習するのが1番正しいと教えられます。答えを自分の中で見つけないといけませんから誰かに指示されたり命令されて決める事ではありません。だから疑問視した時から答えを出すまで誰かに未来に私は何を目指したら良いのかロボットでは無いのでシステムとしてのプログラムを遂行するためのアンサーを求めるのでは無く、どうしたら本当の自分を見つける事ができるのか達成できるまでのプロセスを聞いてみるのです。

自分はこれから何をしたいのか?

迷っている理由を素直に伝えて、正直に自分がしたい事を信頼できる成功している人に尋ねて、成功する過程を進めるべき過程の中で、悪しき種を他人にばらまかない様にしないと人それぞれの価値観は全く違いますので、格闘家の生き方を尊重したく無い人もいますし、まったく何も考えていない人もいますし、格闘家が大好きな人もいますから、格闘家に対してどの様に考えてパソコンのサービスを提供するかはまったくもって自由です。

人生は大いなる目標を掲げて、そして小さな目標設定をして一つ一つ達成して自己反省を繰り返すのが人生だと思います。

自己肯定感は自分を自分で肯定するという意味で。

よくやった!!自分は良くやったよというのが自分を称賛するや自分を応援するために利用するのが自己肯定感です。

反省をしたり努力しなければ自分は腐ってしまうという後悔から前を向いて行くために「次は間違えない様にこうするぞ!!」と、考えるのは自己肯定感ではありません。

冷静になり何をすべきか、整理整頓(せいりせいとん)とやる気と努力です。

私の様にお調子者やテンションをあげてバカみたいに、いつも失敗してしまいお金や地位で、家族や生活を安定させる事ができないままで、1年前2年前からいつも成果が出ない人は自己肯定感が高すぎている可能性が高いので、いつまでも面白おかしい事ばっかりしていては花は咲きません。

人生は10年後も40年後も常に大切な事は何かというと、メンタルの維持が欠かせない要点になります。

誰かに教えたり、自分がしなければいけない事を判断するために30歳や50歳になると今ここで選択しなければ人生が大きく湾曲してねじ曲がってしまう間違った方向性に進んでしまう場面が必ず何度か訪れます。

他人に言ったことが自分に言ったことになり、間違った事をしていると路線変更する事ができない列車のレールに自分が勝手に乗せてしまうことになります。

私がオススメなのは食生活から見直して添加物やコンビニの食べ物を食べない唐揚げ定食など毎日食べないスマホ買取・修理屋さんとしての生活習慣化と、頭の中をクリアにするために、ゴテゴテのサラダ油や不健康な食材を摂取せず、格闘家の人を少しは見習ってカッコいいスタイルや生き様を知ってみて電化製品の仕事をした方がお金も増えるしもっと素敵な他人と出会えて服部さんの様なお友達ができるので、働きやすくなると思いました。

洋服が好きなお方や爬虫類が好きなお客様や、テンションがすごい高くて面白い人が来たりコスプレしている人など、様々な人が買取や修理をするスマホ屋さんにお越しいただきます。

人それぞれの感性や世界観や価値観に触れた瞬間に、見ないふりをして無視して無関心になるのは誰でもできます。

もしかしたら、そこには大きなお金になるチャンスが隠れていたり、本当に自分が好きな事を見つけられる素材があるのかもしれません。

怖い人や危険な人に関わりギラギラしたお金稼ぎにハマれと言っている訳ではありません。

せっかく同じ時間である5分や10分のお受付と対話をして過ごしているのであれば、お店にお越し頂いたお客様の面白い話し方や大切なiPhoneや電子機器に関する考え方があるのであれば「どうしていつも当店に来てくれるのですか?」。「お兄さんなんでそんなにスタイル良くてカッコイイんですか?私もそうなりたいです!!」などと自分が成長したい気持ちがあれば聞いてみたりしていると、人となりが分かってきますのでそれを修練した最終的に私はここ最近はとくに「格闘技されてます?」、「飲食店経営されてるんですか?」、「アパレルの仕事してます?」、「もしかして芸能人ですか?」などと、相手を傷つけたりする目的で聞いているのではなく、自分が勉強していてお客様と深く関わりたいし大切に思っているからこそ顔色や見た目や話し方でメンタルトレースする事ができる様になるのは、とっても良い事だと思います。見られている意識と見ている意識がお客様にもお伝えする事ができるとお客様もとても嬉しくなりますから、お店で働いている人こそがお客様に対して無関心て「客が誰だって関係ねーよ、早く金払って帰れよカスが!!」と一度でも」考えたりすると、それはお客様にも自然と伝わるのです。私がお客様をメンタルトレースできる様に、お客様もお店側をメンタルトレースする事ができる人も多いのです。

話しは変わりますが。

気持ちの良い、楽しいこ事や嬉しいと感じる事ばかりだけに依存していると、人間は廃人になってしまいます。

より良いものだと勝手に感じてしまうYouTubeやショート動画にはまり込んでしまう毎日にはドーパミンが出てしまい、セロトニンが冷静さを無くしてしまい高揚感がまさってしまうとお菓子を食べたりフランチャイズのお店で唐揚げ定食を毎日食べでしまい、格闘家さんが行きたくないと思われてしまう、悪いスマホ屋さんにしてしまう事は珍しくありません、100kgの体重を超えてもそれでも唐揚げ定食を食べ続けると格闘家さんはお店にご利用頂くことが無くなってしまう可能性が高くなると思います。

脳腸相関という医学があり、ウンチが調子が悪いのを放置しているプロの格闘家さんはおりません。

ウンチがキレイに出てくるイメージで腸に良い食べ物と飲み物を心がけて生活した方が脳に良い影響があります。過去のBLOGで脳はお友達でパートナーであると説明していますので良ければご参考にされてください。

石川能登地震 災害救助犬派遣 iPhoneパソコン修理・買取屋さん募金する

お問い合わせ地図

修理料金表の一覧

買取査定フォーム

APPLEMAC通販

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA